「誰に伝えるのか」考える

From 投資の学校事務局

自宅のパソコンより……

こんにちは。
投資の学校事務局の菊地です。

いよいよゴールデンウィークに入りましたが、
皆様、いかがお過ごしですか?

私は前半は仕事、
後半はプライベートを満喫します。
(餃子パーティーもやりますよ!)

はしかが大流行している、
という話もありますので、
体調に気を付けて、
皆様満喫してくださいね。

本題に入ります。

私は仕事で文章を書く機会が本当に多いのですが、
「誰に向けて書いているのか、考えるように」
というアドバイスは非常によく聞きます。

いい文章だったとしても、
相手に伝わらなければ、
意味がないのです。

どこかで同じようなことを聞いた……
と自分の記憶をたどると、
大学時代の個別指導塾でのアルバイトに行きつきました。

いわゆる「トップ校」を目指す生徒さんから、
勉強が苦手で本当に困っている生徒さんまで、
色々と携わらせていただいたのですが、
やはり、「その子の状況にあった教え方を」
とは言われ続けてきたのです。

私の場合、
勉強で苦労したことはなかったので、
最初のうちは「なんで、これがわからないんだ?」
と思うことも多かったです。
(傲慢な書き方ですみません。)

やはり、
そういう気持ちは授業に出るもので、
「あなたの授業は難しすぎる、と言われた」
と塾長にお叱りもよく受けました……。

「誰に向けて話すのか、考えるように」
と言いたかったらしいです。

でも、「こうすれば伝わるかな」
と考えることで、だいぶ伝わるようになると、
お叱りの件数も減ってきました。

何が言いたいのかというと、
「誰に向けて伝えるのか」
を考えるところから、
文章や授業の質は決まっているのかもしれない、
ということです。

文章を書いたり、
授業をお届けしたり、
という仕事が業務の大半を占める会社にいる以上、
そのことを常に意識しようと思います。

ここまでお読みくださり、
ありがとうございました。

本日も皆様にとって、
素敵な一日でありますように。

<編集部のおすすめ>

すべての投資家が
必ず身に付けなければならない
『相場の教養』を知っていますか?

一流のプロが
相場のどこに注目し、
何を基準に銘柄を選んでいるのか…

それを紐解くためのカギとなる
『相場の教養』のすべてを
戸松先生が無料で公開します。

今すぐ無料で手に入れる

 
投資の学校・LINE@登録募集中!
LINE@限定の特別なお知らせを配信予定!
ご登録はこちらから

LINE@の詳細をチェックする

最近の投稿



2 thoughts on “「誰に伝えるのか」考える

  1. 宙船

    「勉強で苦労したことがなかった」( ;∀;)羨ましい。
    確かに、相手に自分の考えを伝えるのは難しいですね。
    理解力は成育環境に起因する所が多いですから。

    >「誰に向けて伝えるのか」
    >を考えるところから、
    >文章や授業の質は決まっているのかもしれない、

    分からない人は分からなくてもいいように思う。
    多分、永遠に分からない。
    感性の近い人が反応する。
    それなりの人はそれなりのニーズの所に流れていく。
    菊池さんが発するメッセージで呼応する人だけが集まってくる。
    そこで選別がされる。ネットの時代だからそれも有かと。

    返信
    1. 事務局事務局 投稿作成者

      返信遅くなり申し訳ありません。
      勉強には苦労しなかったけど、
      仕事ではわたわたしまくっている、
      菊地です(;^_^A

      勇気の出る言葉、
      ありがとうございます。

      こちらのブログは、
      「菊地の人柄を出してもいい」
      文章なので、
      感性の近い方が興味を
      持ってくださるのかもしれません。

      全ての人にいいと思って
      もらえる文章は到底書けませんが、
      「菊地さんの文章が好き」
      という言葉をいただけると、
      確かにうれしいですね……。

      「少しでもいいものを作る」
      という姿勢でこれからもいきます。

      いつもありがとうございます!
      今日も、宙船様とって素敵な一日でありますように。

      返信

コメントを残す




規約(個人情報の取り扱い)に同意して

個人情報の取り扱いに同意して
小次郎講師ブログ 矢口新ブログ 戸松信博ブログ 平野朋之ブログ 浅野敏郎ブログ もってぃブログ 高橋慶行ブログ スタッフブログ
株式会社ファイナンシャルインテリジェンス
【ご注意ください】 当サイトの提供しているコンテンツの投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。 投資対象や取引の仕組およびリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願い申し上げます。 信用取引、外国為替証拠金取引、株価指数先物取引、株価指数オプション取引、商品先物取引などの保証金・証拠金設定のある投資対象については、 お客様がお預けになった保証金・証拠金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金・証拠金以上の損失が出る可能性がございます。 また外国為替証拠金取引の取引レートには売値と買値に差が生じます。 (※外国為替証拠金取引の取引レートには通貨毎に売付価格と買付価格に差額(スプレッド)があります)

【免責事項】 当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作成しておりますが、 その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、投資知識の学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、 特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。 なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。 当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)は一切の責任を負うことはありませんので、ご了承下さい。 また、当コンテンツのすべての情報について当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)の許可なく転載・掲載することを禁じます。
Copyright   © 投資の学校プレミアム All Rights Reserved.