米国はすっかり休暇モード?

From:戸松信博
自宅デスクより、、、

 
先週、11月23日(木)は
日本は国民の祝日の一つである、勤労感謝の日でしたが、
米国でも「サンクスギビングデー」という祝日でした。

 
サンクスギビングデーは、
毎年11月の第4木曜日と決まっており、

 
さらに、サンクスギビングデーの翌金曜日は
「ブラックフライデー」と呼ばれる
米国では年に一度の大セールスの日です。

 
そのため、デパートやショッピングモールなどは
早朝から長い行列ができるほどの活気で、
米国国民にとっては、重要な祝日なのです。

 
そして、この祝日がブラックフライデーと
呼ばれる理由はご存知でしょうか?

 
投資家である皆さんは、
もしかしたらブラックマンデーを思い出し、
ネガティブな由来だと思うかもしれませんが、

 
ブラックフライデーの由来は、
このセールによってお店の経営が
一気に黒字(ブラック)になる、ということで
ブラックフライデーという名前が付いたそうです。

 

ということで、
サンクスギビングデーとブラックフライデーについて
少しお話をしましたが、

 
これらの祝日の影響で
先週の米国市場の売買代金は
大きく減少する静かな週でした。

 
米国はすっかり休暇モードに入りましたが、
そんな中、今の日本市場はどんな局面を迎えているのかを
お話したいと思います。

 

米国休暇モードの中、日本株は落ち着きを取り戻す

 
shisei_man_good

 
11月9日に日経平均が高値から859円も下げ、
それ以降値動きの荒い相場が続いていました。

 
先々週後半も連日で高値と安値の差が
300円~400円以上という荒い値動きだったのでしたが、
先週は落ち着きを取り戻し、
いずれの日も日中値幅は200円未満となりました。

 
海外要因でギャップダウン、ギャップアップの
値幅は大きい日もありましたが、
場中は下げたとしても小さな値幅に収まる日が殆どでした。

 
ちなみに、
『ギャップダウン』というのは、
前日の終値よりも当日の始値が安値で寄り付くこと。

寄り付き前に買い注文を上回る
売り注文があるとギャップダウンします。

 
また、『ギャップアップ』というのは、
前日の終値よりも当日の始値が高値で寄り付くこと。

寄り付き前に売り注文を上回る
買い注文があるとギャップアップします。

 
24日(金)は大きくギャップダウンして始まったものの、
引けまでに161円上昇しています。

 
米国が休暇モードにて、
東証一部の売買代金は先週全て3兆円を下回りました。

 
しかしながら、
11月7日以来途絶えていた
「商いを増やしながら上昇する日」がこのところ復活しており、
17日、21日、22日がそうした強い相場状況となりました。

 
20日(月)のみ商いを落としましたが、
日経平均は135円安であり、
下げる日に売買が減るのは良い兆候です(売り手があまりいない)。

 

このように、日本市場の変化には、
米国市場の様子も少なからず影響がありますので、
日本市場で起こっているニュースやトピックだけではなく、

 
米国をはじめとする
グローバル市場のトピックについても関心を持ち、
自分でチェックできるようになると、

 
投資家としての視野が広がり、
相場の見通しを立てるときにも役立ちます。

 
ぜひ、自分なりの相場の見通しを立て、
具体的な戦略を持って相場に臨むためにも
日本市場だけではなく、米国市場にも関心を持ち、
相場を総合的に分析する力を養っていきましょう。

 

―戸松信博

 

<編集部のおすすめ>

今、日本をはじめ世界中で
株高となっていますが、
これはいつまで続くのか…。

さまざまな情報が錯綜するなか、
相場の教養がない投資家というのは
それらの情報に振り回され、相場で右往左往…。

本当に勝てる一流の投資家とは、
自分で相場を読み解き、
自分で戦略を構築して
狙い澄まして利益を上げることができる人。

そのための土台となる
「本物の相場の教養」は
ここから手に入れることができます。

詳細はこちらをクリック

 
投資の学校・LINE@登録募集中!
LINE@限定の特別なお知らせを配信予定!
ご登録はこちらから

LINE@の詳細はこちら

最近の投稿



コメントを残す




規約(個人情報の取り扱い)に同意して

個人情報の取り扱いに同意して
小次郎講師ブログ 矢口新ブログ 戸松信博ブログ 平野朋之ブログ 浅野敏郎ブログ もってぃブログ 高橋慶行ブログ スタッフブログ
株式会社ファイナンシャルインテリジェンス
【ご注意ください】 当サイトの提供しているコンテンツの投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。 投資対象や取引の仕組およびリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願い申し上げます。 信用取引、外国為替証拠金取引、株価指数先物取引、株価指数オプション取引、商品先物取引などの保証金・証拠金設定のある投資対象については、 お客様がお預けになった保証金・証拠金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金・証拠金以上の損失が出る可能性がございます。 また外国為替証拠金取引の取引レートには売値と買値に差が生じます。 (※外国為替証拠金取引の取引レートには通貨毎に売付価格と買付価格に差額(スプレッド)があります)

【免責事項】 当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作成しておりますが、 その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、投資知識の学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、 特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。 なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。 当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)は一切の責任を負うことはありませんので、ご了承下さい。 また、当コンテンツのすべての情報について当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)の許可なく転載・掲載することを禁じます。
Copyright   © 投資の学校プレミアム All Rights Reserved.