戸松信博のブログ

【ニューヨークダウ】2万4千の大台突破!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From:戸松信博
自宅デスクより、、、

 
おはようございます。
戸松信博です。

 
先週のブログでは、
米国のサンクスギビングデー、
ブラックフライデーについてお話をしましたが、

 
サンクスギビングデーの後に
「サイバーマンデー」という日が存在することを
ご存知でしょうか。

 
サイバーマンデーとは、
サンクスギビングデーの次の月曜日のことを指し、
サンクスギビングデー、ブラックフライデーでは
実店舗が大混雑するのに対して、

 
サイバーマンデーは、オンラインショップにおける
ホリデーシーズンのセールの開始日とされており、
各社が大々的なキャンペーンを行い、売り上げが急増します。

 
ということで、
今週のブログでは
サンクスギビングデー明けから、

 
サイバーマンデーを経ての
米国市場について見ていきましょう。

 

ダウ2万4千ドル到達で今年最大上げ幅、ナスダックは下落

 
shisei_man_good

 
サンクスギビング明けの米国は、
恒例のサイバーマンデーが好調な販売を記録した中、
ダウは2万4千の大台に乗せました。

 
最終金曜こそ下落したものの週間上昇率+2.86%は今年最大で、
またS&P500指数とともに過去最高値を更新した
11/30日(木)の上げ幅(+331ドル高)も今年最大でした。

 
一方、ナスダックは
28日に最高値を更新したもののその後下げ優勢となり、
週間▼0.60%安と3週ぶりに反落、ダウとは対照的な週となりました。

 
フェイスブック(FB)、ネットフリックス(NFLX)などが下げたほか、
エヌビディア(NVDA)、ラムリサーチ(LRCX)、
アプライドマテリアル(AMAT)が

 
それぞれ週間▼8.9%安、▼13.4%安、▼10.4%安するなど半導体株が総崩れ、
さらに中国ネット企業もYY(YY)が▼16.1%、シーナ(SINA)▼12.3%、
アリババ(BABA)▼8.7%安と崩れ、
香港最大のネット企業テンセン(00700)も▼7.4%安となりました。

 
一方、
日米のメガバンクが揃って大きく値を上げ、
高値を更新した銘柄も多くあります。

 
銀行だけでなくチャールズ・シュワブ(SCHW)などの
証券株も大幅高で高値を抜き去っています。

 
これらのことから、
明らかにサンクスギビングを挟んで相場模様は入れ替わり、
セクターローテーションが起きている模様です。

 
ここで補足ですが、
セクターローテーションというのは、
景気の動向を把握した上で、景気の局面変化ごとに、

 
有望な業種別銘柄群に投資対象を
切り替えていく投資戦略のことをいいます。

 
昨年のトランプ当選後~12月にかけても
同じようなローテーションが発生しましたが、
結果的にそれは今年絶好調となった
ネット・半導体株の買い場を昨年末に作ったのでした。

 
今回の下落も半導体セクターの需給を
警戒するレポートが引き金になったものの、
それは騰がり過ぎたものを利益確定する
きっかけとなっただけであり、

 
AIとIoT、自動運転時代を迎え、
非常に強い市場環境が長期の好業績を生む
という本質は変わりません。

 
ただ11月までに、
上に挙げた銘柄をはじめ、
ハイテク株は各国市場で騰がり過ぎたという感はあり、
その自然な調整が起こっただけということです。

 

また、先月FRBが公表したFOMCの議事録によれば、
「近い将来の利上げは適切」だと多くの当局者が判断したということで、
12月12日、13日に行われるFOMCでの利上げ発表が
確実視されています。

 
このような指標発表などのイベント前後の相場は、
大きく動く可能性がありますので、
ぜひ注目していきましょう!

 

―戸松信博

 

<編集部のおすすめ>

今、日本をはじめ世界中で
株高となっていますが、
これはいつまで続くのか…。

さまざまな情報が錯綜するなか、
相場の教養がない投資家というのは
それらの情報に振り回され、相場で右往左往…。

本当に勝てる一流の投資家とは、
自分で相場を読み解き、
自分で戦略を構築して
狙い澄まして利益を上げることができる人。

そのための土台となる
「本物の相場の教養」は
ここから手に入れることができます。

詳細はこちらをクリック

 
投資の学校・LINE@登録募集中!
LINE@限定の特別なお知らせを配信予定!
ご登録はこちらから

LINE@の詳細はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA