もってぃのブログ

トレードが実行できない原因は○○

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From:もってぃ

新宿のオフィスから

どうも!こんにちは!
投資の学校スタッフのもってぃです。

 

来週からゴールデンウィークですが、
みなさまは何か予定は決まっていますか?

 

私は人間ドッグを受けようかな~と(・∀・)
20代も後半に差し掛かりましたので、
やはり健康第一ということで、・・・

 

と、思ったら

blog

え~!こんな高いの!?っていう・・・
ちょっと行く気なくしました。笑

どこが良さそうなのかもわからないし。
どなたか情報提供求ム。

 

予測をたててもトレードしなければ意味なし

トレードをするうえで、
今後の予測をたてることはたくさんあると思いますが、
どれだけ素晴らしい予測をたてても、

実際にトレードを実行できなければ意味ないですよね(ㅎ-ㅎ;)
 

実際にトレードをしなければ、
稼ぐことはもちろん、成長もしません。
 

まだ自分のトレードが確立していない状態であれば、
実際の資金で無理にトレードする必要はありませんが、
練習でデモトレードをするにしても、予測をたてて、
相場が予測通り動いてきたら実際にトレードしていかなければ、
上達することは難しいです。
  

今日はトレードを実行できない原因について書き留めておきます。

 

まず、トレードを実行する能力とは

トレードを実行する能力、それは

「恐怖心を持たずにトレードができるか」

“逆に言うと、トレードに対してどれだけ恐怖心を抱いているか“とも言い換えられます。

当たり前のことだと思いますが、
恐怖心は相場が怖いと思う心から生まれます。(そのまんまw)
では、本当に相場とは怖いものなのか。
 
相場とは怖いものなのか。
 
マーク・ダグラス著書『規律とトレーダー』によれば
実際に本当に怖いのは相場ではなく、

“必要なときに必要なことを迷わずに実行できない自分自身である”

とのこと。
 

 
相場と向き合うとき、恐怖心は心の苦痛をもたらす原因になるが、
苦痛とは次にするべきことが分からない状態で、
自分の期待や意図しない結果が起こったときに生まれるんですって。
 

「どのような局面でも適切に行動できるほど自分に対する信頼や自信」
があれば、相場とは恐いものではないということですね。
 

私自身も恐怖心はほとんどありませんが、
エントリー前や含み損があるときではなく、
逆に利益確定時の方が少し恐怖心がありますね。なぜかw
 

恐怖心がもたらす大きな悪影響とは
それは、「まったく行動できなくなること」。
 

絶好のチャンスだとわかっていても、
すぐにそのトレードを実行できなければ、
それは何の利益も生まない。(たしかにです)
 

どのような結果であれ、実際にトレードをすることで、
反省点や気づきがあり、さらには体にしっかり刻み込まれる体験となって
蓄積されていくのです。
  

トレードが実行できない原因は

で、トレードが実行できない主な原因は、
「今まで蓄積されてきた苦いトレード経験故の恐怖心に支配され、
あらゆる局面で適切に行動できるほど自分を信頼できないこと」

にあるそうです(; ・`д・´)

ですが、その支配から解放されれば
トレードが実行できなくなることもなくなるとのこと。
 
いや、そりゃそうだ・ω・`三´・ω・w
  

レードが実行できない原因を解決する方法

本当は、いろいろと解決する方法はあると思うのですが、
本に書いてあったことは、

「利益を蓄積する」
「自分を受け入れること」
「メンタルがうんちゃらなんちゃら」
とか、

正直、曖昧で役に立たなそうなので
わたくし、もってぃー的に、解決する方法を書いておこうかと。
  

もってぃー的な解決方法

とりあえず、
一に検証、二に検証、三・四はデモで、五に実践
大雑把に言うとこんな感じですw
  

結局、何を言ったって
検証と練習を重ねるしかないと思いますo(T△T=T△T)o
どんなにメンタル鍛えたって(どう鍛えるの?w)、
勝てる人のトレード手法学んだって
実際に検証してみて、練習を繰り返さなきゃ恐怖心なんて一生ついてまわるし
いつまでたっても、変なところで勘に頼ったエントリーとか利食いしちゃうんです。
  

あと、どれだけ熟練のトレーダーだって多少なりとも恐怖心はあると思いますし、トレードが上手くいかない時というのは、
恐怖心故のルール破りよって、ルール通り利食いできなくて利益を伸ばせなかったり、無駄な損切りをしてしまう時だと思います。
  

検証や練習の重要性
私の記事ではしつこく言っていることですが、
トレードは技術であり、脳みそを使うスポーツみたいなものです。
 

例えばだけど、スポーツにしてもなんにしても
プロの選手とかの動画を見たり、本を読んだところで
プロ並みのプレイができるわけないと思います。
上手くなった気になることはあるけど笑
  

実際に練習して練習して、自信が持てるところまで技術を昇華させないと
いつまでもメンタルに左右されるし、勝てるプレイはできないですよね(; ・`д・´)
  

トレードでは、なぜだか
・誰かの手法を“ちょっと”試してリアルトレード
・商材でちょっと勉強してリアルトレードして勝ったり負けたり(結局負ける)

って結構多いと思います。(以前の私はそうでした)
 

やはり「少しでも早く稼ぎたい」っていう欲が
勝ちにつながらない思考や行動を生み出してると思います(⊃д⊂)
相場はスポーツよりもイレギュラーが起こりやすい世界かもしれませんが、
自分的には、あまり大差ないと思います。
 

主に突発的なファンダメンタル要因を除けば
相場は過去の値動きと大して変わらないことを繰り返してることのほうが
圧倒的に多いですし、

シンプルに分析すれば優位性のあるトレードチャンスはたくさんあります。
ただ、ギャンブル的に勘に頼ったトレードをしたり、
しっかり検証していないトレードルールでトレードしたり、
ポジポジ病から脱出できないから負けるだけなのかなと!
  

とにかく、まとめますと、

【トレードが実行できない】
検証・練習が足りない+手法のつまみ食いしてる(エントリーする根拠・場所が曖昧)

【解決策】
一つの手法に絞って検証・練習しまくる→デモでも1000通貨でもいいから実際トレードする
 →その手法で勝てるポイント、負けるポイントを徹底的に洗い出す→さらにトレードを重ねて自信をつける
 →優位性のあるトレードが実行できるようになっていく
こんな感じだと思います(●・ω<●)   

<編集部のおすすめ>

すべての投資家が
必ず身に付けなければならない
『相場の教養』を知っていますか?

一流のプロが
相場のどこに注目し、
何を基準に銘柄を選んでいるのか…

それを紐解くためのカギとなる
『相場の教養』のすべてを
戸松先生が無料で公開します。

今すぐ無料で手に入れる

 
投資の学校・LINE@登録募集中!
LINE@限定の特別なお知らせを配信予定!
ご登録はこちらから

LINE@の詳細をチェックする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメント

  1. チャコ より:

    初めまして、株は定年後約10年間投資しましたが、株は上がらないと儲からない、3千社の中から選ぶプロでなければ、到底無理だと分かりました、その点FXは下がっても良し、24時間売買できるし素人にはこちらも法が魅力的です。少額で無理せず取引できます。今、自分自身の方法を見つけ出すために色々勉強しています。今後ともよろしくお願いいたします。

    1. もってぃー投資の学校 より:

      チャコ様

      初めまして。コメントありがとうございます!

      >>10年間投資しましたが、株は上がらないと儲からない、3千社の中から選ぶプロでなければ、到底無理だと分かりました

      これはなんとも言えないところですね(;・∀・)
      確かにFXは下がっても良し、24時間売買できるのは魅力的なのですが、
      24時間チャンスがあるわけではないので注意は必要ですね!

      FXはシンプルであればあるほど勝ちやすいと感じるので、
      多くの勉強よりも、練習が大事だと思います(*’ω’*)

      今後ともよろしくお願いします!

