高橋慶行のブログ

自分の才能に早く気が付くこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From:高橋慶行

Youtubeで、僕の大好きなサッカープレーヤー、リオネル・メッシ選手の
驚愕プレーを何度も再生した後に、このメッセージをあなたに書いています。

「才能」

ってのは、
確実に存在し、そして、「お金」と「才能」は、
切っても切れない関係にあると、僕は思っています。

成功するには、
誰もが努力をしなければならないのは当然だとしても、
その先は、やはり「才能」は左右するものだと思っています。

ですから、
お金を稼ぎたいとすれば、まず、自分の才能を見つけることは、
本当に大切なことなのです。

そして、
自分の才能を見つける際に大切なことは、
自分の憧れや好きなことなどは、いったん忘れることが大切だと、
僕は思っています。

「才能」

などと書くと、

「そんなものは自分にはない」
「だからこそ、凡人にもできる方法を教えてくれ」

という意見を持つ人もいるかもしれませんが、
才能というのは、そこまで大それたことなのかというと、
僕はそうでもないと思っています。

もちろん、
何億、何十億、何百億円ほど稼ぐような事業を作り成功をさせるとか、
メッシ選手のように、数あるサッカー選手の中でも、抜群のテクニックを持っているだとか、
将棋棋士で、何十手も先まで読めるとか、そういうものは「特別な才能」かとは思いますが、

僕が言っている「才能」は、
もうちょっと当たり前の生活の中に鍵があります。

例えば、
過去の自分の仕事っぷりや、プライベートなやり取り私生活などを振り返り、

・他人の半分も努力したわけではないのに、他人の倍以上のスピードで成功したこと
・無理せずとも、自然にできたこと
・「それ」については、他人以上に行動を積極的にできたこと

など、
よく考えると「優位だった側面」があると思います。

例えば、
あなたが小さい頃から水泳をやっていて、
小学生の時の水泳の授業ではいつも、お手本として泳いで見せることがあり、
人のお手本として活躍することが、それなりに心地よかった。

また例えば、
中学生のころにゲームが大好きで、
明日の試験も忘れてしまうくらいゲームの攻略に精を出してきたとしましょう。

もちろん、
これだけでは一流のスイマーにはなれないし、
最近はやりの、ゲーム世界大会で優勝賞金1億円を稼げるプロゲイマーに、
なれるとも限りません。

が、
また、

どうあがいても、
自分には得意分野などがなく、
1つも思い出せない、という人もいるかもしれません。

そのうえで、
現在例えば、あなたが、企業の総務部で務めていて、
もう10年ほど仕事をしているとしましょう。

となったとき、
僕であれば、「自分にどういう才能があると認めてあげるか」
といえば、

水泳の経験により、
・目に見えた評価や報酬があれば、努力を継続することができる

ゲームの経験により、
・「やるべき」ことよりも、「やりたい」ことを優先する特性が自分にはある

総務部の経験により、
・「1年の流れを確実に把握し、抜けや漏れ、ミスのない業務を仕事として継続できる資質がある」

という事が分かります。

とすると、
例えば、

・目に見えた評価や報酬は何か、それをどの程度の頻度で自分が得られれば、
 最初は「やるべきこと」ではあっても、優先してルール通りに努力することができるのか。
 評価や報酬さえ生まれれば、「やるべきこと」が「やりたいこと」に代わるだろう。
 とすれば、ルールも守れて一石二鳥。

そういう環境に身を置くというのは、
現状において、どのように行動をすることなのだろうか。
という風に考えたりします。

この場合、
いっけんやりたくないことも、「目に見えた評価や報酬」があれば、できる!
という資質がある人で、

この人は、決められたルールは、
しっかり年単位で守る習慣があるわけなので、
この部分に「才能」があるという風に、僕は考えます。

まぁ、
もちろん、100%はっきり才能が分かれば成功できるか、
ということは断言できませんが、

「お金」と「才能」は、
とても近い関係にあり、「才能」を活かすことで、
お金は大きく入ってくる可能性が高くなるのです。

あと、
少しだけ手間ですが、
一番即効性が高い「自分の才能発見方法」は、

信頼できる知人10名くらいに、
「僕が秀でているところどこだろ?」と、
聞いて回れば、高確率で、自分が気づいていない自分の才能に
気が付くことができます。

トレードそのものとは、
あまり関係がないような記事にも見えるかもしれませんが、
そうでもないと思っています。

投資の世界は、
「プロの真似をしていれば勝てる」
という世界ではないことが大前提ですから、
自分のトレードルールは、最後はやはり、自分で作り上げるしかないわけですが、

