決算シーズン前の日本株は4週続伸を記録

From:戸松信博
自宅デスクより、、、

 
おはようございます、
戸松信博です。

 
4月もあっという間に下旬となり、
日本は来週からゴールデンウィークが始まります。

 
相場見通しについては、
長期的な見通しでは一貫して
上場トレンドの継続としていましたが、
短期的には下落トレンドの時期が続いていました。

 
しかし、
先週の相場から、私は
上昇トレンドへの転換と判断しました。

 
日本株は今、決算シーズンが始まる前であり、
直近の相場は4週続伸となっています。

 
ここから昨年のような
大きな上昇相場を形成するのかといえば
それはまだわかりません。

 
では、
この後の相場に動きについて
私はどのように見ているのか・・・

 
今日は、
日本株に関する直近ニュースと
今後の日本市場について見ていきたいと思います.

 

日本株は決算シーズン前に上昇転換、4週続伸

 
shisei_man_good

 
日経平均は、
4月3日を最後に商いを増して
下げる日が見られなくなり、緩やかな上昇を続けてきました。

 
後は商いを大きく増して
大幅高となるフォロースルーの出現を待つ
のみとなっておりましたが、

 
米国株が先に上昇転換した中で、
それは18日(水)にやってきました。

 
月・火といずれも小幅に上昇したものの、
売買代金は低レベルに終わっていたところ、
水曜は311円高と+1.4%上昇し、

 
売買代金も前週末の
SQの日を上回るほど強力なものとなり、
18日に日本市場の短期相場判定を上昇転換とします。

 
これで緩やかながら、
日本市場は4週続伸となりました。

 
年初から大きく売り越してきた外国人も、
久々に2週連続して買い越しと、
戻ってきています。

 
また先々週から
米国の株安にもあまり反応しなくなり、
為替も追い風となってきました。

 
2万2千円台をようやく回復した
日経平均のチャートは50日線を上に抜け、
長らく続いた底固めから一段上に浮上したところです。

 
ただこれで直ちに昨年のような
強い上昇トレンドに乗って行けるとは限らず、
非常に長い上昇トレンドの直後は、
持合い続く場合も多いものです。

 
また、上昇転換と下落転換を何度か繰り返して
足場をより強固に固める可能性もあります。

 
根本的な日本企業の収益環境は
昨年から変わっておらず、
業績は引き続き強く推移していくと思います。

 
このような判断も、
しっかりと抑えるべきポイントを押さえることで
相場の見通し、変化を読み解くことができます。

 
ぜひ、今後の相場にも
注目していきましょう。

 

―戸松信博

 

<編集部のおすすめ>

今までありそうでなかった、
相場の一般教養を学ぶための
専門プログラムが誕生。

名実ともに日本トップクラスの
戸松先生自らが実践し、成果を上げている
株式運用のノウハウを無料で公開します。

今すぐ無料で手に入れる

 
投資の学校・LINE@登録募集中!
LINE@限定の特別なお知らせを配信予定!
ご登録はこちらから

LINE@の詳細をチェックする

最近の投稿



コメントを残す




規約(個人情報の取り扱い)に同意して

個人情報の取り扱いに同意して
小次郎講師ブログ 矢口新ブログ 戸松信博ブログ 平野朋之ブログ 浅野敏郎ブログ もってぃブログ 高橋慶行ブログ スタッフブログ
株式会社ファイナンシャルインテリジェンス
【ご注意ください】 当サイトの提供しているコンテンツの投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。 投資対象や取引の仕組およびリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願い申し上げます。 信用取引、外国為替証拠金取引、株価指数先物取引、株価指数オプション取引、商品先物取引などの保証金・証拠金設定のある投資対象については、 お客様がお預けになった保証金・証拠金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金・証拠金以上の損失が出る可能性がございます。 また外国為替証拠金取引の取引レートには売値と買値に差が生じます。 (※外国為替証拠金取引の取引レートには通貨毎に売付価格と買付価格に差額(スプレッド)があります)

【免責事項】 当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作成しておりますが、 その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、投資知識の学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、 特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。 なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。 当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)は一切の責任を負うことはありませんので、ご了承下さい。 また、当コンテンツのすべての情報について当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)の許可なく転載・掲載することを禁じます。
Copyright   © 投資の学校プレミアム All Rights Reserved.