小次郎講師のブログ

投資をする意味

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From:小次郎講師
自宅の書斎から

 
個人投資家のみなさんは、
トレードノウハウ、テクニカルチャートの見方、売買シグナルの意味
といったことに興味があると思います。

 
ですが、あえて、
「なぜ投資をするのか?」ということを
お聞きしたいと思います。

 
2016年、2017年は株価が堅調で、
たまたま・偶然、運よく”億単位”で儲かった
個人投資家の方もいらっしゃったご様子です。

 
しかし、ただお金を稼げれば幸せなのか?と言えば、
いかがでしょうか?

 
私の答えは「No」です。

 
実際、お金を稼いでも不幸な方を私は数多く見てきました。

 
例えば、

・使えるお金が増えるので、今までのライフスタイル、価値観が変わってしまい、
大切な人と共に過ごせなくなってしまう

・儲かったので突然仕事を辞めてしまい、
人生に「やりがい」「生きがい」を感じることができなくなってしまう

 
こういったことが山ほどあるのです。

 
だからこそ、あなたには今も、今後も
「何のために投資をやっているのか?」ということを
明確にしていただきたいのです。

 
そこで、あなたに質問です。

 
Q:一体なんのために投資をやるのですか?

 
この質問に
「幸せになるため」と答える方がいらっしゃいます。

 
では、
あなたにとって「幸せ」とは何でしょうか?

 
・いつ
・どんな環境で
・誰と
・どんなことをして

過ごしたいですか?

 
そして、その生活を過ごすためには、
一体お金はどれくらい必要でしょうか?

 
このことについて少し時間を使って
考えてみていただきたいのです。

 
私がお伝えしたいのは、
単にお金を稼ぎましょう、という話ではありません。

 
あなたの人生を豊かにすること、
そして豊かになるためには、
お金がすべてではない、ということを知っていただきたいのです。

 
お金だけがいくらあっても心は満たされませんが、
あなたが望むライフスタイルを実現させるための必要なお金があり、

 
そのお金を、
誰とどんな風にお金を使っているかということが明確になっていれば、
心が満たされている状態になると思います^^

 
お金というのは、あくまで手段であって、
目的は別の所にあるのです。

 
その目的を実現するために、お金を有効活用する、
という姿勢を皆さんにしっかり持っていただけましたら、

 
皆さんが思うそれぞれの幸せな人生を
過ごすことができると思うのです^^

 
この機会に、「なぜ、投資をするのか?」ということについて
少しでも考えていただけたら幸いです。

 
 
<編集部のおすすめ>

 
 
<編集部のおすすめ>

株価が上昇を続けるときこそ、
急落に備える必要があるでしょう。

乱降下する相場の動きに右往左往すると、
思わぬ損失を出してしまいます。

荒れ狂う相場で生き残るためには、
万全の備えが必要です。

資金効率を上げて利益を最大化させながら、
安定して稼ぐ術を身に付けるのが
小次郎講師流『資金管理マスタープログラム』

こちらから詳細を確認してください。

こちらをクリックしてください

 
投資の学校・LINE@登録募集中!
LINE@限定の特別なお知らせを配信予定!
ご登録はこちらから

https://toushi-gp.jp/line

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメント

  1. 爾今 より:

    いつもお世話になっています(^^)
    何のために投資をしたいのか?
    自分の時間を買うためです。
    人として生まれると住むのも、空気を吸うのも、食べるのも、動くだけでもコストがかかります。
    そのために、、、嫌いな仕事でも長時間従事しなくてはいけない。。。
    人生の貴重な時間を単純労働に捧げたり、意志にそぐわない事を言ったりしないといけない。
    成長期には将来の為、なぞと洗脳されながら頑張れるけど、
    それが大人になる事、社会の中に入る事と教わってきたけれど、
    だいだいゴールが見えて来て、この先義務だけで自分の時間を消化するのかな?
    本当にこれが私のしたい仕事なのかな?疑問に感じ始めました。
    ラスベカスで豪遊したいわけじゃなく自分の時間を取り戻すために。

    1. 小次郎 講師 より:

      爾今さん

      いつもコメントを頂戴し、ありがとうございます。
      自分の時間を買うため、
      立派な目的だと思います。
      ぜひ、実現できるよう、一緒に頑張りましょう。

コメントを残す

*

CAPTCHA