小次郎講師のブログ

「タートルズ」が選ばない銘柄??

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From:小次郎講師
自宅のリビングルームより、、、

 
恋人探し、とはよくいったもので、

 
株をやっている方でしたら、
銘柄選び、悩みますよね?

 
もちろん、
株の楽しみの1つでもあるので、
自分に合った方法を見つけて頂きたいと思っています。

 
天才トレーダーを輩出した一大プロジェクト「タートルズ」
はご存知でしょうか?

 
彼らにも、銘柄選びのルールがありました。

 
基本的に、株式、債券、先物、為替、
価格が動きさえすればなんでもトレードするのがタートルズ流。

 
ですが、
こういう銘柄は売買しない
という条件があったようです。

 
それは、、、

 
1)流動性がない市場と銘柄
「流動性」とは、あるマーケットで、トレードが活発におこなわれているかどうか
ということで、「出来高」の多寡が目安になりますね。

 
流動性がないと、買い注文を出しても
売りたいトレーダーがいなければ価格がどんどん上がっていきますし、
売り注文でも同様です。

 
買おうと思ったら価格が上がり、売ろうと思ったら下がるので、
不利な取引につながってしまう。
そうならないために、流動性が必要という考えですね。

 
2)ボラティリティーが低いマーケットと銘柄
「ボラティリティー」つまり価格の変動が大きくなければ、
利益を上げにくいので、できるだけ避けるということです。

 
3)買いしかできないマーケットと銘柄
タートルズは、買いからしかエントリーできない銘柄は、
利益獲得のチャンスが半減するという理由で、
現物株をトレードしなかったそうです。

 
4)売買に規制がかかるマーケットと銘柄
例えば、株式市場の空売り規制のように、
規制がかかっているマーケットでは
当然、安心してトレードができないからですね。

 
意外とベーシックな考え方で
おそらく、
みなさん納得できる条件ではないでしょうか?

 
もしかしたら、
株の場合、「買いしかやっていないよ。」
という方もいらっしゃるかもしれません。

 
ですが、
相場は上がることもあれば、下がることもあります。
上げを買いで獲り、下げを売りで獲る、
これがトレーダーとして正しい姿勢です。

 
ぜひ、「売り」にもチャレンジしていただきたいですね。

 
2017年は、世界中で株価が上昇しています。
もちろん、世界的な金余りが大きな要因なので、
いつまで続くかはわかりません。

 
しかしー、
株式投資家にとっては、
大きな収益を出すチャンスの年
ということは間違いありません。

 
いま株をやっている方は、是非、このチャンスを
モノにしていただきたいですし、

 
これから学ぶ方も、まだ遅くはありませんので、
しっかりと基礎を身につけて、株式投資に臨んでください。

 
一緒に頑張りましょう。

 
 
【編集部からのオススメ】

小次郎講師の新しい無料講座がスタートしています。

株式投資で、収益を上げる秘訣を学べる
全4回のビデオ講座です。

投資業界最高峰の
株式運用の極意を継承するプログラムは、

・誰にでもわかりやすいシンプルな投資手法
・注目の個別銘柄の分析
・資金管理以外のリスクヘッジ手法

などなど、
ワンランク上の株式投資家になる為の、
具体的なノウハウを無料で学ぶことが出来ます。

そして
同時に明かされる、極秘銘柄が
一年で20倍になった真実も必見です。

こちらをクリックして、
無料動画をご確認ください。

https://websitepromo.net/201707/kojikabu/op/03/?afid=1707kk-h

 
投資の学校・LINE@登録募集中!
LINE@限定の特別なお知らせを配信予定!
ご登録はこちらから

https://toushi-gp.jp/line

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメント

  1. 福助 より:

    確かにそうですね。

    1. 小次郎 講師 より:

      福助さん

      コメントありがとうございます。

      当たり前のことかもしれませんが、
      成功しているトレーダーが実践していることだと
      ご認識していただければ、確信をもって実行できるはずです。
      これからも、先人の手法や言葉をご紹介しようと思いますので、
      これは、と思ったことを参考にしてみてください。

コメントを残す

*

CAPTCHA