注目すべき局面はどこなのか!?

From:戸松信博

 
おはようございます。
戸松信博です。

 
今日のブログでは、
米国市場について
お話をしていきたいと思います。

 
というのも、
先週はFOMC議事録の公開、
中国の習主席の演説、

 
マーク・ザッカーバーグ・フェイスブック社CEOの
公聴会での議会証言、シリア情勢、など
株式市場に影響を与える可能性のある材料が多くありました。

 
そうした中、
米国主要3指数は
週間で+1.79~2.77%と反発上昇しました。

 
ここで注目されるのは、
この上昇の流れが引き続き継続され
上昇転換となるのか。

 
それとも、
すぐに下落基調に戻ってしまうのか。

 
私の相場見通しについて
お話していきます。

 

米国株上昇再転換も、50日線に上値を抑えられる

 
shisei_man_good

 
さまざまな材料があった先週の米国市場ですが、
特に習主席のスピーチを受けた
4月10日(火)のナスダックは、

 
出来高を増やして
2%超上昇するなど強い動きとなり、
直近の高値を超えて終了しました。

 
米国株の短期相場判定に関しては、
3月27日より下落転換としていたのでしたが、
この日のフォロースルーによって
「上昇転換」と再変更します。

 
習主席の対外開放を訴えた演説内容は、
何ら新しいものでなく、
以前から伝わる政策を改めて
リピートしたに過ぎません。

 
しかし「貿易戦争」をキーワードに
売り投機が活性化していた市場の空気を変えるには
うってつけのタイミングであり、
市場を上昇転換させる材料となりました。

 
2月以降の市場は
様々な日替わり・週替わり的な
内容の乏しいテーマによって
売り投機となってきたため、

 
今回のスピーチも内容が問われるものでなく
(新鮮味はなかった)、ただ売り投機を鎮める
材料らしいものが飛び出せば、何でもよかったのです。

 
いずれにせよ、
これで市場心理は好転しました。

 
11日のナスダックは
反落したものの出来高は落として無難に終え、
続く12日は再び出来高を増して大幅上昇と、
徐々に上昇トレンド時のリズムに戻ってきました。

 
ただし50日移動平均線を
上に捉えることまではできておらず、
ここが抵抗線として上値を抑える可能性は残ります。

 
新たに「シリア情勢」という
またもや内容の薄い売り投機材料が、
日替わりメニュー的に浮上してきており、

 
上昇転換とはいえ
「これでもう大丈夫」と
油断できる状況とは思いません。

 
注目ポイントは、
50日移動平均線超えが試される局面と思います。

 
常にお伝えしているように、
米国市場も日本株をやるうえでも
知っておくべき、気にするべきなのです。

 
ぜひ、今後の米国市場の動向に
注目していきましょう!

 

―戸松信博

 

<編集部のおすすめ>

すべての投資家が
必ず身に付けなければならない
『相場の教養』を知っていますか?

一流のプロが
相場のどこに注目し、
何を基準に銘柄を選んでいるのか…

それを紐解くためのカギとなる
『相場の教養』のすべてを
戸松先生が無料で公開します。

今すぐ無料で手に入れる

 
投資の学校・LINE@登録募集中!
LINE@限定の特別なお知らせを配信予定!
ご登録はこちらから

LINE@の詳細をチェックする

最近の投稿



4 thoughts on “注目すべき局面はどこなのか!?

  1. 平峯一郎

    安倍総理と米国大統領の会談、北朝鮮と米国大統領の接近、加えて日本の政治混乱が
    世界経済の世界平和に好影響を及ぼすのか逆に悪影響につながるのか?
    戸松先生の見解を今後も楽しみにしています。

    返信
    1. 信博戸松信博戸松 投稿作成者

      平峯 様

      コメント頂きありがとうございます。
      直近相場の解説や相場見通しについてお話していきますが、
      ぜひご自身でも自分なりの相場観を持ってご覧いただければと思います!
      引き続きよろしくお願いします^^

      返信
    1. 信博戸松信博戸松 投稿作成者

      syoun 様

      コメント頂きありがとうございます。

      今後とも、皆さんの投資の参考になるお話をしていきたいと思いますので、
      引き続きお読みください!よろしくお願いします!

      返信

コメントを残す




規約(個人情報の取り扱い)に同意して

個人情報の取り扱いに同意して
小次郎講師ブログ 矢口新ブログ 戸松信博ブログ 平野朋之ブログ 浅野敏郎ブログ もってぃブログ 高橋慶行ブログ スタッフブログ
株式会社ファイナンシャルインテリジェンス
【ご注意ください】 当サイトの提供しているコンテンツの投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。 投資対象や取引の仕組およびリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願い申し上げます。 信用取引、外国為替証拠金取引、株価指数先物取引、株価指数オプション取引、商品先物取引などの保証金・証拠金設定のある投資対象については、 お客様がお預けになった保証金・証拠金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金・証拠金以上の損失が出る可能性がございます。 また外国為替証拠金取引の取引レートには売値と買値に差が生じます。 (※外国為替証拠金取引の取引レートには通貨毎に売付価格と買付価格に差額(スプレッド)があります)

【免責事項】 当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作成しておりますが、 その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、投資知識の学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、 特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。 なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。 当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)は一切の責任を負うことはありませんので、ご了承下さい。 また、当コンテンツのすべての情報について当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)の許可なく転載・掲載することを禁じます。
Copyright   © 投資の学校プレミアム All Rights Reserved.