株価急落後の米国株と日本株

From:戸松信博

 
おはようございます。
戸松信博です。

 
今日は、
早速本題に
入っていきたいと思いますが、

 
今の相場の注目点は、
先々週の急落から、
どのような反応を見せるか、
ということでしょう。

 
まず、
米国市場を見てみると、
前週に下落転換とした米国株は連日で反発しました。

 
ダウは週末までに6連騰し、
週間+4.25%高で2万5千ドル台を回復、
S&P500指数も5連騰を含み同+4.30%、

 
アップルなどの主要株が
大幅高したナスダック総合指数は同+5.31%と、
いずれも大幅反発でした。

 

一方で、
日本株はどうだったかというと、

 
先々週を▼1,892円もの下げ幅で
下落転換とした日経平均は、
火・水と続落したものの、

 
続く木・金を反発で終え、
週間+338円高となりました。

 
TOPIXは週間+0.31%高で、
いずれにせよ4%以上上げた米国に比べ、
物足りない反発でした。

 
短期相場判定は
下落トレンドの短期判定を
据え置かざるを得ない状況です。

 
2月以降の株安と同時に進んできたドル安により、
円は投機的な色彩を帯びているのか、
一時1ドル=105円台をつける場面もありました。

 
この事が日本市場の下落を大きくさせ、
反発を限定的にしています。

 
しかし、
長期の為替水準をよく説明してきた日米金利差は、
この間米国金利の大幅上昇によって大きく拡大しており、

 
ファンダメンタルズから見ても、
過去の相関実績からみても、
ここは円安に向かうのが正しい姿です。

 
為替とは本来二国間の物価や
金利水準の調節機能です。
現在米国は物価と金利上昇圧力の掛かる局面で、
極端な円高の定着は想定できないものです。

 
そして1ドル=110円以上に戻さなくても、
今の日本企業の勢いからすれば来期(2019年3月期)も
力強い増収増益で最高益を更新できるでしょう。

 
円安に頼らずとも
十分高い成長を期待できる体制になっています。

 
日経平均採用225社の一株予想利益額は、
前回7-9月期決算発表時期に
1,430円から1,530円へとあっと言う間
100円も上方修正されました。

 
そして指数は21,000円少しの水準から
23,000円へと、利益増にふさわしいだけ
修正されて行ったのでした。

 
今回の10-12月期決算発表は前回以上の勢いで
一株予想利益が伸びあがっています。

 
それは1月末時点の1,531円から
最新で一気に1,679円と、
2週少しで148円も上方修正されています。

 
148円の利益上昇は、
日経平均を軽く2,000円以上引き上げる
パワーのある凄い数字です。

 
上方修正前の一株利益1,531円の
15倍=約23,000円が正しい日経平均とすれば、

 
今回の上方修正で25,000円を
軽く超えていかなければならないところが、
逆に2,000円超も下がる大幅安となりました。

 
たまたま為替にも影響され、
現在21,720円という破格の安値に放置されています。

 
PERは12.8倍まで下がり、
過去安定してPER14~16倍の間で
推移してきたところから異常値シグナルを発しています。

 
為替水準も株価水準も今がおかしいのであって、
いずれ大きく上に修正されて行くはずと考えます。

 
まだしばらく重たい動きが続くにせよ、
一旦修正が開始されればこれまで同様、

 
買う暇もないほど一気に急騰するのが
日本株の特徴であり、
ここは辛抱のしどころであると思います。

 
相場が大きく動き始めた今、
収益を狙うには大きなチャンスがあると思いますので、
ぜひ、今から相場を読み解く力を養っていきましょう。

 

―戸松信博

 

<編集部のおすすめ>

戸松信博先生が講師を務める、

投資の学校初の
“IPO”に特化した新プログラムが誕生。

今なら開講記念の
特別な条件でご参加頂けます。

新しい収入源として、
IPO投資に少しでも興味のある方は
下記より詳細をご覧ください。

たった1日で
戸松式・IPO投資の技術を
すべてお伝えします。

詳細はこちらをクリック

 
投資の学校・LINE@登録募集中!
LINE@限定の特別なお知らせを配信予定!
ご登録はこちらから

LINE@の詳細はこちら

最近の投稿



2 thoughts on “株価急落後の米国株と日本株

  1. syoun

    凄く期待の大きいテーマです。もう直ぐ三月時給もいいです、宜しくお願い致します。

    返信
  2. 牧村 永利子

    戸松先生、いつもありがとうございます。相場サイクルマスタープログラムで勉強させていただいて日本株通信でお世話になっています。私は入会してから日が浅いし、投資経験もあまりないけれども、少しずつ相場に慣れていきつつあります。理論ではわかっていても、相場が激しく動くと一喜一憂してしまいますが、戸松先生のタイムリーな通信メールで平常心を取り戻すことができます。本当にいつもありがとうございます!これからも株式投資にがんばります!

    返信

コメントを残す




規約(個人情報の取り扱い)に同意して

個人情報の取り扱いに同意して
小次郎講師ブログ 矢口新ブログ 戸松信博ブログ 平野朋之ブログ 浅野敏郎ブログ もってぃブログ 高橋慶行ブログ スタッフブログ
株式会社ファイナンシャルインテリジェンス
【ご注意ください】 当サイトの提供しているコンテンツの投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。 投資対象や取引の仕組およびリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願い申し上げます。 信用取引、外国為替証拠金取引、株価指数先物取引、株価指数オプション取引、商品先物取引などの保証金・証拠金設定のある投資対象については、 お客様がお預けになった保証金・証拠金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金・証拠金以上の損失が出る可能性がございます。 また外国為替証拠金取引の取引レートには売値と買値に差が生じます。 (※外国為替証拠金取引の取引レートには通貨毎に売付価格と買付価格に差額(スプレッド)があります)

【免責事項】 当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作成しておりますが、 その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、投資知識の学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、 特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。 なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。 当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)は一切の責任を負うことはありませんので、ご了承下さい。 また、当コンテンツのすべての情報について当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)の許可なく転載・掲載することを禁じます。
Copyright   © 投資の学校プレミアム All Rights Reserved.