浅野敏郎のブログ

「相場は上げと下げ、確率は50%!」のウソ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「投資の学校」浅野敏郎
From 新宿オフィスの編集室より

 
相場を取引する際に、
「上げるか下げるかの二択だから
そんな割の良い投資は他に無い」
とよく言われます。

間違いではありませんが、
ではなぜ、
相場の勝ち組は2割か1割とも言われるほど、
勝ち組が少ないのでしょう??

 
もちろん、
勝率と損益は比例しないということも一つですが、

そもそも、少額でも1度損失を出したこところで、
止めてしまう人も少なからずいるはずですから、

そういう人たちはそのまま負け組に加算され、
分母に含まれる負け組の人数が、
どうしても多くなるのが実態かもしれません。

 
しかし、相場が二択ではなく実は三択で、
時間で分類してみると、
上昇や下落は全体の20%として、
そのほかが80%という数字があったとしたら、
8割が負け組という結果も腑に落ちます。

この80%という数字、実は「揉み合い相場」
だったらどうでしょう??

だから
「揉み合い相場は損をしやすい」
と言われるのだとしたら・・・

あながち嘘ではないかもしれません。

 
 
おはようございます。
今週も早や金曜日がやって参りました。

週末で言えば東京界隈のお花見は、
先週末がギリギリでしたね。

少し地方に入った桜の名所では、
その後の温かさで一気に開花し、
今週末に多く予定されているお花見祭りは、
完全にピークを越えた形になりそうです。

楽しみにされていた皆様にとっては
少し残念な桜になってしまうかもしれませんが、
自然を相手にするのは本当に難しい
ということでもあります。

 
相場を自然に例えるのは無理がありそうな一方で、
実際に、森羅万象に例えられる場合もあり、
相場を点でとらえるのは、桜と同じように難しい事
なのかもしれません。

 

揉み合い相場は意外と長い

正確に検証したわけではありませんから、
揉み合い相場が全体の80%を占める
という信ぴょう性は保証できませんが、

一般的に一直線で表現される
トレンド相場でさえよく見ると、
揉み合い期間の多さに驚かされます。

 
短期間な揉み合いの動きを表現する時、
「行って来い」という言い回しがよく使われます。

ろうそく足で考えると、
十字とか塔婆、トンボとかトンカチと呼ばれるような
ヒゲが長い足になるのでしょうが、

例えば、月曜日火曜日と下げて、
水曜日から金曜日にかけて全戻しするような相場も、
週で見ればいわゆる「行って来い」相場であり、
この週の方向性はなかったことになります。

 
そう考えると、このようなチャート形状は、
一見下落相場ではありますが、

B以降Dまでは揉み合い相場(B-Cは「行って」C-Dは「来い」)
となり、時間の割合は正に8割を占めています。

 
説明しやすいように、割合はわざとこうしてありますが、
A-BまたはD-E以外で取引した場合の損失確率が
本当に高いのであれば、

揉み合いの見極め方を勉強したほうが、
負け組にならないための最善策なのかもしれません。

 
 
実は今週末の7日土曜日、
矢口先生の「実践・矢口塾」の後の同じ会場で、
「投資の学校」高橋校長主催の
フェア・ファイナンス勉強会があります。

臨時講師として招かれましたので、
このお話を少し掘り下げようかと思っています。

 
お時間がございましたら、是非乾杯しに参りませんか?
あ、もちろん勉強会の後ですよ~!

 
 
浅野敏郎

 
<<<編集部のおすすめ>>>

FX、株、商品、債券・・・

相場で投資を行なう全ての投資家に通じる
『相場の教養』を知っていますか?

 
機関投資家など一流のプロは、
相場のどこに注目し、
何を基準に銘柄を選んでいるのか…

 
そのベースとなっている相場の一般常識すべてを
戸松先生が無料で公開します。

相場で収益がなかなか上らず、
何かが足りないと感じている「あなた」にこそ、
是非、手にとっていただきたい!!

と思います。
↓↓↓
今すぐ無料で手に入れる

 
 
◇◆◇投資の学校・LINE@登録募集中!◇◆◇

LINE@限定の特別なお知らせを配信しています!
ご登録はこちらから

LINE@登録ページ

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメント

  1. 花上ひろし より:

    小次郎講師に期待させていただきます。

    1. 浅野敏郎 より:

      はい、是非しっかり学ばれてください。

  2. 乾坤一擲 より:

    ( ゚д゚)そうか…
    50:50ならまで負け続けるのもおかしい。
    そんなこと考えたことなかった。
    もしかしたら負け上手ってのもあるのだろうか?
    そう思ったら自信がついて来た( ̄▽ ̄)

    1. 浅野敏郎 より:

      乾坤一擲さま、

      負け上手は、価値上手と紙一重だと思っています。
      なぜなら、実際には難しいですが、
      その逆をすれば必ず収益を得ているはずですからね。

      ロスカットの水準、エントリーのタイミングなど、
      もしかすると微妙な違いなのかもしれません。

  3. 浅野敏郎 より:

    乾坤一擲さま、

    コメント有難うございます。
    上下は価格軸のお話で、それならば確かに50:50かも知れませんが、
    左右は時間軸のお話ですから、こうしてシッカリ定義に基づいて考えると
    方向性が出ている、いわゆるトレンドの時間は、2割程度といったところではないでしょうか。

    よく事業者で
    「固定スプレッド表示率98%」
    とかいう謳い文句、見たことございませんか?

    要するに、大きく方向性が出る時間は、
    僅か2%だということになりますね。

    少し急に動いたら追いかけず、
    再び方向性が出た瞬間に取り組んでみると案外、
    売れば上がる
    買えば下がる
    的な状況は随分改善されるのではないか??

    と思う今日この頃であります。

    また、コメントをお待ちしています。

    浅野

コメントを残す

*

CAPTCHA