  2. FUMI88 より:

    最近までこの状態に陥ってました。
    そして、同じ方法で回復しつつあります。
    もう1,2か月早くこの情報を得てたらなぁ(笑)

    1. もってぃー投資の学校 より:

      FUMI88様

      コメントありがとうございます!

      そうなのですね!^^
      まだまだ大丈夫ですよ!(^^)!

      回復しつつあるのであれば、
      これからの相場で爆益獲っていきましょう♪

  3. 座 農人 より:

    いつもお綺麗なマダムもっていさん。病院に行くよりスポーツクラブで汗を流すほうが体にヨ。

    1. もってぃー投資の学校 より:

      座 農人様

      綺麗じゃないですが、これから綺麗になる(はずですw)

      確かに、病院行かずに毎日運動してる人の方が健康なイメージだしそう思います(‘◇’)ゞ
      ただ、1回くらいはちゃんと検診しておきたいか・・・w

      病は気からですね(‘ω’)ノ

  4. ナガイ より:

    いつも為になるコメント有難う。
    人間ドックに行かなくて、正解でした。
    ファステングでもやって寝ていた方が、病は治りります。(笑)

    何時も思いますが、チャートが例えば1時間足だけだったらもっと簡単に勝てると思います(笑)
    と言う事は、いかにチャートをフラクタルにシンプルに見る事が出来るかですかね。

    1. もってぃー投資の学校 より:

      ナガイ様

      コメントありがとうございます!

      人間ドック行かない方が良いという方もいれば、そうでない方もいるので判断が難しいですw
      ただ、ファスティングして運動して休んだら病気なくなりそうな気はしますね(*’▽’)

      私の場合、1時間足を見るときは4時間足、日足も見たいところですね(笑)
      チャートをフラクタクルにシンプルに見るのは最も重要、かつ簡単に勝てる方法だと思いますね^^

  5. トーサン より:

    もっていさんいつも私にとって大事なお話ありがとうございます。
    一つつまらないことをお聞してよろしいでしょうか、よく言われていることの一つで、
    利確するとき、「頭と尻尾はくれてやれ」と言いますが、これは。
    負け惜しみを言っているように思うのですが、わたしは、
    残念でしょうがないのですが…。どうでしょうか?

    1. もってぃー投資の学校 より:

      トーサン様

      コメントありがとうございます!

      「頭と尻尾はくれてやれ」は見ている時間足やトレード方法によりますが、
      重要ですね。

      私の場合は、1時間足のトレンドに乗りたいので、
      トレンド発生の初動(頭)からは入らず、しっかりトレンド形成されてから入ります!
      利食いもトレンドの最後(尻尾)までは追わずに、獲れる範囲で何度か獲りますね(‘ω’)ノ

      頭から尻尾まで狙うということは短期トレードの場合、リスクも上がります(*’ω’*)

  6. より:

    468,000円Σ(゚Д゚)、194,400円(ーー;)
    どれだけセレブなのよ!!
    普通のリーマンは
    ↓日本予防医学協会
    https://www.jpm1960.org/hp/hp03.html
    のような所に予約とって、昨晩から絶食して待たされて、並んで血とられてあっちいけ、こっちいけと指示されて最後に下剤貰って、実費でささやかなランチとって帰るのよ。
    実費は保険組合の補助があるので千円ちょっと…34歳までは胃のレントゲンは免除。
    いけいけとうるさいのは病気になって保険組合から多額の拠出金を出したくないから
    私の為を思ってでないことをかなり前に悟ったわ(ノД`)・゜・。

    トレードは一に練習二に練習(。-`ω-)
    そうすると憧れのゾーン(無我の境地)に達することができるような気がする。。。

    1. より:

      実費がかぶった。。。千円ちょっとは検診代

    2. もってぃー投資の学校 より:

      襁様

      セレブじゃないわよww
      さすがに行けないわ(;・∀・)

      サラリーマンも世知辛いわよね・・・

      まだまだ私も無我の境地ではないので、
      あと10年分くらいは練習したいとこですわ(; ・`д・´)

コメントを残す

*

CAPTCHA