矢口新のブログ

イベント時のポジション、あなたはどうする?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From:矢口新
自宅リビングより、、、

 
FXでも株式でも、
相場で儲けるためには「値動き」が必要です。

 
値動きが大きいほうが、
それだけ利益も大きく取れる可能性があるため、
できるだけ値動きが大きい銘柄、時間帯に
トレードをしたいものです。

 
そして、
相場が大きく動きやすいタイミングといえば、
米国の雇用統計、FOMC政策金利発表などの
大きなイベント、指標が発表となる時です。

 
大きなイベント、指標前に
ポジションを持つことは、
上手くいけば大儲けできるチャンスです。

 
しかし、当然思惑と逆方向に動いた場合は、
その分大損をする可能性があるため、
イベント時のトレードは博打的な要素が大きくなります。

 

 
例えば、上図は先月2日(金)の
雇用統計が発表された直後の
米ドル/円15分足チャートです。

 
結果が発表された
日本時間午後9時30分からの15分間で
70銭ほど価格が下がったことがわかります。

 
仮に、小さな値動きでも
それなりの利益が出せるくらいのポジションで
買いのポジションを持っていたら、
強制ロスカット、追証が発生するという事態に至ります。

 
つまり、数十銭の利益をコツコツ積み上げたい、
1円取れればかなりの利益が出せるという量の
ポジションで売買をしているのであれば、

 
大きなイベント時の売買が思惑と外れてしまうと、
立ち直れないほどの損失を出す可能性があります。

 
そのようなリスクを考えると、

「大きなイベント時にはポジションを持たず静観」

というのが鉄則だとわかるでしょう。

 

ところが、
何も大きなイベント時にだけ
短期間で相場が大きく動くわけではありません。

 
2016 年 10 月7日(金)午前8時8分から3分足らずの間に、
英ポンド/米ドルの価格が9%以上も急落したことがありましたが、
この時は、イベントが何もなかったにもかかわらず
これだけの値動きが発生しました。

 
このように、
市場が油断している時に大きく動くこともあり、
この時の下落に関しては1分数十秒後には大反発したため、
売り持ちの人もそれほど儲けられず、

 
リスク管理のために損切オーダーを入れていた人だけが
大損した、という結果となりました。

 
リスクを最小限に抑えるためのはずの
損切りオーダーがあだとなり、
結果的には大損をしてしまったのです。

 
私は、株式においてはスウィングトレードで
損切りオーダーを入れずに、買いと売りの銘柄を組み合わせることで
リスク管理をする方法をおすすめしています。

 
しかし、FXは概ね米ドルに連動するため、
売りと買いを組み合わせる方法は困難です。

 
だからこそ、
FXにおいては博打的な要素を捨て、
目の前で完結する短期トレードの技術を高めることが

 
長く相場に生き残り、
安定した投資運用をするための
最善の方法だと考えています。

 
相場に生き残り続けるためにも、
博打的な要素があるトレードはせず、

 
損小利大のトレードを心掛け、
相場に生き残り続けるために必要な
トレード技術を日々磨いていきましょう。

 
それでは、また!

 

―矢口 新

 

<編集部のおすすめ>

収益力の高い、最も効率の良いトレード理論とは?

東京市場だけでなく、
ニューヨーク、ロンドン市場でも
プロのディーラーとして活躍した矢口先生の
『トレード理論の秘密』を手に入れる権利をお渡しします!

詳細はこちら

https://fx-school.net/lp/tpa_special/

 
投資の学校・LINE@登録募集中!
LINE@限定の特別なお知らせを配信予定!
ご登録はこちらから

https://toushi-gp.jp/line

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメント

  1. まさ より:

    ありがとうございました。

    1. 矢口新 より:

      まささん

      コメントありがとうございます。
      今後のトレードの参考にしてみてくださいね。
      引き続きよろしくお願いします。

コメントを残す

*

CAPTCHA