ただいまスキャルピング特訓中

浅野敏郎

From「投資の学校」浅野敏郎
自宅のリビングより

 
 
実を言うと私は、短期売買のことを
相場取引における「諸悪の根源」
だと長い間、考えていました。

しかし、投資の学校の講座で
数々の短期売買手法に触れるにつれ、
いくつかの真理を見た気がします。

またこうした技術は、
私が長く取り組んできたスイングトレードにも
十分活かせることが分かってきました。

 
 
おはようございます。
今週も早や、金曜日がやって参りました。

FOMCは予想通り、政策金利を据え置きました。
一方でFRBは、
バランスシートの縮小が予想より早まるような旨の
ややタカ派的な声明になったという印象ですが、
極端な相場変動にはなりませんでしたね。

 
夏枯れ相場というより、ドルのロングはすでに
ある程度調整されていたことがバレた印象もあり、
ドル円相場は底堅く
買い直しに似た動きをしている模様です。

 

上下する値動きを全部とるのはさすがに…

 
以前のブログにも書いた記憶がありますが、
相場はたとえトレンドがあっても、
上下を繰り返しながら歩みを進めるわけですが、

例えば10ポイント上昇して5ポイント下落し、
再び10ポイント上昇しては5ポイント下落したという値動きを
3回繰り返した相場の最大値幅は20ポイントです。

 
しかし、車の走行距離ではありませんが、
押し目の下落値幅も変動値幅としてカウントすれば、
全部で45ポイントの値動きになるため、
こうした短期方法を採用すれば

「少ない値幅でも大きな収益が狙える」

ということになるのですが、
この理論は、さすがに難しいと言わざるを得ません。

おそらく、レンジ相場の取引方法を
そのまま持ち込んだのでしょうが、

そう簡単にピーク(天底)の一点で売買はできませんからね。

 

方向を決めれば耐えるよりは楽かも…

 
トレンド相場を勝ち切るのは、
途中の逆行をしのがなければならず、
その際の精神力は、相当強いものが必要です。

マインドの弱さを克服するために、

エントリー後の相場は一切見ない

という方法論はありますが、
本格的な反転などの判断は必要ですから、
これは無謀な選択です。

 
そこで、例えば相場が転換したと判断するのに、
値幅の上下25%を必要なコストとして見送ると考えた場合、

値幅が20ポイントのひと相場でとれる値幅の最大値は、
実質10ポイントになります。

ところが、もし上下する波動のうちの、
上昇の波動だけ取り組むと考えた場合、
コストは単純に25%として同じように考えますと、

一波動が10ポイントの値動きでとれるポイントは5ポイントになり、
それが3回の波動で上昇するのですから、

トータルで15ポイントの値幅が狙えることになります。

しかも、
一時的な逆行相場を不安に思いながらひたすら耐えるより、
精神的にもリスクという面でも、
より良い形で事を運べる可能性があるような気がします。

 
もちろん、取引回数が多くなれば、収益化する前の初期リスク
例えばストップロスがついてしまうリスク
が増えるというプレッシャーはあります。

しかしその代わりに、
取引方向をどちらか一方に限定するわけですから、
ダマシのクロスなどで、文字通り右往左往する取り組みに比べて、
半分のリスクは取らなくて済むことになります。

 
いずれにしても、方向性を見極める精度を高めるには、
経験が必要ですが、


ユーロドル日足

このように、短期取引の考え方をそのまま日足に置き換えた場合、
それはまさしく、
鉄板的なトレンド取引そのものと同じ事だったことが判ります。

 
皆さんはどう思われますか??

 
 
浅野敏郎

 
<編集部よりおススメ>

移動平均線は恐らく、
世界中で最も愛用されているテクニカル分析手法でしょう。

なぜそうなのか?
あなたは一度でも考えたことがありますか?

皆が使っているからきっと素晴らしいはずだ!

それはご最もなのですが、
投資の世界で、ただ言われた通り使って
収益を上げ続けることはできません。

ではどうすればいいか?

ご自身で本当に移動平均線を理解し、
ご自分で判断できるようにならなければ、
様々な状況に対応することはできません。

もしあなたが、少しでもご自分の判断で
移動平均線を使いこなせるようになりたいなら、

一度、このページを読んでみる価値はあると思います。
↓↓↓
http://toushi-school.net/page/?page_id=4656

 
◎投資の学校・LINE@登録募集中!
LINE@限定の特別なお知らせを配信予定!
ご登録はこちらから

https://toushi-gp.jp/line

最近の投稿



コメントを残す




規約(個人情報の取り扱い)に同意して

個人情報の取り扱いに同意して
小次郎講師ブログ 矢口新ブログ 戸松信博ブログ 平野朋之ブログ 浅野敏郎ブログ もってぃブログ 高橋慶行ブログ スタッフブログ
株式会社ファイナンシャルインテリジェンス
【ご注意ください】 当サイトの提供しているコンテンツの投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。 投資対象や取引の仕組およびリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願い申し上げます。 信用取引、外国為替証拠金取引、株価指数先物取引、株価指数オプション取引、商品先物取引などの保証金・証拠金設定のある投資対象については、 お客様がお預けになった保証金・証拠金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金・証拠金以上の損失が出る可能性がございます。 また外国為替証拠金取引の取引レートには売値と買値に差が生じます。 (※外国為替証拠金取引の取引レートには通貨毎に売付価格と買付価格に差額(スプレッド)があります)

【免責事項】 当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作成しておりますが、 その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、投資知識の学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、 特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。 なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。 当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)は一切の責任を負うことはありませんので、ご了承下さい。 また、当コンテンツのすべての情報について当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)の許可なく転載・掲載することを禁じます。
Copyright   © 投資の学校プレミアム All Rights Reserved.