米中の通商バトルの行く末…

From:戸松信博
自宅デスクより、、、

 
おはようございます。
戸松信博です。

 
今日は、直近の相場で注目のトピックである、
「米中貿易摩擦」についてお話していきたいと思います。

 
事の始まりは、6月15日に、米トランプ政権が
中国による知的財産権侵害に対抗するとして、
中国からの輸入500億ドル分に対して25%の制裁関税を課すこと。

 
さらに課税は2段階に分けて行い、
まず7月6日には818品目(輸入340億ドル分)に課税し、
284品目(輸入160億ドル分)については
関係者からのヒアリングを経て今後決めるとしました。

 
それに対して中国の商務省も直ちに反応し、
アメリカが7月6日に課税を始めたら、
すぐさまアメリカからの輸入340億ドル分に対して
25%の報復課税を行い、160億ドル分の輸入に対しても
アメリカが課税したら報復すると言っています。

 
するとさらにトランプ大統領はこれに反応し、
中国から輸入2000億ドル分に
10%の追加関税を課するのだといって、
米通商代表部(USTR)にどの品目に課税するか検討を指示しました。

 
そうなると中国もそれに見合った報復をする可能性があるが、
中国のアメリカからの輸入は1300億ドルほどにすぎないので、
輸入以外に、例えばアメリカ企業の中国での事業に対する
報復をするのではないかと推測がありますが、

 
実際に先週のダウ、中国株がどのように推移したのか、
そして今後どのような見通しを私が立てているかを
お話していきますので、ぜひ最後までお読みください(^^♪

 

NYダウ・中国株の下落目立つ

 
shisei_man_good

 
米中の通商バトルによって下げているのはダウと中国株ですが、
中国株のダメージはダウ以上に深刻で、
本土A株市場の上海総合指数は3,000ポイントの大台から
大きく下に突っ込み、2年来の安値を付けました。

 
そして、中国市場で信用取引における買い残高が急減しており、
安値に耐えかねた狼狽売りや強制決済が一気に起きている様子です。
中国政府は証券会社に対して監視を強め、
強制的な信用売り決済を控えるよう通達を出すなど市場介入をはじめ、
かなりうろたえてきている様子もあります。

 
中国政府の市場への介入で思い出されるのは、
2015年夏に起きたギリシャショック(7月)から
中国バブル崩壊懸念(8月)へと続いた世界同時株安局面です。

 
この時も今の貿易戦争と同じように、
多くの懸念がヘッドラインニュースを埋め尽くし、
まことしやかに暴落や恐慌シナリオが解説され、
実際、株式市場は大きく下がりもしました。

 
しかし、この懸念も本物でなく、
単なる売り崩しを狙った投機が爆発したものであり、
その後世界相場は急速に回復して
高値から一段高へと伸び上がってきました。

 
今回も夏場特有の相場の癖として、
貿易戦争をターゲットにした売り投機により、
一時的に下がる恐れはあるものの、秋以降には本来の良好な
ファンダメンタルズに従って立ち直ると楽観しています。

 
今は交渉のテーブルで様々な強硬策が提示されていますが、
最終的に米中が世界経済を失速させ、
自国の消費者と企業を混乱させ、その不満が政権へ帰ってくるような
選択肢を行使するとは思いません。

 
米国はまだかなり余裕あることからバトルの構えを続けていますが、
中国は株価の下落に耐え切れなくなりつつあり、
中国サイドからの強硬論は出にくくなっている様子も感じます。

 
余裕がなくなり真剣になったところでチキンレースは終わり、
米国もまともに対応して決着を迎えると思います。

 
両国トップの言動、行動には
引き続き注意が必要な状況ですので、
しっかりとウォッチしていきましょう。

 
それでは、また来週お会いしましょう!

 
-戸松信博

 

<編集部のおすすめ>

プロは新鮮な情報を正確に手に入れ、
それを収益に効率的に繋げて、一般投資家に有益な情報を
確実に提供するために、有料のプロ向けツールをよく使っています。

しかし、そんなプロ向けツールと比較して、、

・必要な機能が十分備わっていて、
・人の手では不可能は銘柄分析ができて、
・シンプルで使いやすくて、
・スマートフォンでも操作できて、
・何よりも無料で使える…

そんな便利なツールを手に入れ、
そのツールを使った、効率的に手堅く利益を狙う
トレード手法も手に入れたいなら、
今すぐここから詳細をチェックしてください

 
投資の学校・LINE@登録募集中!
LINE@限定の特別なお知らせを配信予定!
ご登録はこちらから

LINE@の詳細をチェックする

最近の投稿



One thought on “米中の通商バトルの行く末…

  1. 平峯一郎

    米中の貿易(関税)が緊迫しているように思われますが、
    戸松先生のメールを拝読し、安心感感が湧いてきました。
    有難うございましたございました。

    返信

コメントを残す




規約(個人情報の取り扱い)に同意して

個人情報の取り扱いに同意して
小次郎講師ブログ 矢口新ブログ 戸松信博ブログ 平野朋之ブログ 浅野敏郎ブログ もってぃブログ 高橋慶行ブログ スタッフブログ
株式会社ファイナンシャルインテリジェンス
【ご注意ください】 当サイトの提供しているコンテンツの投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。 投資対象や取引の仕組およびリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願い申し上げます。 信用取引、外国為替証拠金取引、株価指数先物取引、株価指数オプション取引、商品先物取引などの保証金・証拠金設定のある投資対象については、 お客様がお預けになった保証金・証拠金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金・証拠金以上の損失が出る可能性がございます。 また外国為替証拠金取引の取引レートには売値と買値に差が生じます。 (※外国為替証拠金取引の取引レートには通貨毎に売付価格と買付価格に差額(スプレッド)があります)

【免責事項】 当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作成しておりますが、 その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、投資知識の学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、 特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。 なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。 当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)は一切の責任を負うことはありませんので、ご了承下さい。 また、当コンテンツのすべての情報について当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)の許可なく転載・掲載することを禁じます。
Copyright   © 投資の学校プレミアム All Rights Reserved.