矢口新のブログ

才能をほめるより、努力をほめよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From 矢口新

自宅のトレーディングルームより……

こんにちは。
矢口新です。

ヨーロッパでも40度越えの場所がたくさん出てくるなど、
異常な気象が続いているようです。

日本でも異常な暑さは続いているので、
高校野球で活躍する選手たちを見ていると、
「頑張ってほしいけど、熱中症とか大丈夫かな……」
と思ってしまいます。

外出する機会が多い方は、
特に熱中症や脱水症状にお気を付けください。

そろそろ本題に入りましょう。

投資や野球に限らず、
世の中の様々なことにいえることですが、

「うまくいくのは、才能があるからだ」
「努力しても、才能がなければ、うまくいかない」
と言われるのは、珍しくありません。

これって、本当なんでしょうか。

はっきりとした正解は申し上げられませんが、
私の考えに近い結果を示した実験があったので、
紹介しましょう。

アメリカの心理学者二人が、
ニューヨーク市内の学校でこのような実験を行いました。

  1. 5年生400人あまりに、比較的やさしいパズルを課題として与えた。
  2. 課題が終わってから、生徒たちに点数を教え、簡単な言葉でほめた。
  3. ほめるときに、半分の生徒には「頭がいいね」と彼らの知性をほめた。
  4. 残りの半分には「一生懸命やったね」と彼らの努力をほめた。
  5. 次に「最初のものより難しいけど、やれば勉強になる」というパズルと、
    「最初のものと同じくらいの難易度」のパズルを与えた。

ここまで読んでいただいたあなたに質問です。
「努力をほめられた子」と「知性=才能をほめられた子」はどんな行動をしたと思いますか?

簡単にまとめると

  • 努力をほめられた子:「最初のものより難しいけど、やれば勉強になる」パズルを選ぶ
  • 才能をほめられた子:「最初のものと同じくらいの難易度」パズルを選ぶ

という結果になったのです。

何でこんな結果になるのか、
私なりの見解をお話させてください。

違いを一言でいえば、

「努力をほめられた子は、チャレンジすることに喜びを見出すが、
才能をほめられた子は、自分を賢く見せることにこだわり、
チャレンジするのをしり込みするようになる」

ということです。

確かに、
才能があること自体は悪くありません。

しかし、
才能があったとしても、
チャレンジを怠ってしまったら、
その才能を発揮できるチャンスも結局は逃してしまうのです。

だからこそ、
努力すること、つまり、チャレンジすることに
喜びを見出すことを、誰にでも大事にしていただきたく思います。

<編集部のおすすめ>

投資で成果を上げられるようになるためには、
合理的なやり方を学び、
それを続けることー

「伝説」「プロ中のプロ」と呼ばれる
ディーラーの考えは、
きわめてシンプルです。

シンプルだからこそ奥が深い、
ディーラーの叡智を学べるチャンスをご案内します。

こちらからご覧ください

 
◇◆◇投資の学校・LINE@登録募集中!◇◆◇

LINE@限定の特別なお知らせを配信予定!
ご登録はこちらから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA