テクニカル分析に使われないこと

From:高橋慶行

 
投資をするにあたって、
テクニカル分析を用いて売買をする投資家は沢山いますが、
正しいテクニカル分析の使用法を知っている投資家は、

 
残念ながら、あまり多くはなく、
正しいテクニカル分析を知らずして、
テクニカル分析頼み、ツール頼みで繰り返し売買をし、
損失を広げてしまう人が今、とても増えています。

 
安定して利益を出すという目標に向かって、
投資家がテクニカル分析を使用するという場合、
頭に入れておかなければならないことは、

 
テクニカル分析は万能薬ではないということです。
そして、相場の全てに答えが出せるとうことすら、
幻想だということを理解しないとなりません。

 
テクニカル分析の能力をいくら高めても、
テクニカル分析の知識をいくら豊富にしても、
優位性のある判断がつかないことがありますが、
そういう時は、トレードをしないに限ります。

 
判断がつかないところというのは、他の投資家も迷い、
それが値動きに現れているということだからです。
そういう意味においては、テクニカル分析はとても有効だとは言えます。

 
エントリーポイントを沢山見つけ出そうとすると、
どんどんテクニカル分析を勉強しようとすることになりますが、

 
これが度を超えると、相場というものは
テクニカル分析によって動いているように錯覚することがありますが、
これはとても危険なことです。

 
なぜなら、相場というものは値動きがあって、
そこから初めて、各種テクニカル指標が決定されていくからです。

 
大切なことは「今、相場がどんな状態を示しているのか」
ということを知ることであり、
分からないながらも、知ろうとする姿勢です。

 
値動きを見ているだけでは、相場が今どんな状態にあり、
「この後、上がる方向に優位性があるのか」
「この後、下がる方向に優位性があるのか」、

 
それが分かりにくいので、それを把握するために、
テクニカル分析というツールを使うのだ、
というくらいがちょうど良く

 
そして、
それでも分からない時は
「トレードしない」というくらいが適切なのだと思います。

 
投資においてももちろん、
投資以外のことも置いても同じですが、
私たちの周りには日々、優れたツールが溢れています。

 
ですが、
ツールに使われ自分を見失うことには気を付け、
有意義な成果を手に入れていきたいものです。

 

<編集部のおすすめ>

あなたが、トレンドの発生と終了を見極めて
継続性のあるトレンドに乗って利益を出したいなら、
小次郎講師のチャート分析の極意を学んでみてはいかがですか?

・トレンドの発生をいち早く見抜き
一足早く仕掛けるポイント

・トレンドの終了を的確に見極めて
狙い通りの利益を取り切る判断方法

・トレンドの継続性を読み解き、
 トレンドの波に乗って稼ぐトレード方法

などなど、これらのことは
得られるもののほんの一部です。

こちらをクリックしてください

投資の学校・LINE@登録募集中!
LINE@限定の特別なお知らせを配信予定!
ご登録はこちらから

https://toushi-gp.jp/line

最近の投稿

  • 堅実に利益を積み上げる投資の方針
    仕事柄、プロの投資家に 「投資はギャンブルでしょうか?」という 質問を投げかけた回数は もう数えきれないほどの回数なのですが、 誰一人として「投資は
  • テクニカル分析に使われないこと
    From:高橋慶行 投資をするにあたって、 テクニカル分析を用いて売買をする投資家は沢山いますが、 正しいテクニカル分析の使用法を知っている投資家
  • 【盲点】新規注文をしてはいけない時
    From:高橋慶行 4月18日は誕生日です。 写真は、 平野朋之先生とのセミナーの後、 懇親会の際、サプライズで お祝いいただいたときの写真で


テクニカル分析に使われないこと」への1件のフィードバック

  1. 日本カエルの会 トレジャー(トレーダー)ハンター会

    無いと言われても探して見たい♪聖杯、賢者の石、クリスタルスカル…

    ( *`ω´)道具に使われずに道具を使いこなそうということなのですね。
    言ってしまうと生易しく感じますがやはり経験値の必要性を感じます。

    返信

コメントを残す




規約(個人情報の取り扱い)に同意して

個人情報の取り扱いに同意して
小次郎講師ブログ 矢口新ブログ 戸松信博ブログ 平野朋之ブログ 浅野敏郎ブログ もってぃブログ 高橋慶行ブログ スタッフブログ
株式会社ファイナンシャルインテリジェンス
【ご注意ください】 当サイトの提供しているコンテンツの投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。 投資対象や取引の仕組およびリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願い申し上げます。 信用取引、外国為替証拠金取引、株価指数先物取引、株価指数オプション取引、商品先物取引などの保証金・証拠金設定のある投資対象については、 お客様がお預けになった保証金・証拠金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金・証拠金以上の損失が出る可能性がございます。 また外国為替証拠金取引の取引レートには売値と買値に差が生じます。 (※外国為替証拠金取引の取引レートには通貨毎に売付価格と買付価格に差額(スプレッド)があります)

【免責事項】 当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作成しておりますが、 その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、投資知識の学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、 特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。 なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。 当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)は一切の責任を負うことはありませんので、ご了承下さい。 また、当コンテンツのすべての情報について当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)の許可なく転載・掲載することを禁じます。
Copyright   © 投資の学校プレミアム All Rights Reserved.