小次郎講師のブログ

「勝ちたい」人こそ勝てない。。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From:小次郎講師
自宅の書斎から

 
みなさんも個人投資家として、投資で上げた収益をどう使うのか
それぞれ目標があると思います。

 
・ご家族にまとまった資産を残してあげたい
・NPOをつくる元手にしたい

などなど。

 
私自身は、投資教育を世に広めること、
勝てる個人投資家を育てること、
という投資教育家としての目標と、

大好きな演劇界を盛り上げたいという投資家としての
目標も持っています。

 
では、投資家としても目標を達成するためには、
どうすればよいのというと、
当然、投資で収益を上げる、ことが必要ですよね。

 
1つだけ気を付けていただきたいのですが、
勝負に「勝つ」という意識で投資を続けるのはやめましょう。
いずれ大負けをしてしまう可能性があります。

 
私は常日頃、
投資は確率のビジネスと言っています。

 
つまり、
価格が上がるか下がるかは、
基本的に五分五分の確率なのですが、

 
とある局面では、価格が一方向(いちほうこう)
に動く確率が60~70%となる場合があります。
いわゆるエッジのある局面というのですが、
その局面を探し出してトレードをする、
というのが基本スタンスとなります。

 
ですから、勝率が50%を超えたとしても、
3回に1回はコンスタントに負ける(損が出る)
ことになります。
もしかすると、短期間の場合は3回、4回と連続して
損失が出る時もあるでしょう。

 
ですが、確率のビジネスなのですから、
1つ1つのトレードで負けることは
すでに織り込み済みなので、

 
損失が出たこと自体は、
全く気にする必要はありません。

 
仮に、1回1回の勝ち負けに一喜一憂してしまうと、
何が何でもこの勝負に勝ちたいという気持ちが生まれ、

 
ついつい損切りをせずに価格が戻るのを待ってしまい、
塩漬け株を抱え込んでしまうことになりかねません。

 
数千万円単位で損失を出してしまったパターンは、
このような心理状態の場合が多いです。

 
損が膨らむ前にいつでも損切りできたのですが、
そのトレードの結果にこだわってしまい、
ポジションを持ち続けてしまうのです…

 
投資家として追いかけるべきなのは、
1つ1つの勝負ではなく、
トータルの収益なのですから、

 
1つの勝負に「勝ちたい」という気持ちよりも、
投資で「収益を上げる」ことに集中すべきなのです。

 
そのためには、
気持ちの持ち方も大事なのですが、

 
トレードルールをつくって、
トレードルールをしっかりと時には淡々と守る
ということがポイントとなります。

 
こんなことを言っている私自身も、
内心はハラハラドキドキしながら、
チャートを見ています(笑)

 
でも大きな損失がでないのは、
淡々と、ルールを守ることに集中しているからです。

 
マイトレードルールがまだ確立できていない方は、
まずはルールを作るところから、

 
ルールが出来上がっている方は、
ルールを守ることに集中しつつ、定期的にルールを見直しながら、

 
トレードに臨んでくださいね。

 
 
<編集部のおすすめ>

あなたのトレードルールに、
「空売り」
入っていますか?

売りも買いも自在に
使いこなせれば

利益を出すチャンスが
2倍に増えます。

↓ ↓ ↓
こちらをクリックして詳細を確認してください。

 
投資の学校・LINE@登録募集中!
LINE@限定の特別なお知らせを配信予定!
ご登録はこちらから

https://toushi-gp.jp/line

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA