小次郎講師のブログ

使わずにはいられない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From:小次郎講師
自宅の書斎から

 
ふと、昔を振り返り、
現代の生活と比べてみると、

 
ケータイ電話やスマートフォンの登場、
自動車に至っては自動運転が現実味を帯びてきており、

 
時が経つ早さをしみじみ感じたりします。

 
そういえば、
ここ数年は人工知能といわれるAIという単語も生まれました。

 
アニメの世界ではドラえもんが22世紀に誕生していましたが、
現実世界でもアニメと同じく22世紀に
ドラえもんが誕生しているのではないでしょうか。

 
人類の想像力と想像を具現化させる
驚異的な技術力に感服する限りです。

 
投資の世界でも
技術の進歩は形になって表れています。

 
それは、
今では多くの個人投資家が
当たり前のように利用している取引ツールです。

 
昔はチャートを手書きで引いていた時代もあったほどですが、
個人投資家でもチャートをパソコンで
表示できるようになったころでしょうか、

 
私は分析、バックテストを実施するために
決して安くはないお金を投じて、
とあるツールを使用し、チャート分析と研究に没頭していました。

 
そのツールはいまでは無料で個人投資家でも
同等いや、それ以上の機能を利用できるようになったのですから、

 
本当に今の個人投資家は恵まれていますし、
プロと言われる機関投資家との差も

 
ファンダメンタル分析では情報や分析力で
大きな差はあるものの、

 
テクニカル分析面においては、
やはりツールの発達で数年前から差はない状況となっています。

 
そんな中、
今最も注目しておくべき、革命的なツールと言いましょうか、
最先端のツールが登場しました。

 
私の最近の講座をご覧くださっている方は、
もちろんご存知だと思いますが

 
そのツールというのが
TradingView(トレーディングビュー)というツールです。

 
ベーシックな機能は無料でも使用できますし、
有料で機能拡張もできます。

 
いくつかある特徴のうち、
特筆すべきは、

 
あらゆる指数が確認できることです。

 
株、為替、世界の主要指数だけでなく、
コモディティ(商品)や債券価格、
そして仮想通貨ももれなくチャート表示できる
今までありそうでなかったツールです。

 
特に米国債10年利回りは、
世界中の投資家がみており、

 
株価や為替に最も影響を与える指標の一つでもあり
否が応でもチェックしておくべきでしょう。

 
これらがいつでもどこでも、
PCやタブレットでもみることができ、
まとめて一元管理できるのですから、
利用しないわけにはいきませんね。

 
トレーディングビューは、
海外で開発されたツールですので、
まだまだ日本語でのサポートも整備段階の状況です。

 
とはいえ、
ここでは書ききれないほどの
豊富で便利な機能がありますから、

 
私はみなさんにとっての
投資の伝道師として、

 
しっかりとみなさんが
トレーディングビューを使いこなしていけるよう

 
これからも分かりやすい講座、レクチャーを心掛けていきます。

 
ぜひ楽しみにしていてください。

 
<編集部のおすすめ>

株価が上昇を続けるときこそ、
急落に備える必要があるでしょう。

乱降下する相場の動きに右往左往すると、
思わぬ損失を出してしまいます。

荒れ狂う相場で生き残るためには、
万全の備えが必要です。

資金効率を上げて利益を最大化させながら、
安定して稼ぐ術を身に付けるのが
小次郎講師流『資金管理マスタープログラム』

こちらから詳細を確認してください。

こちらをクリックしてください

 
投資の学校・LINE@登録募集中!
LINE@限定の特別なお知らせを配信予定!
ご登録はこちらから

https://toushi-gp.jp/line

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメント

  1. toy3 より:

    小次郎講師 先生
    先日はリアルセミナーでたいへん内容のある講義をありがとうございました.分かりやすかったです.また,これから5か月間のオンライン・プログラムの方も学習を開始しています.こちらもよろしくお願いいたします.

    それに伴い,トレーディングビュー(TV)を利用し始めました.TVは,これまで名前を聞いたことがあるくらいで使ったことはありませんでしたが,ありとあらゆる投資対象を一元的にチャート表示可能な点が素晴らしいと思います.今後は,為替相場のみ,あるいは,株式相場のみのチャートしか見ない,ということもなくなると思います.

    また,先生と私たちがTVという同じプラットフォームを共有できる点は,情報を共有したり・交換したりする際に重要なことだと思いました.講義の中で登場するチャートを,自分のPCでも簡単に再現できる訳ですから.先生の元々明解なご講義が,TVの利用でより一層分かりやすく身近なものとなるような気がします.

    プラクティスの利用などはまだこれからですが,少しずつ習得して自身の武器として行きたいと考えています.
    今後とも,ご指導,よろしくお願いいたします.

    1. 小次郎 講師 より:

      コメントおよびプログラムへのご参加ありがとうございます。
      トレーディングビューは日本語対応が他の証券会社のプラットフォームに比べ
      遅れているのが現状です。
      投資の学校と協力して、分かりやすく便利な使い方などお伝えしていきます。
      どうぞご期待ください。

コメントを残す

*

CAPTCHA