小次郎講師のブログ

【重要】9月2日(金)雇用統計!これから注目するべきこととは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From:小次郎講師

いよいよ”あの日”が迫ってきましたね。

9月2日(金)・・・・

そう、雇用統計発表です。
大きく価格が動きやすい時期です。

そして、09月20日~21日は、
FRB議長が記者会見も行なうので、注目が集まります。

「FOMCの利上げ」があるかもしれません。
時期は9月かもしれませんし、12月かもあるかもしれない。

色々な思惑が飛び交います。

このような状況だからこそ、
毎回個人投資家に質問されることー

それが、

「円安になるんですか?」

あなたは、どう思いますか?

予測や予想することはいかようにもできますが、
結果は・・・

「誰にもわからない」ですよね。

私は、未来のことは予想しません。

私がこの考えに至った源流は、

●「投資教育によって勝てる投資家は育てられる」と証明した
  タートルズ投資術

●東洋の神秘よ呼ばれる「一目均衡表」
51gR09y58JL._SX338_BO1,204,203,200_

これらを一生懸命学び、
徹底的に研究したからです。

この東洋と西洋と別々の文化・思想の中、
2つの本に、共通することが書いてありました。

それは・・・

タートルズ流の本には、

「予想はしない 先が読める振りもしない」

一目均衡表の原著には、

「相場の予想をすることに非常な危険性を感じています
相場の予想をしてはいけません」

と。

ichimokusanjin

日本と西洋、そして時代も場所も違う二つの手法が同じ考えに至るという、
時を超え、場所も変え、しかし相場の達人は同じことを言っています。
予想をすることは良くないことである!と。

もう私のブログを見てくださっている方は、
段々と頭に入ってきたでしょうか??

今回、9月の雇用統計、FOMCで
価格が大きく動くかもしれませんね。

価格が動くということは、
利益をあげるチャンスがあるということでもあります。

もちろん、経済発表時に利益に狙いにいくのは
ギャンブルになってしまいますが、
発表後、落ち着いてきたら、トレンドに乗っていくのです。

そして、本格的な円安になっているのかを確認する方法ー
それが、「ATR」です。

slide01
A=average
T=true
R=range

日本語で言えば、
ある通貨の平均的な1日の値動きです。

計算方法は前回お伝えしましたね

slide02

実際に、今の米ドル/円の日足を見ると、

presen

平均的な値動きは
「0.97円」。

1日あたり1円動くわけです。

「1.85円」は、
英国の国民投票時の動きですが、
それから比べると、比較的落ち着いてきました。

ATRは平均的な値動きですから、
トレンド相場でATRが挙がっていき、
もみあい相場では、ATRがない状態になるわけです。

FXをされている方は
こちらからでも確認できます。

⇒みんかぶスマートFX

つまり、
本格的な円安に入ってくると、
どんどんATRが動いていきますので、
ぜひ、ATRの動きを9月は特に注目しておくことをオススメします。

最後に・・・・

9月2日(金)21時から
私が生放送でお届けする投資を楽しく学び、
投資についての知識と共用が身につく
「雇用統計ナイトフィーバー」

こちら、まだご登録をされれば、
どなたでも、無料でご覧になれます^^

【小次郎講師の雇用統計ナイトフィーバー】
→詳細はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメント

  1. Atom88 より:

    TVやインターネット上ではいろいろ解説されていますが、ATRの値をみて対処しようと思っています。

コメントを残す

*

CAPTCHA