ニコラス・グールドのブログ

過信しすぎないトレードを

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From:ニコラス・グールド
都内のトレーディングルームより、、、

 
金曜の東京は春を少し感じられた、
そんな一日でした。

 
しかし、
マーケットのほうは、と言うと、
BOJ(Bank of Japn日本銀行)の黒田総裁が
金融緩和の出口について発言したニュースにより

 
今このブログを書いている金曜の夜現在、
ドル円にダウントレンドが発生しています。

 
このニュースを受け、
多くの為替トレーダーが
ドル円のショートポジションを大きくしたり、

 
もしくは
ドル円のロングポジションの手仕舞いにより、
ダウントレンドにつながっている、

 
と考えられますが、
マーケットというのは

 
多くの人が予想した方向とは
逆に動くこともあります。

 
それがマーケットなのです。

 
決して100%自分の思うようには
動くことはなく、マーケットを
コントロールすることもできません。

 
長く安定して利益をあげるトレーダーになるには、
トレードは確率の勝負ということを頭に入れなければなりません。

 
どんなトレードであっても負ける可能性は存在しますし、
常に損切り設定を行なって自己資金を守らなくてはいけません。

 
しかし、
未熟なトレーダーは、一回のトレードに過信するあまり、
損切りのルールを破ってしまうケースもあります。

 
「このトレードは成功するチャンスが大きい」などと
一旦思いこんでしまったなら、
「実はこのトレードはさほど利益を生まないかもしれない」という
情報を無視する傾向があります。

 
もし、
そのポジションに対して
不利な情報が出たならば、
直ちに反応して決済をすることが大切ですし、

 
反対に有利なニュースだったとしても
成功を信じすぎていては、その正しい判断を行うことのが難しくなります。

 
それに対し、
プロトレーダーは
市場は日々、多くの取引機会を提供していると認識し、
決してひとつの取引に固執しません。

 
そして、
市場に存在し得る別のパターン(傾向)を
常に探しながら、自分のトレード戦略に取り入れるようとする
努力を怠りません

 
優秀なトレーダーは、
損失を受け入れつつも、
変化に適応しようと改善をし続けます。

 
その努力や姿勢が
長期的なトレード結果に結びついていきます。

 
今回の黒田総裁発言のニュースを聞いて、

 
あなたがもし、
自らのトレード戦略とは違う
トレードをしたり、

 
既に保有していたポジションを
戦略どおりに決済できなかったならば、

それは
ギャンブルに近いトレードだったと言えるでしょう。

 
もしかしたら、
そうしたトレードでも今回は利益を
上げることができたかもしれませんが、

 
長期的に利益を上げていくには、
ニュースに一喜一憂したりせず、
思い込みの激しいトレードも控えなければなりません。

 
自らのトレード戦略を磨き上げることに
フォーカスしていくべきでしょう。

 
たとえ、
今はなかなか結果に表れなくても
少しづつ改善していけば、
良いサイクルが生まれてきます。

 
安定して好成績を得る為には、
適切なトレード行程を、繰り返し行い、
ルーティン化することが鍵となります。

 
ですから、
今日負けてたとしても、
落ち込まずにトレードの改善を行いましょう。
きっと来週チャンスがあるはずです。

 
来週は今週より自分の成長を感じられるような
トレーディングをしていきましょう。
 
それでは、また!
 
-ニコラス・グールド

 
<編集部のおすすめ>
現役のプロトレーダーとして活躍するニック先生が、
厳しいマーケットの世界で生き残るために必要不可欠な
トレーダーとしてのマインドの持ち方について語りました。

あなたが、厳しいマーケットの世界で
長期的に勝てるトレーダーになりたいのであれば、
この本はあなたにとって、
心のバイブルとなるでしょう。

https://toushi-school.net/nick/book4/

投資の学校・LINE@登録募集中!
LINE@限定の特別なお知らせを配信予定!
ご登録はこちらから

https://toushi-gp.jp/line

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメント

  1. 大島忍 より:

    宜しくお願いいたします‼️

  2. 大島忍 より:

    よく解らないのですが宜しくお願いいたします‼️

コメントを残す

*

CAPTCHA