戦略で負けても、メンタルで負けるな

From:戸松 信博
自宅デスクより、、、

 
おはようございます。
戸松信博です。

 
私は常々お話させてもらっていますが、
「戦略で負けるのは仕方ないが、メンタルで負けてはいけない」と
考えています。

 
というのも、
投資というのは勝つこともあれば負けるときもあります。
その中で少しでも勝てる確率を高めるために、

 
相場状況を確認して、
自分なりの投資戦略を立てるわけです。

 
だからこそ、
実際に相場で売買をするときには
自分の戦略を信じ、戦略通りに売買をしなければいけないのです。

 
もし、戦略通りに売買をして負けてしまえば、
それは戦略が違っていたということで、
その結果を振り替えり、検証して次に繋げることができます。

 
しかし、たとえどんなにしっかりとした戦略を立てたとしても
その戦略通りに実行できなければ、全く意味がありません。
しかし、目の前の価格変動に惑わされ、戦略を無視した売買をしてしまうことは
往々にしてあることです。

 
戦略通りの売買ができないと、
自分の戦略が正しいかどうかが見えてきませんので、
再現性のある売買戦略がなかなか構築できないのです。

 
今日は、今週の相場見通しをお伝えする前に
戦略通りに売買をすることを改めてお伝えさせていただきました。

 
長期的に安定して投資で利益を出すためには、
とても大切なことですので、
ぜひ今日から改めて意識していただきたいと思います。

 
それでは今週は、
前週の米国相場を振り返りながら
今後の見通しについて解説いたします。

 

減税法案に対する懸念で米国株は9週ぶり反落

 
shisei_man_good

 
shisei_man_good

 
9月初めより連続最高値更新を続けて来た米国株ですが、
2か月経過してついに反落となりました。

 
主要三指数の週間騰落率は▼0.20~0.50%安となりました。
減税法案が議会で難航しており、
法人税の大幅引き下げが19年にずれ込む懸念と報じられたことで、
上値追いに一旦の休止符が打たれた恰好です。

 
ただ大きな商いを伴って売りが出た様子はなく、
静かな取引の中で少し下げたという様子です。

 
業種間の動きもまちまちであり、
ブロードコム(AVGO)によるクアルコム(QCOM)に対する
超巨額(1,300億ドル)買収提案の出た半導体セクターは
しっかりとなりました。

 
画像処理チップのエヌビディア(NVDA)が
好決算で上場来高値を更新し、他に別の買収も出るなど
互いに株価を上げ合うという状況でした。

 
一方、長期債利回りが週中まで下げ続け、
銀行株に下げが目立ちました。

 
利回り低下に加え、規制緩和など
政策にも懸念が生じたことで、
この週の銀行株は日米でワーストに近い業種となりました。

 
ただし10年債利回りは週末に急伸し、
2.4%台に戻して終えております。

 
短期債利回りが上昇する中で
イールドカーブはフラット化しているものの、
物価連動債との利回り差である
ブレークイーブンレート(将来の物価を示す、期待インフレ率)
は上昇しています。

 
米国株は反落したものの、中国本土と香港市場は上昇し、
ともに年初来高値水準にあります。

 
特に香港ハンセン指数は
10年来の高値水準に回復しており、
日経平均の26年ぶり高値と合わせ、
世界景気・株価が共に上昇している姿を
鮮明に映し出しています。

 
前述の米エヌビディアが好決算で
年初来騰落率を100%超に乗せてきたところですが、

 
香港最大の銘柄であるテンセント(0700)も
大幅高で最高値を更新、年初来+103%となってきました。
米国上場のアリババ(BABA)は同+112%高です。

 
なお、原油価格は米国の生産量が過去最高を記録したものの、
サウジアラビア情勢混乱を懸念して15年以来の高値を更新しております。

 

多くの株式投資家の方は、
日本市場に関するニュースや経済指標の数値は
注目してこられたと思いますが、

 
世界最大の株式市場である
米国市場の動向か日本市場にも影響を及ぼす可能性がありますので、
注目して見る必要があります。

 
今まであまり注目されてこなかった人にとっては
聞きなれない言葉であったり、難しく感じることがあると思いますが、
日々自分で指標をチェックしたり、世界市場のニュースにも関心を持つことで
少しずつ理解できるようになっていきますので、

 
引き続き日本市場と一緒に、
米国市場をはじめグローバル市場の動向も
チェックしていきましょう。

 
それでは、今週も頑張りましょう!

 

―戸松 信博

 

<編集部のおすすめ>

今、日本をはじめ世界中で
株高となっていますが、
これはいつまで続くのか…。

さまざまな情報が錯綜するなか、
相場の教養がない投資家というのは
それらの情報に振り回され、相場で右往左往…。

本当に勝てる一流の投資家とは、
自分で相場を読み解き、
自分で戦略を構築して
狙い澄まして利益を上げることができる人。

そのための土台となる
「本物の相場の教養」
ここから手に入れることができます。

詳細はこちらをクリック

 
投資の学校・LINE@登録募集中!
LINE@限定の特別なお知らせを配信予定!
ご登録はこちらから

LINE@の詳細はこちら

最近の投稿



One thought on “戦略で負けても、メンタルで負けるな

  1. 小坂圭吾

    先日は、池袋での「中国株・日本株セミナー」で、色々とご指導をいただきありfがとうございます。長期にわたり、教えをいただいているものです。
    今朝、始めて、送信されてきたブログを読ませていただきました。株という視点で、グローバルに記事を書いてあるものが、なかなか見つからなくて、とても参考になりました。これを読ませていただけば、世界的視野で理解できますね。週に一度は書いておられるので、これからも楽しみに読ませていただきます。 早々
                                              横浜 KK

    返信

コメントを残す




規約(個人情報の取り扱い)に同意して

個人情報の取り扱いに同意して
小次郎講師ブログ 矢口新ブログ 戸松信博ブログ 平野朋之ブログ 浅野敏郎ブログ もってぃブログ 高橋慶行ブログ スタッフブログ
株式会社ファイナンシャルインテリジェンス
【ご注意ください】 当サイトの提供しているコンテンツの投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。 投資対象や取引の仕組およびリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願い申し上げます。 信用取引、外国為替証拠金取引、株価指数先物取引、株価指数オプション取引、商品先物取引などの保証金・証拠金設定のある投資対象については、 お客様がお預けになった保証金・証拠金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金・証拠金以上の損失が出る可能性がございます。 また外国為替証拠金取引の取引レートには売値と買値に差が生じます。 (※外国為替証拠金取引の取引レートには通貨毎に売付価格と買付価格に差額(スプレッド)があります)

【免責事項】 当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作成しておりますが、 その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、投資知識の学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、 特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。 なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。 当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)は一切の責任を負うことはありませんので、ご了承下さい。 また、当コンテンツのすべての情報について当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)の許可なく転載・掲載することを禁じます。
Copyright   © 投資の学校プレミアム All Rights Reserved.