GWはご用心!…4月のドル円相場アノマリー

浅野敏郎

「投資の学校」浅野 敏郎
From 自宅のトレードデスクより

 
2018年は年初からドル安圧力が強まり、
113円前後から3月終盤までには104.60円前後へと
ドル円相場が下落しました。

ドルが利上げ基調へと本格的に舵を切ったにも関わらず、
金利差などどこへやら、9円近い下落となり、
皆が首をかしげる期間がおよそ四半期続きました。

 
アノマリーとは、
直接には政治的経済的要因がなくても、
統計的に上がりやすい、下がりやすい傾向が
時期的に存在する現象を指すもので、

アメリカ経済がまだ、世界を強力にけん引していた昔、
有名な「セル イン メイ(Sell in May)」
という格言ともいうべき一種のアノマリーが存在していました。

4月のアノマリーは、私の記憶が正しければ、
「円安相場」だったと記憶しています。

 
 
おはようございます。
今週も早や金曜日がやって参りました。

そして本日のブログが私の4月最後の記事となり、
その後はいよいよGW突入です。
1日2日とお休みを取れば9連休が可能ということもあり、
皆様の中にも9連休を海外で満喫される予定…
という羨ましい方もきっとおいでなのでしょう。

 
 
さて、今年の4月反発に関しては、
「3月までの下落が不自然だっただけで、
いまの反発はその動きを正すものだ…」
という声も聞こえてきそうですが、

ここまでくるとそろそろ、
コメンテイターたちによる様々な理由探しが
活発になってくるでしょう。

 
①北朝鮮問題の軟化
②IMMのドルロング手仕舞いが終わり、売り手が消えた
③米ドルのインフレ懸念が良い解釈に変わった
④財政年度末の資金還流が終わり新規投資が始まった

などなど、
きっとどれも間違いではないと思います。

 
本当の理由などあってないのかも知れませんが、
一説によれば今年に限っては「北」の仕掛け
という声もありますね。

態度を硬直させる前に、円買いを仕掛け、
軟化させる前に円を売り戻せば、
これだけ世界の目が「北」に集まっているわけですから、
市場も反応せざるを得ません。
確かに、一番簡単なインサイダーだったかもしれませんね。

 
ただ、2008年以降10年間の4月終盤相場を実際に調べてみると、
うち5回は確かに、
5月上旬にかけて一時的にしろ円安に動いていました。

とすると、
①②③は理由として消え、
④番辺りが本当の理由である可能性が見えてきました。

 
加えてこの時期、
毎年共通して言える事実としては、まさに日本のGWがあり、
企業のドル手当ての前倒しや、邦人の海外旅行による外貨買い
などが重なって4月末は円売り需要が高まる…
と昔は言われていました。

 
またこれまで暫くの間、日米共に低金利時代が続き
ドルと円との金利差という話題は忘れ去られていましたが、

ここへきてドル金利が急激に上げていることから、
そろそろスワップを目的としたドル買いも視野に入ります。

 
特にGWをまたぐ場合、
GW初日の2日前までにドルを買っておけば、
スワップだけでも数日分が入ってくることになり、
取引額によってはそれなりの収益になります。

本来であれば、GWをキャリーしなければ、
その金利差はもらえませんが、
リスクを取りたくなければ、こうしたドル買いを先に見込んで買い、
金曜日のうちに手仕舞って価格差だけを狙うことも
充分に可能です。

 
 
個人的に今年の今週の急騰は特に、
実はスワップ狙い、もしくはその動きを見込んだ仕掛けによるもの
である可能性が非常に高いと思っています。

だとすると、
今日はその金曜日なりますから、
本日または1日のNY市場後半あたりで、
強めに反落する展開にはどうかご注意を!

では、素晴らしいGWをお過ごしください!

 
 
浅野敏郎

<<編集部よりおススメ>>

—–【今だけ無料公開】—–

「いかにリスクヘッジをするか」という大前提のもと
矢口新 先生が実践している、

1日たった10分、少額資金でもできる、
株式投資で安定収入を得るための運用方法が
ここにあります。

本来、2,980円のビデオ講義で提供している内容を
今だけ、『無料公開』します。

今すぐ詳細をチェック

 
◇◆◇投資の学校・LINE@登録募集◇◆◇

LINE@限定の特別なお知らせを配信中!
ご登録はこちらから

 

最近の投稿



One thought on “GWはご用心!…4月のドル円相場アノマリー

  1. 乾坤一擲

    ( ;∀;)あっという間にGWに突入し、
    都市部の駅ではスーツケースゴロゴロ俗に席捲されています。
    あ~歩きにくい。

    私的には30日が祝日だとは、すっかり見落としてました((+_+))
    (すると、奴らは学びや勤労の場に行かず家にいるのか(ノД`)・゜・。)
    取り敢えず、今日に追い付いていない状況なので、
    もっと将来の目を俯瞰する余裕をもたなければ、と自戒しております

    返信

コメントを残す




規約(個人情報の取り扱い)に同意して

個人情報の取り扱いに同意して
小次郎講師ブログ 矢口新ブログ 戸松信博ブログ 平野朋之ブログ 浅野敏郎ブログ もってぃブログ 高橋慶行ブログ スタッフブログ
株式会社ファイナンシャルインテリジェンス
【ご注意ください】 当サイトの提供しているコンテンツの投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。 投資対象や取引の仕組およびリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願い申し上げます。 信用取引、外国為替証拠金取引、株価指数先物取引、株価指数オプション取引、商品先物取引などの保証金・証拠金設定のある投資対象については、 お客様がお預けになった保証金・証拠金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金・証拠金以上の損失が出る可能性がございます。 また外国為替証拠金取引の取引レートには売値と買値に差が生じます。 (※外国為替証拠金取引の取引レートには通貨毎に売付価格と買付価格に差額(スプレッド)があります)

【免責事項】 当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作成しておりますが、 その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、投資知識の学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、 特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。 なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。 当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)は一切の責任を負うことはありませんので、ご了承下さい。 また、当コンテンツのすべての情報について当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)の許可なく転載・掲載することを禁じます。
Copyright   © 投資の学校プレミアム All Rights Reserved.