「自分の才能」

を、よく理解したうえで、
トレード手法(特に時間足や、裁量とルールのバランス)などを考えてみると、
すごく効果があると思います。

最後になりましたが、
メッシ選手のプレーは痺れますね。
共感して下さる方は、コメントお待ちしていますw

ありがとうございました。
ー高橋慶行

 

<編集部のおすすめ>

矢口新先生が、自身のディーラー経験から
相場の値動きの根源を解き明かした
このトレード理論は、

相場で安定した収益を上げるために
最も理想的で、時間効率の良いトレード理論です。

そんな「トレード理論の秘密」を
今なら、特別な条件で手に入れることができます。

https://fx-school.net/lp/tpa_special/

 

投資の学校・LINE@登録募集中!
LINE@限定の特別なお知らせを配信予定!
ご登録はこちらから

https://toushi-gp.jp/line

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメント

  1. より:

    自分の好きなことは一旦忘れる。得意なことを仕事にする。
    今回の内容は非常に共感できます。ただ私自身は得意なことを仕事にできていないですが。

    1. 高橋慶行 より:

      北さん

      コメントありがとうございます!
      得意なことがおありなのが素晴らしいことだと思います^ ^

      コメント、
      事務局より一部カットとなったようですが、
      ご容赦ください!

      また、コメントよろしくお願いします!

  2. 日本蛙の会 より:

    今週のお題もくは「才能」(-“-)むつかしいな。
    「才能」と言われて思い出すのは
    マーカスバッキンガム,ドナルド・O.クリフトンのかのカツマー女子が推奨していた
    ストレングスファインダーかな。
    一度やってみたけど結果忘れた。性格診断みたいなもん。つよみ・よわみみたいな。
    「才能」=「お金」で思い出すのは新庄剛志元選手。
    子供の頃から驚異的な身体能力だったらしい。+あのスーパーポジティブな性格。

    雇われ人の生涯賃金は人生の最初の20年くらいで決定してしまうよ。
    「才能」を「お金」に結びつけるのはよほど初期に開花するか、
    恵まれた家庭環境に生まれるかだと思うな。。。
    後は、「才能」をなだめすかせて調整しつつ人生を終える人が大半じゃないかな。
    ストレングスファインダーの本だったかIQ200あった農民の子供が見いだされて
    学習の機会を得たけれども結局は元の農夫に戻ったのだと。
    野心と勘違いが人生を変えるのさ!勘と根性と度胸が運命から変えていく。

    それよりも、信頼できる知人…10人おらんことが問題か(-_-;)
    男は敷居を跨げば七人の敵あり派なので…(蛙だけど…)

    1. 高橋慶行 より:

      蛙先輩

      いつも素晴らしいコメントありがとうございますw
      蛙先輩が得意なことは何ですか?!(^^)!

      1. 日本蛙の会 自分探し支部 より:

        私の得意な事は…
        ・朝、起きて電車に乗って決められた時間に職場に到達することができる。
        ・気の遠くなるような暇でルーティンな仕事を日々淡々短と自己矛盾を感じつもやり過ごし
        ・前世紀に習得した技能で生き延び(何故か近年習得した事は早急に陳腐化)
        ・人生の無駄としか思えないような長時間労働をしながら平常心を保てている。
        ☆思考や物事を文字化する事に長けており、
        ☆他人にとってどうでもよい物事の成り立ちや原因をクルクル考え出口戦略を練る。

コメントを残す

*

CAPTCHA