【ニューヨークダウ】2万4千の大台突破!

From:戸松信博
自宅デスクより、、、

 
おはようございます。
戸松信博です。

 
先週のブログでは、
米国のサンクスギビングデー、
ブラックフライデーについてお話をしましたが、

 
サンクスギビングデーの後に
「サイバーマンデー」という日が存在することを
ご存知でしょうか。

 
サイバーマンデーとは、
サンクスギビングデーの次の月曜日のことを指し、
サンクスギビングデー、ブラックフライデーでは
実店舗が大混雑するのに対して、

 
サイバーマンデーは、オンラインショップにおける
ホリデーシーズンのセールの開始日とされており、
各社が大々的なキャンペーンを行い、売り上げが急増します。

 
ということで、
今週のブログでは
サンクスギビングデー明けから、

 
サイバーマンデーを経ての
米国市場について見ていきましょう。

 

ダウ2万4千ドル到達で今年最大上げ幅、ナスダックは下落

 
shisei_man_good

 
サンクスギビング明けの米国は、
恒例のサイバーマンデーが好調な販売を記録した中、
ダウは2万4千の大台に乗せました。

 
最終金曜こそ下落したものの週間上昇率+2.86%は今年最大で、
またS&P500指数とともに過去最高値を更新した
11/30日(木)の上げ幅(+331ドル高)も今年最大でした。

 
一方、ナスダックは
28日に最高値を更新したもののその後下げ優勢となり、
週間▼0.60%安と3週ぶりに反落、ダウとは対照的な週となりました。

 
フェイスブック(FB)、ネットフリックス(NFLX)などが下げたほか、
エヌビディア(NVDA)、ラムリサーチ(LRCX)、
アプライドマテリアル(AMAT)が

 
それぞれ週間▼8.9%安、▼13.4%安、▼10.4%安するなど半導体株が総崩れ、
さらに中国ネット企業もYY(YY)が▼16.1%、シーナ(SINA)▼12.3%、
アリババ(BABA)▼8.7%安と崩れ、
香港最大のネット企業テンセン(00700)も▼7.4%安となりました。

 
一方、
日米のメガバンクが揃って大きく値を上げ、
高値を更新した銘柄も多くあります。

 
銀行だけでなくチャールズ・シュワブ(SCHW)などの
証券株も大幅高で高値を抜き去っています。

 
これらのことから、
明らかにサンクスギビングを挟んで相場模様は入れ替わり、
セクターローテーションが起きている模様です。

 
ここで補足ですが、
セクターローテーションというのは、
景気の動向を把握した上で、景気の局面変化ごとに、

 
有望な業種別銘柄群に投資対象を
切り替えていく投資戦略のことをいいます。

 
昨年のトランプ当選後~12月にかけても
同じようなローテーションが発生しましたが、
結果的にそれは今年絶好調となった
ネット・半導体株の買い場を昨年末に作ったのでした。

 
今回の下落も半導体セクターの需給を
警戒するレポートが引き金になったものの、
それは騰がり過ぎたものを利益確定する
きっかけとなっただけであり、

 
AIとIoT、自動運転時代を迎え、
非常に強い市場環境が長期の好業績を生む
という本質は変わりません。

 
ただ11月までに、
上に挙げた銘柄をはじめ、
ハイテク株は各国市場で騰がり過ぎたという感はあり、
その自然な調整が起こっただけということです。

 

また、先月FRBが公表したFOMCの議事録によれば、
「近い将来の利上げは適切」だと多くの当局者が判断したということで、
12月12日、13日に行われるFOMCでの利上げ発表が
確実視されています。

 
このような指標発表などのイベント前後の相場は、
大きく動く可能性がありますので、
ぜひ注目していきましょう!

 

―戸松信博

 

<編集部のおすすめ>

今、日本をはじめ世界中で
株高となっていますが、
これはいつまで続くのか…。

さまざまな情報が錯綜するなか、
相場の教養がない投資家というのは
それらの情報に振り回され、相場で右往左往…。

本当に勝てる一流の投資家とは、
自分で相場を読み解き、
自分で戦略を構築して
狙い澄まして利益を上げることができる人。

そのための土台となる
「本物の相場の教養」は
ここから手に入れることができます。

詳細はこちらをクリック

 
投資の学校・LINE@登録募集中!
LINE@限定の特別なお知らせを配信予定!
ご登録はこちらから

LINE@の詳細はこちら

最近の投稿



コメントを残す




規約(個人情報の取り扱い)に同意して

個人情報の取り扱いに同意して
小次郎講師ブログ 矢口新ブログ 戸松信博ブログ 平野朋之ブログ 浅野敏郎ブログ もってぃブログ 高橋慶行ブログ スタッフブログ
株式会社ファイナンシャルインテリジェンス
【ご注意ください】 当サイトの提供しているコンテンツの投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。 投資対象や取引の仕組およびリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願い申し上げます。 信用取引、外国為替証拠金取引、株価指数先物取引、株価指数オプション取引、商品先物取引などの保証金・証拠金設定のある投資対象については、 お客様がお預けになった保証金・証拠金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金・証拠金以上の損失が出る可能性がございます。 また外国為替証拠金取引の取引レートには売値と買値に差が生じます。 (※外国為替証拠金取引の取引レートには通貨毎に売付価格と買付価格に差額(スプレッド)があります)

【免責事項】 当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作成しておりますが、 その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、投資知識の学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、 特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。 なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。 当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)は一切の責任を負うことはありませんので、ご了承下さい。 また、当コンテンツのすべての情報について当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)の許可なく転載・掲載することを禁じます。
Copyright   © 投資の学校プレミアム All Rights Reserved.