勝負時を見極めろ

From:矢口 新
自宅リビングより、、、

 
相場には3つの方向があり、
上がるか下がるか、横這うかだという人がいます。

 
相場の局面は正確にいえば、
上げとその調整を含めた「上げ相場」、
下げとその調整を含めた「下げ相場」、
そして「保合い相場」と分けられるでしょう。

 
上げ相場と下げ相場はトレンドのある局面で、
保合い相場はトレンドを模索している局面です。

 
どの局面も一本調子に続くことはなく、
小さな価格変動を伴いながら
トレンドや保ち合いの相場を形成しています。

 
値動きの大きさ(ボラティリティ)がある局面の方が
ディーラーにとっては収益を上げやすいのは確かです。
なぜなら、例え誤ったタイミングで入ってもやり直しが効くからです。

 
動かない相場では、間違えて入れば
損切りで終わってしまうことが多く、
損切りの位置がその日の高値、安値だということも
珍しくはありません。

 
相場に慣れないうちは、
ポジションを持つことに不安を感じたり、
恐怖感を抱くことがあるかもしれません。

 
逆に相場に慣れると
ポジションを取る事はできるようになっても
慎重さが欠け、雑な売買が増えてしまうこともあります。

 
私は、経験が浅い人でも
ポジションを積極的に取る事を推奨しているわけですが、
根拠なしに何でもポジションを持てば良いという訳ではありません。

 
個人投資家は、
自分の意志でポジションを
建てることができるのですから、
自信がなければ無理に
ポジションを持つ必要はありません。

 
ここが、個人投資家と
顧客のニーズに応じて値を建て、
相場に入る、入らされるマーケットメーカーが
相場に対する取り組みとして大きく異なるところです。

 
「休むも相場」という有名な格言がありますが、
個人投資家は自分の意志で全て判断できるという
アドバンテージを有効活用し、

 
時には無理せずに「休む」ということを
上手に使うことも相場に長く生き残るためには
必要な要素なのです。

 
相場では重要な一瞬の判断を
自分自身で行わなければなりません。

 
それは時に間違うことがあるでしょうが、
その時はきっちりと損切りをして
リセットすれば良いだけです。

 
ただ、その判断を躊躇してしまえば
百害あって一利なし。

 
勝負を仕掛けるのか、
今は休むべきなのかを
メリハリを付けて行うことが
相場の世界で戦ううえで必要な事です。

 
損切りレベルをきちんと考慮したうえで
自信がある時は迷わずポジションを取るべきです。

 
休むという判断も
今後来る勝負時のための
休みならば大歓迎です。

 
しかし、
勝負をするかどうか迷った挙句の
逃げの休みであれば意味がありません。

 
相場で収益を上げるためには
ポジションを持たなければいけないのは
当たり前ですが、

 
勝負時を見極め、
行けると思ったら迷わずアクセルを踏み込んでいく。

 
魅力を感じても、
自信が無いときや、ギャンブル性のあるときは
思い切って休む、という判断も必要です。

 
その判断力を養い、精度を高めるのも
また経験値を積み重ねていくしかありません。

 
ぜひ、リスク管理をきちんとしたうえで
積極的に相場でチャレンジしてみましょう。

 
それでは、また!

 

―矢口 新

 

<編集部のおすすめ>

あなたが一所懸命勉強しているのに
安定して収益を増やすことができない、もしくは
コツコツドカンの繰り返しで
損失ばかりが膨らんでしまうのであれば、、、

小次郎講師がチャート分析で
狙い澄まして収益を上げるためのメソッドを伝授します。
詳細はこちらをご覧ください。

http://toushi-school.net/page/?page_id=4656

 
投資の学校・LINE@登録募集中!
LINE@限定の特別なお知らせを配信予定!
ご登録はこちらから

https://toushi-gp.jp/line

最近の投稿

  • 【事実】一流とは〇〇なのです。
    From:矢口新 自宅の書斎から おはようございます。 突然ですが、皆さんは 守 破 離 この言葉をご存知でしょうか? 「守破離
  • 損切りの思考とは。
    From:矢口新 自宅の書斎から おはようございます。 本日は、重要な『損切り』についてです。 損切りが難しいと言っているよ
  • 相場はドラマなようである。
    From:矢口新 自宅の書斎より、、、 おはようございます、矢口です。 相場というものは、 私たちの現実世界にあるものですが、


コメントを残す




規約(個人情報の取り扱い)に同意して

個人情報の取り扱いに同意して
小次郎講師ブログ 矢口新ブログ 戸松信博ブログ 平野朋之ブログ 浅野敏郎ブログ もってぃブログ 高橋慶行ブログ スタッフブログ
株式会社ファイナンシャルインテリジェンス
【ご注意ください】 当サイトの提供しているコンテンツの投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。 投資対象や取引の仕組およびリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願い申し上げます。 信用取引、外国為替証拠金取引、株価指数先物取引、株価指数オプション取引、商品先物取引などの保証金・証拠金設定のある投資対象については、 お客様がお預けになった保証金・証拠金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金・証拠金以上の損失が出る可能性がございます。 また外国為替証拠金取引の取引レートには売値と買値に差が生じます。 (※外国為替証拠金取引の取引レートには通貨毎に売付価格と買付価格に差額(スプレッド)があります)

【免責事項】 当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作成しておりますが、 その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、投資知識の学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、 特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。 なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。 当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)は一切の責任を負うことはありませんので、ご了承下さい。 また、当コンテンツのすべての情報について当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)の許可なく転載・掲載することを禁じます。
Copyright   © 投資の学校プレミアム All Rights Reserved.