利上げの可能性は?9/2米雇用統計に注目

From:矢口 新
 

今週の金曜日(9月2日)は、8月の米雇用統計の発表があります。
毎月第一金曜日に発表される米雇用統計ですが、
今回の米雇用統計はこれまで以上に注目を集めています。
 

8月26日(金)に米ワイオミング州ジャクソンホールで行われた
国際経済シンポジウムでの講演で、FRB(米連邦理事会)のイエレン議長が、
 

「利上げの条件が整ってきた」と述べました。
 

その一方で、「1965年から2000年、政策金利は平均7%以上あった」が
「今では中長期的に3%までしか利上げができないとみている」とも付け加えました。
 

これでは、利上げの時期が近いか遠いか分かりません。
しかし、FRBのフィッシャー副議長が、利上げは「年内2回は可能」
だと述べたことで、早期利上げ観測が高まりました。

 

米国の政策金利を決定するのは、
米FOMC(連邦公開市場委員会)です。
 

FOMCによる発表は、1月、3月、4月、6月、7月、9月、11月、12月の
年8回行われます。
※ちなみに、次回FOMCは9月20日(火)、21日(水)ですので、
しっかりとスケジュールをチェックしておいてくださいね。
 

年8回のうち、3月、6月、7月、12月の4回は、
会合後に記者会見を行うため、
利上げや利下げの確率が高いとされています。
 

もしこの後、フィッシャー副議長が述べた
「年内2回の利上げ」が行われるとすれば、
12月と、9月か11月のどちらか、という確率が
高まったことになります。

 

もともとFOMCが金融政策を行う目的は、
・米雇用市場の安定
・インフレ率の安定
 

この2つが大きな目標とされてきました。
しかし、最近のFOMCは、
「中国株」、「ブレグジット」、「地政学的リスク」など、
米国経済以外のことまでが、
政策金利決定の要因として扱われています。
 

ということは、
米国経済の状態だけを考えれば
「利上げの条件が整ってきた」かもしれませんが、
 

それ以外の外部要因によって
利上げが頓挫するリスクを排除するために、
可能ならば9月に1回、利上げをしておきたい
と考えるのが自然なことです。
 

そのため、9月2日(金)に発表される
8月の米雇用統計が、
これまで以上に注目を集めているのです。

 

ちなみに市場予想では、失業率が4.8%(7月が4.9%)、
非農業部門雇用者数は18万人増(7月は25万5000人増)
となっています。
 

また、インフレ指標として注目されている
平均時給は、前月比+0.2%、前年比+2.5%
(7月は前月比+0.3%、前年比+2.6%)との予想でした。
 

米雇用統計の結果によって相場はどのように変化するか、
そして、その結果がFOMCの政策金利発表に
どのような影響を及ぼすのか
しっかりと観察していく必要があります。
 

まずは、直近の重要な経済指標である
米雇用統計の結果をしっかりと見守っていきましょう。

 

そして、このブログを読んでくださっている方は
十分理解されていると思いますが、
 

経済指標の結果が発表された際に
何の根拠もなく相場に飛び込むことは
ただのギャンブルですので、
くれぐれも気を付けてください。

 

それでは、またお会いしましょう。

 

―矢口 新

最近の投稿

  • 【事実】一流とは〇〇なのです。
    From:矢口新 自宅の書斎から おはようございます。 突然ですが、皆さんは 守 破 離 この言葉をご存知でしょうか? 「守破離
  • 損切りの思考とは。
    From:矢口新 自宅の書斎から おはようございます。 本日は、重要な『損切り』についてです。 損切りが難しいと言っているよ
  • 相場はドラマなようである。
    From:矢口新 自宅の書斎より、、、 おはようございます、矢口です。 相場というものは、 私たちの現実世界にあるものですが、


3 thoughts on “利上げの可能性は?9/2米雇用統計に注目

  1. まぁ~よし

    ジャクソンホールでのシンポジウムの後,8月29~31日で日経225は,だいぶ上げた。為替ドル円も,だいぶ円安になった。今日で8月も終わり。幸いプラスで全部仕切ったので,9月2日の米雇用統計発表に備えます。利益確定した後は,休むも相場。8日のECBまで休むか,20~21日のFOMCと日銀会合まで休むか,思案橋。あしたは,盆休みも過ぎたので道も空いているだろうから,遅くなってしまった墓参りにでも行こう。矢口塾は申し込んでいるがさぼっていて,ごめんなさい。8月3日もさぼります。

    返信
  2. ワイオー

    重要指標発表時には“長時間足”例えば4時間足辺りでチャートの変化をを眺めていれば、見た目ローソク足の変化が少ないのでむやみに相場に飛びついてポジションを取る誘惑に負けなくていいと思います。
    発表後30分位でやおらパソコンを開くのも一つの手かな・・・
    それと、米の指標予想値はどうしてあんなに当てにならないのでしょうかね。
    2日が楽しみです!

    返信

コメントを残す




規約(個人情報の取り扱い)に同意して

個人情報の取り扱いに同意して
小次郎講師ブログ 矢口新ブログ 戸松信博ブログ 平野朋之ブログ 浅野敏郎ブログ もってぃブログ 高橋慶行ブログ スタッフブログ
株式会社ファイナンシャルインテリジェンス
【ご注意ください】 当サイトの提供しているコンテンツの投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。 投資対象や取引の仕組およびリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願い申し上げます。 信用取引、外国為替証拠金取引、株価指数先物取引、株価指数オプション取引、商品先物取引などの保証金・証拠金設定のある投資対象については、 お客様がお預けになった保証金・証拠金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金・証拠金以上の損失が出る可能性がございます。 また外国為替証拠金取引の取引レートには売値と買値に差が生じます。 (※外国為替証拠金取引の取引レートには通貨毎に売付価格と買付価格に差額(スプレッド)があります)

【免責事項】 当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作成しておりますが、 その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、投資知識の学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、 特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。 なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。 当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)は一切の責任を負うことはありませんので、ご了承下さい。 また、当コンテンツのすべての情報について当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)の許可なく転載・掲載することを禁じます。
Copyright   © 投資の学校プレミアム All Rights Reserved.