高橋慶行のブログ

【クイズ】5万人・この意味とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From:高橋慶行
北海道に向かう飛行機の中より、、、

おはようございます。
今日は「浅野さん」に代わって、
久しぶりに平日に登場です。

 
さて、タイトルに書いた
「5万人」とは、

ネット証券大手の松井証券によれば、
デイトレーダーの国内人口は、5万人以上いるそうです。

 

ちなみに、
日本弁護士連合会によれば、

2015年時点で、
弁護士の人口は、

約36,415人とのことなので、
デイトレーダーも今や、立派な職業と言えますね。

 
ちなみに、
国内大手の証券会社や、外資系証券会社で、
毎日売買を繰り返しているディーラーは、

 
エリート社会人として、
社会的評価も高く、平均的な日本人の所得に比べて
圧倒的に高い給与をもらっていますね。

 
でも、
ちょっと考えてみて頂きたいのですが、
同じことをして、同じ結果を出したとしても、

 
デイトレードというと、
なんとなく「胡散臭い」とか「怪しい」とか、
「不安定な収入のギャンブラー」などと思われたりします。

これは、
すでに世間では定着しているイメージですね。

 
ただ、私たちが今、
生活をしているこの社会は、
資本主義社会。

 
資本主義社会では、
お金を稼いだり、増やしたりする力がないと、
生きていけない仕組みになっています。

 
多くの日本人は、
労働の対価として、

自ら汗水流して
賃金を得る方法だけしか教えられずに、
社会という荒波に放り出されます。

 
そこで、
人生で最も大切な「時間」を
仕事に捧げることになるのです・・・

 
でも、
それだけ大切な「時間」を切り売りしなくても、
稼ぐ方法というのは実際には沢山あります。

 
ビジネスを立ち上げたり、
印税などの権利収入を得たり、
利息や配当で暮らしたり、
家賃収入やアフィリエイトなども、その方法の一つでしょう。

 
もちろん、
中には、難しいものもありますし、
職人技レベルの技術がないとならないものもあるかもしれません。

 
ここでお勧めしたいのは、
先ほどデイトレーダーと言いましたが、
個人投資家という仕事です。

 
個人投資家として、
収入源を作ることは、
本当に難しいように思われていますが、

 
シンプルに一定の法則にしたがって訓練さえすれば、
誰でも必ず勝てるようになるものです。

たしかに、
ある程度の技術と精度も必要になりますが、
トレードの回数をこなすことで、収入源とすることは可能です。

 
ただ、
ルールや決まりを守れない人は、
いつまでたっても絶対に勝てるようにはならないことも事実です。

 
大損をして、
市場から退場を迫られるのはいつも、

・良く勉強しないでギャンブルのように投資をする人か、

・勝てる方法を分かっていながら、ルールを守れない人です。

 
個人投資家という職業は、
実は、サラリーマンの手の届くところにありますし、

 
個人投資家として
勝つためのスキルと知識は、
いったん身に付けてしまえば、

 
おそらく一生、
いつでも、どこでも、生きていくことができるでしょう。

 
何より、
個人投資家という仕事は、
再現性が本当に高い仕事です。

 
労働をメインにした収入源から
将来の「不安定」を「安定」に変えるために、

個人投資家という
再現性が限りなく高い収入源は、
これからの日本人には、必須の収入スタイルになるはずです。

 

お金に一生困らない生活の鍵は、
間違いなくトレードに、隠されています。

 
【編集部からのオススメ】

資本主義社会の中において、
「生きる力」を3ヶ月徹底集中で身につけるにふさわしい企画

【The TURN(ザ・ターン)】

「3ヶ月以内に稼ぐ実力を身に付けたい!!」

このように思えない方は、
こちらのページは見ない方がいいでしょう。
↓↓↓
https://websitepromo.net/201706/theturn/semi-sl/

 
投資の学校・LINE@登録募集中!
LINE@限定の特別なお知らせを配信予定!
ご登録はこちらから

https://toushi-gp.jp/line

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメント

  1. 日本蛙の会 時間創出委員会 より:

    昨日はお疲れ様でした。
    最近、日々自分の時間が無駄な事に振り回されるのを痛感します。
    自分や家族の身の回りの事をするのはいいのですが、
    『人生で最も大切な「時間」』が低く見積もられていくのを実感します。
    そこからまた税金がかかるのですから…

    >資本主義社会では、
    >お金を稼いだり、増やしたりする力がないと、
    >生きていけない仕組みになっています。

    >多くの日本人は、
    >労働の対価として、
    >自ら汗水流して
    >賃金を得る方法だけしか教えられずに、
    >社会という荒波に放り出されます。

    自分はこんな事に人生を費やしていいのか?
    自らを欺き続けるために依存症やギャンブルで自我をなだめているように思います。

    (。-`ω-)今日は重くなったので「プレミアム」の左上にあるニック先生の笑顔に癒されてきますw
    (昨日、遣わしたしもべはコロくんに誤飲されないようにお気を付けくださいませw)

    1. 高橋慶行 より:

      コメントありがとうございます^^
      重たくならないで大丈夫です^^

      今、こうやってブログを読んでくださっているだけで、
      他の方よりも、1歩も、2歩も、前に進んでいますので^^

コメントを残す

*

CAPTCHA