戸松信博のブログ

【お知らせ付】ゴールデンウィーク真っ只中の日本市場

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From:戸松信博
自宅デスクより、、、

 
おはようございます。
戸松信博です。

 
今日から5月になりましたが、
日本では先月28日からゴールデンウィークに突入しましたね。

 
今日、明日はお仕事、
という方が多いかもしれませんが、
日本市場も、今週は1日、2日の2日間は
通常通りに株売買ができます。

 
この2日間が終わると、
6日まで4日間お休みになりますので、
この2日間の相場状況は気になるところです。

 
というのも、
日本市場は前週まで5週続伸を記録しており、
この2日間で6週続伸となれるか注目が集まります。

 
そこで、
今日は緩やかではありますが
上昇基調にある日本市場を振り返り、
今後の見通しについてお話したいと思います。

 

日本株は緩やかに5週続伸、今後の注目ポイントは?

 
shisei_man_good

 
決算発表シーズンに入った日本市場は、
緩やかな上昇基調を続け、
先週も306円上昇して5週続伸となりました。

 
個別には、東京エレクトロンなど
好決算を素直に好感して大幅高になるもの、

 
スマホ需要減速で予想以下の
今期予想となったファナックの大幅安など、
強弱入り混じりますが、基本的には109円台にまで
急速に戻った円安をベースに底堅く推移しています。

 
引き続き弱い米国市場との連動性は薄れており、
23日(月)は前営業日のダウが▼204ドル安も、
寄り直後に日経平均はプラスに浮上、

 
25日(水)もダウ▼424ドルの
大幅安のわりに日経平均は▼62円安程度で
高値引けするなどしています。

 
相場は落ち着いており、
2月は多くの日で一日の値幅が
500円~1000円以上ともなっていましたが、

 
4月は殆どの日が100円台の値幅に収まり、
ボラティリティーは劇的に低下しています。

 
もう一つは出来高と価格の組み合わせの変化で、
1月半ばから相場下落に先行して出来高増して
大きく下げる日が連発していましたが、
4月3日を最後にそのような日はなくなりました。

 
反対に出来高増して大きく上昇した日が
6度も出現しており、相場の色は確実に変わっています。

 
ただ、相場の回復力は非常に緩慢で、
全く企業業績を反映した価格になっていない
ところが気になる点です。

 
日経平均は24,129円の高値をつけた1月23日から、
わずか10営業日ほどで21,078円まで急落しました。
短期間での大幅安は強い売り圧力を示します。

 
それから3月終盤まで緩く反発しては
大きく下げ返して安値更新という、
底値の切り下げが続きました。

 
ようやく3月26日の安値20,347円で底打つと、
ここまで+2,120円上昇し、
安値までの下げ幅3,782円に対して、
56%上げ戻したに過ぎません。

 
底値から1ヶ月も要して、
ごく緩やかに上昇してきたに過ぎず、
買いの力は強くありません。

 
なみに昨年は長い不調を経て、
9月中盤から9週続伸まで伸びましたが、
7週目くらいから上げ幅が加速されて行きました。

 
時期的には「セルインメイ」という
相場軟調となりやすい時期に入りますが、
企業業績に対する反応を見ながら、

 
連休明けにさらに攻められる状況になるか
どうか判断して行きたいと思います。

 

さて、
今日のブログはこれで終わりになりますが、
最後にお知らせがあります。

 
今、投資の学校さんで
日本株攻略に特化した無料メール講座をやっています。

 
全6ステップのメール講座で
私なりの日本株攻略のカギをお伝えしていくので、
よかったら詳細をご覧になってみてください。

詳細はこちらから

 

それでは、
また来週お会いしましょう!

 

―戸松信博

 

<編集部のおすすめ>

【全6回の無料メール講座】
投資業界の第一線で活躍し続ける
戸松先生の日本株投資のエッセンスを
ぎゅっと詰め込んだ、無料メール講座ができました。

今回限りのスペシャル特典がありますので、
ぜひこの機会を見逃さずに、ご参加くださいませ。

今すぐ詳細をチェック

 
投資の学校・LINE@登録募集中!
LINE@限定の特別なお知らせを配信予定!
ご登録はこちらから

LINE@の詳細をチェックする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメント

  1. 一般投資家25年以上 より:

    1991年頃から株式投資を始めました。2008年のリーマンショックで随分ひどいめに会いました。傷だらけの株25年以上ですがこれほで高度なファンダメンタル分析を詳しく惜しみなく丁寧に解説されるのは戸松先生だけと思います。入ってくるメールも戸松先生からのものは必ず目を通します。すべてを吸収することはできませんが引き続き学んで参ります。戸松先生がおっしゃるとおりテクニカル分析もまじえて投資の総合力が上昇すればと考えております。

    1. 信博戸松 より:

      一般投資家25年以上 さん

      コメントありがとうございます。

      長期的に投資で収益を上げていくには、
      コレだけ知っていればいい、ということはなく、
      総合的な知識、技術が必要になります。
      そのために役立つお話をこれからもしていきますので、
      引き続き宜しくお願いします!

コメントを残す

*

CAPTCHA