4月の雇用統計の結果と今後の相場見通し

From:戸松信博

 
おはようございます。
戸松信博です。

 
さて、
昨日はゴールデンウィーク明けの相場でしたが、
日経平均は小幅の続落となりました。

 
日本がゴールデンウィーク真っ只中の時に、
米国では重要経済指標の一つでもある、
米雇用統計が発表されました。

 
市場予想よりも弱い内容だったことで
米国株は上昇したものの、
為替がドル安・円高に振れたことが要因の一つと考えられます。

 
そして今日のブログでは、
4月の米雇用統計の結果と、

 
この結果を受けての、
米国市場の見通しについて
お話したいと思います。

 

ピークアウトやリセッションを意識するのはまだ先

 
shisei_man_good

 
4月の米雇用統計は、
市場予想を下回る16.4万人の増加だったものの、
2月、3月分の速報値が上方修正され、
十分強い数字で推移を続けています。

 
そして失業率は6ヶ月連続して
4.1%だったところから、
一気に3.9%へと低下し、
2000年以来17年ぶりの水準となりました。

 
すでに実質的には
完全雇用の状態にありましたが、
一段と労働市場の需給環境は逼迫してきている様子です。

 
賃金も緩やかながら上昇を続けています。
物価も緩やかな上昇傾向にあり、
好調な企業決算とも相まって、

 
FRBの利上げ路線を
正当化できる環境にあると思います。

 
市場では長年続いた
好景気サイクルがピークアウト(頂点に達し、減少に転じること)し、
FRBの行き過ぎた利上げによって、

 
経済が締め上げられるとの懸念も一部に出ており、
株価の上昇を阻んでいる節もあります。

 
ISM協会発表の景況感指数も、
3月・4月と連続して低下し、
市場予想も下回りました。

 
しかしまだ十分高い数値であり、
足元で緩んでいるというより、
2月までにこれ以上伸びようのない
レベルに達していただけです。

 
労働市場もトランプ政権の政策効果や
エネルギー価格の上昇によって、
一段の改善がまだ見られているところであり、

 
マイナスに転じるような
リセッションの兆しは全く見られません。

 
上の長期グラフを見ても、
株価こそ足元で大きく下がっているものの、
雇用の増加ペースは至って健全です。

 
2007年に株価が天井を打った時は、
すでに労働市場が崩れを見せていました。
ピークアウトやリセッション(景気後退)を意識するのは
まだ先で良いと見ています。 

 

日本では長期休暇でしたが、
その間に世界市場は動いており、
今回は重要経済指標の一つでもある
米雇用統計がありました。

 
休む時にはしっかりと休み、
リフレッシュすることはもちろん大切ですが、

 
相場の鍵となるようなニュースだけは、
しっかりとキャッチできるように
心掛けていくと良いでしょう。

 
それでは、
また来週お会いしましょう。

 

―戸松信博

 

<編集部のおすすめ>

「勝てる投資家」が持っていて
「勝てない投資家」が持っていないもの。

それはズバリ、
相場の流れを読み解く力です。

では一体、
どうやってその力を身に付ければよいのか?

もしあなたが、
最短距離で相場の流れを読み解く力を身に付けたいのなら、
この無料講座をお試しください。

今すぐ無料で手に入れる

 
投資の学校・LINE@登録募集中!
LINE@限定の特別なお知らせを配信予定!
ご登録はこちらから

LINE@の詳細をチェックする

最近の投稿



2 thoughts on “4月の雇用統計の結果と今後の相場見通し

  1. 平峯一郎

    近時、相場のながれを興味深く拝読しています。
    私自身の問題は、そのながれが個々の銘柄にどのように影響するのかも
    考えながら、もっと広く、深く探求するように努力します。

    返信
    1. 信博戸松信博戸松 投稿作成者

      平峯 様

      コメントありがとうございます^^

      ご自身で相場を読み解けるように
      努力されているのは、とても素晴らしいことだと思います!
      ブログでもお役に立てるお話をしていきたいと思いますので、
      引き続きよろしくお願いします!

      返信

コメントを残す




規約(個人情報の取り扱い)に同意して

個人情報の取り扱いに同意して
小次郎講師ブログ 矢口新ブログ 戸松信博ブログ 平野朋之ブログ 浅野敏郎ブログ もってぃブログ 高橋慶行ブログ スタッフブログ
株式会社ファイナンシャルインテリジェンス
【ご注意ください】 当サイトの提供しているコンテンツの投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。 投資対象や取引の仕組およびリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願い申し上げます。 信用取引、外国為替証拠金取引、株価指数先物取引、株価指数オプション取引、商品先物取引などの保証金・証拠金設定のある投資対象については、 お客様がお預けになった保証金・証拠金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金・証拠金以上の損失が出る可能性がございます。 また外国為替証拠金取引の取引レートには売値と買値に差が生じます。 (※外国為替証拠金取引の取引レートには通貨毎に売付価格と買付価格に差額(スプレッド)があります)

【免責事項】 当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作成しておりますが、 その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、投資知識の学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、 特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。 なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。 当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)は一切の責任を負うことはありませんので、ご了承下さい。 また、当コンテンツのすべての情報について当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)の許可なく転載・掲載することを禁じます。
Copyright   © 投資の学校プレミアム All Rights Reserved.