「絶対に取り返す!」がダメな理由

From:ニコラス・グールド
都内のトレーディングルームより、、、

 
 
もしあなたが
デイトレードやスキャルピングをやっているなら、
きっと、一日のうちに何回か連敗した経験があるでしょう。

 
そんなとき、損失が出たことにイライラして、
熱くなって、取り返そうとムキになってトレードしてしまったことは
ありませんか?

 
気が付いたら、
深夜3時ころまでトレードしていたとか…

 
そして、結果はといえば、
損失を取り戻すどころか、
逆に増やしてしまっていたり…

 
そうなると、
「いったい今日は何をやっていたのだろう」と

 
無力感や喪失感にとらわれて
自身もなくるし、モチベーションが低くなり、
それから良い結果が出せなくなってしまったりします。

 
ですが、こういった失敗を避けるために、
実は、すでに効果のある方法があります。
 

それは…

 
「一日のトレードの終わり時を知る」
ということです。

 
どんなマーケットでも、
デイトレーダーやスキャルパーは、
開いてる時間はひたすらトレードしたくなるものです。

 
ですが、何のルールもなく、
トレーディングをやり続けることは、

 
収益の面でも、メンタルの面でも
不安定にする原因となります。

 
そのため、ある程度「こうなったらやめる」という
ルールを設定しておくことが、無駄な損失と
モチベーションの低下を防ぐために有効です。

 
特に、FXなどは、平日は24時間取引ができますから、
「やめ時」という意味では、きちんとコントロールしないといけません。

 
とはいえ、どんなシチュエーションになったら、
トレーディングを終わりにするべきか、

 
ほとんどの人はアイディアがないでしょうから、
いくつかヒントを提供します。

 
もちろん、これは
私の経験から、効果のあるものですし、

 
私がコーチしているトレーダーも取り入れ、
トレーディングの成績を安定させることに
役立てている方法です。

 
たとえば・・・

 
●普段より長くトレードしているとき

●トレードに100%集中できていないとき

●簡単に利益が得られたとき

●マーケットがいつもと異なる状況のとき

●損失の限度額に達したとき

 
などです。

 
トレードをビジネスとしてとらえ、
高いパフォーマンスを発揮したければ、

 
メンタル的に集中できない時や
疲れている状態でのトレードは
何も良い結果を生みません。

 
トレーディングは、常に頭を働かせて
刻々と変わる状況に合わせて行わなければなりませんから、

 
疲労の蓄積や集中力の欠如は判断力の低下につながり、
最後は損失という結果になってあらわれてきます。

 
そして、マーケットが
自分の思惑と食い違うときは、

 
無理にトレードするのではなく、
「今日は自分の日ではない」と
諦め、撤退することも必要です。

 
マーケットは、今日がダメでも、
次の日に新しくチャンスがあります。

 
次のチャンスを活かすためにも
傷口を最小限にとどめておくことが
トレーディングのマネジメントとして
とても大切なのです。

 
最後に、一日の限度額を決めることは
もっともロジカルで客観的な方法です。

 
自分のトレーディングの平均的な利益よりも
限度額を低く設定しておけば、

 
勝ち負けの中でも、
トータルで利益を残せる可能性を
より高くすることができるでしょう。

 
もっとも、ここで気を付けなければならないことは、
「ルールを守る」ということです。

 
損失の限度額を守っていれば、
その損失は、これからの良いトレードで
たった1日でも取り返すことも可能です。

 
ですが、限度額のルールを無視すれば
その一日の損失を取り返すのに、
何週間、何か月もかかってしまうことになってしまいます。

 
日本人トレーダーが損失になっている原因は、
ほとんどがメンタルの問題です。

 
トレーディングの終わり時を理解することで、
メンタルコントロールが簡単になり、
トレードの収益面でも良い影響をもたらしてくれることは
間違いありません。

 
ぜひ参考にしてみてください。

 
頑張りましょう!!

 
 
―ニコラス・グールド

 
<編集部のオススメ>

株式投資で利益を出している達人たちは、
「買い」よりも「売り」で利益を出しているって
知っていましたか?

 
価格の上げ下げの値幅が大きい時期に、
「売り」で利益を出せれば
まさに、鬼に金棒です。

 
投資の学校・大人気講師である小次郎講師による
空売りマスター講座。
詳細はこちら

https://fx-school.net/lp/karauri201702/

 
投資の学校・LINE@登録募集中!
LINE@限定の特別なお知らせを配信予定!
ご登録はこちらから

https://toushi-gp.jp/line

最近の投稿

  • プロセスにフォーカス
    From:ニコラス・グールド 都内のトレーディングルームより、、、 皆さんご存知だと思いますが、 アメリカのメジャーリーグベースボールでは
  • トレード回数、多くありませんか?
    From:ニコラス・グールド 都内のトレーディングルームより、、、 今週の東京は暖かい気候で、 今の季節は本当に過ごしやすいですね。 気
  • チャンスはいつでもある
    From:ニコラス・グールド 都内のトレーディングルームより、、、 あなたはトレードで勝率を気にしていますか? よく勝率を気にしすぎるあま


One thought on “「絶対に取り返す!」がダメな理由

コメントを残す




規約(個人情報の取り扱い)に同意して

個人情報の取り扱いに同意して
小次郎講師ブログ 矢口新ブログ 戸松信博ブログ 平野朋之ブログ 浅野敏郎ブログ もってぃブログ 高橋慶行ブログ スタッフブログ
株式会社ファイナンシャルインテリジェンス
【ご注意ください】 当サイトの提供しているコンテンツの投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。 投資対象や取引の仕組およびリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願い申し上げます。 信用取引、外国為替証拠金取引、株価指数先物取引、株価指数オプション取引、商品先物取引などの保証金・証拠金設定のある投資対象については、 お客様がお預けになった保証金・証拠金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金・証拠金以上の損失が出る可能性がございます。 また外国為替証拠金取引の取引レートには売値と買値に差が生じます。 (※外国為替証拠金取引の取引レートには通貨毎に売付価格と買付価格に差額(スプレッド)があります)

【免責事項】 当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作成しておりますが、 その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、投資知識の学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、 特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。 なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。 当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)は一切の責任を負うことはありませんので、ご了承下さい。 また、当コンテンツのすべての情報について当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)の許可なく転載・掲載することを禁じます。
Copyright   © 投資の学校プレミアム All Rights Reserved.