平野朋之のブログ

ローソク足が基本

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From:平野朋之
横浜のオフィスより、、、

 
おはようございます。

 
先週はインジケーターのお話を簡単にお伝えしましたが、
内容は覚えて頂けましたか?

 
インジケーターを知る上での入口として2つ覚えて頂くことでしたが、

 
移動平均線(Moving Average)やボリンジャーバンド(Bollinger Bands)の
トレンド系、

 
MACDやストキャスティクスといったオシレーター系

 
こちらもご紹介させていただきましたね。

 
また、インジケーターというものは
それぞれ明確な目的、役割がありますが、
高勝率の手法を用いる上で頼ることは決して悪いことではなく
状況そのものに優位性があるので継続しても
問題ないかと思います。

 
ただ、1つ誤解して頂きたくないことは
なんでもかんでもインジケーターに頼ればよい
と言えばそうでもないのです。

 
何の手法もなければ、
インジケーターがないと何もできないとか
トレードの本質を何1つ分からない状態で活用しても
その人の為にはなりません。

 
そういう意味ではインジケーターには頼らないでくださいと
セミナーでお伝えすることもあります。

 
まず、テクニカル分析の第一歩として、
ローソク足だけでどこまで読み取れるかにこだわってみてはどうでしょうか?

 
特に移動平均線を活用した
手法を存分に生かすのであればなおさらだと思いますが、
ローソク足だけでトレンドをある程度把握する目線が
最初の目標にしてもいいかもしれません。

 
トレンドにはご存知の方多いと思いますが、
上昇トレンド、下降トレンドがあり、
その途中には上にも下にも行かない「もみ合い」という
状態があります。

 
チャートは波のように動いていますが、
その波の上にくるいわゆる「高値」
波の下「安値」をどう見ていくかが非常に重要なのです。

 
今日覚えて頂きたいのは、
トレンドの定義・条件についてです。

 
上昇トレンドは
 
・前の高値を更新
・前の安値よりも高い
 
という視点、

 
下降トレンドは
 
・前の高値よりも低く
・前の安値を更新
 
という視点で見ていきます。

 
勝てないトレーダーさんの中には
確かに環境も整ってインジケーターもバッチリ見られるのに
よく損失が出るという人はいます。

 
ただ、
インジケーター出したところで、
それ自体が100%のものではないので、
ローソク足見て明らかに防げることができるものは
沢山あります。

 
インターネットや本で
ローソク足の基本的な内容は沢山載っておりますので、
MT4やトレーディングビューを見ながら
是非ご自身でトレンドの特徴など掴んでみてください

 
―平野朋之

 
<編集部のおすすめ>
 
 
1日数分間だけチャートをチェックし、
予約注文を出しておき、注文から決済までを仕組み化し、
コツコツ儲かるFX投資法の秘密とは…?

テクニカル分析の権威として
多くの一般投資家から支持されている
平野朋之先生が、
 
 
1日たった10分で堅実に利益を積み重ねる
新しい副収入源の作り方を教える
ビデオ講座を公開しました。
 
しかも今なら、
このビデオ講座を無料でご覧いただけます。
「71.4%…FXの神業」
 
 
投資の学校・LINE@登録募集中!
LINE@限定の特別なお知らせを配信予定!
ご登録はこちらから

LINE@の詳細をチェックする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA