ニコラス・グールドのブログ

トレード回数、多くありませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From:ニコラス・グールド
都内のトレーディングルームより、、、

 
今週の東京は暖かい気候で、
今の季節は本当に過ごしやすいですね。

 
気候が良いと、いろいろなことに
活発的に行動したくなります。

 
そして、それはトレードにおいても、
もちろん言えることです。

 
体が健康的な状態で
心も程よくリフレッシュし、

 
エネルギーに満ち溢れた状態にこそ
マーケットに立ちむかうべきなのです。

 
しかし、
トレーディングに万全の状態だからといって
トレードのしすぎはよくありません。

 
トレーディングは、多くの人にとって
とてもエキサイティングで、楽しいものです。

 
チャートを見ていると
稼げるのチャンスがたくさんあるように思えてきて、
ポジションを持たずにはいられない気持ちになります。

 
事実、トレーディングは
収益を上げるための非常に魅力的な手段ではあります。

 
ですが、実際はそれほど簡単で甘い世界ではないので、
ほとんどのトレーダーのチャレンジは失敗に終わることになります。

 
つまり、トレーディングをたくさんやることによって、
大きくなっていくのは利益だけではなく、損失でもあるのだ
という可能性を知ることが、とても大切です。

 
トレーディングのやり過ぎは、
無駄な損失につながるリスクがあることを
理解しましょう。

 
トレーディングコーチとして私がオススメするのは

 
・損失の限度額に達したら終わりにする
 
・一日にポジションを持つ回数を決めておく
 
・連敗して、マーケットと自分の戦略が合ってないと感じたら
 その日のトレードを終える

 
そういうルールを決めて、
トレーディングはあまりやり過ぎないような工夫が必要です。

 
もしかしたら、一日の目標利益額を決めておくことも
有効かもしれません。

 
トレーディングにおいて、欲張りは損のもとです。

 
そして、トレーディングをやり過ぎたらいけないことを
しっかりと理解しておけば

 
もっと良くチャンスを探すようになりますし、
マーケットをじっくりと観察することも
できるようになるでしょう。

 
ですから、
いつも記録しているトレード結果を見直して、
トレードをやり過ぎていないか
チェックしてください。

 
もしたくさんトレードやり過ぎ、
損失が膨らんでいるのならば、
少し回数を減らすなど工夫が必要ですね。

 
普段トレードを振り返ることが少ない方は
ぜひこの週末にトレード履歴や記録を
チェックしてみましょう。

 
それでは、また!
 
-ニコラス・グールド
 
<<<編集部よりおススメ>>>
 
現役のプロトレーダーとして活躍するニック先生が、
厳しいマーケットの世界で生き残るために必要不可欠な
トレーダーとしてのマインドの持ち方について語りました。
 
あなたが、厳しいマーケットの世界で
長期的に勝てるトレーダーになりたいのであれば、
この本はあなたにとって、
心のバイブルとなるでしょう。
Amazonでも1位になった実績のある本です。

詳細はこちらをクリック

 
投資の学校・LINE@登録募集中!
LINE@限定の特別なお知らせを配信予定!
ご登録はこちらから

https://toushi-gp.jp/line

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA