戸松信博のブログ

今の日本経済を正しく読み解けていますか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From:戸松信博
自宅デスクより、、、

 
おはようございます。
戸松信博です。

 
昨日は東京でもかなりの雪が降りましたね。
今日は道路が凍結する恐れもあるようなので、
外出される方はお気を付けください。

 
さて、
米国では、米共和・民主両党が
つなぎ予算で合意できず、予算失効で
一部政府機関の閉鎖に追い込まれました。

 
このニュースによって株価が下がると
心配されている皆様もいらっしゃるかと思いますが、
結論を申せば、全く心配いりません。

 
むしろ下がったら
絶好の買い好機になると思います。

 
また、日経平均については
24,000円付近のラインでの攻防が続いています。

 
この状況にもやもやしている人も
いらっしゃるかもしれませんね。

 
いつ超えていくのか、
それとも超えずにこのままなのか…。

 
そこで今日は、
先週の日経平均に注目し、
日本市場の見通しについてお伝えします。

 

日経平均一時 24,000 円を回復も上値重く

 
shisei_man_good

 
週初の日本株は続伸して始まり、
16 日(火)に日経平均は
終値ベースの高値となる 23,952 円を付けました。

 
ただし出来高は増えず、
商いを伴った上昇ではありませんでした。

 
その後、米国の大幅高によって
18日(木)朝に 24,084 円と場中の高値を更新し、
91年以来の大台に乗せたものの、
引けにかけて▼300 円以上も下げて行きました。

 
結局 2 万 4 千円台はキープできず、
週間の上昇幅は 154 円高に留まりました。

 
17日、18日は商いを増しながらの下落となり、
短期的には下げの勢いの方が目立ちます。

 
年初につけた高値水準から、
2万4千円を手前にフラットベースを
歩んでいるという様子で、

 
明確なブレーク(強い商いを伴った上昇による高値ライン突破)は
まだ見られません。ただ下げずにベースを踏み固めて行けば、
長期的に良いステップとなります。

 
ということで、
日経平均は 2 万 4 千円を付けてすぐ押し戻され、
全般に出来高も増えず、もう少しこのラインを前に
攻防が続く可能性もあります。

 
ただ、
いずれに上に抜けて来るべきラインであり、
その前に調整があるのか一気に抜くのかの問題と思います。

 
このように、
私は今の日本市場、日経平均の見通しを
考えていますが、

 
これはすべて、注目すべき経済指標をチェックし、
そこから得られるデータ、数値をもとに
考えているだけです。

 
確かに、パッと見て分かるようになるわけではなく、
それなりに時間をかけて勉強する必要はあります。

 
しかし、
知っているか、知らないかの違いで
見えてくるものが大きく変わってきますので、

 
ぜひ、自分自身で経済を読み解き、
自分なりの相場観を養えるように
意識して取り組んでみてください。

 
それでは、
本日もありがとうございました。

 
来週も引き続きよろしくお願いします(^^♪

 

―戸松信博

 

<編集部のおすすめ>

2018年、あなたが
株式投資家として飛躍するために必要なもの
それは「相場の教養」です。

もしあなたが、
勝てる手法を探し回っているのなら
今すぐやめてください。

どんなに優れた手法でも
相場の本質を捉えた教養がなければ
意味がありません。

そして、
その「相場の教養」を体系的に学べるのが
このプログラムしかありません。

詳細はこちらをクリック

 
投資の学校・LINE@登録募集中!
LINE@限定の特別なお知らせを配信予定!
ご登録はこちらから

LINE@の詳細はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメント

  1. FUKKY より:

    消費税率10%、これが一番のキーポイントだと思いますが、返信頂けましたら幸いです。

コメントを残す

*

CAPTCHA