日本市場に与える、米国と中国の影響力

From:戸松信博
自宅デスクより、、、

 
おはようございます。
戸松信博です。

 
昨日が夏休み最終日だった、
という方もいらっしゃるかと思いますが
いかがお過ごしでしょうか?

 
ここ数日、東京は暑さが落ち着いていて
少し過ごしやすい日が続いていますが、
相場はというと、トルコリラが急落するなど、
慌ただしい相場展開が見られましたね。

 
それでも、
早くも先週の米国株式市場ではほとんど話題にならず、
週後半は米中の通商交渉再開報道に注目集まる中、
ダウが+1.41%と大幅上昇、S&P500も+0.59%と反発しました。

 
今回のトルコリラ急落もあくまで短期材料であり、
相場サイクルを転換するほどの大きな材料では
なかったということです。

 
短期材料として、相場に波乱を与えた
トルコリラ急落のニュースですが、
今日は、今後の中長期的な日本市場の見通しについて
お話したいと思います。

 

日本市場は3週続落、TOPIXが下げ幅拡大でアンダーパフォーム

 
shisei_man_good

 
トルコリラ急落という短期材料がお盆の週に出てきたことで、
13日(月)の日経平均は▲441円安と、
同じ材料で▲300円安となった
10日(金)に引き続き、売り崩されました。

 
しかしながら出来高は減少しており、
大した圧力ではなかった模様です。

 
14日(火)はこの材料の賞味期限が早くも切れはじめ、
全面高で+499円の上昇と、
買戻しを巻き込んだような反騰を見せました。

 
しかし、
14日夜のニューヨークで
米国上場の中国株が大幅に売り込まれ、

 
その流れを汲んで翌15日(水)は、
中国株の大幅安を横目に
再び▲152円安と下げに転じました。

 
その後、
米中協議再開報道を受けて
幾らか持ち直したものの、
週間の日経平均は▲28円安で3週続落となりました。

 
この週に短期波乱を予想していたものの、
下落を一瞬で切り返し、日経平均は下げたとはいえ
ほぼ変わらずで終えています。

 
一方、TOPIXの方は▲1.32%安と、
前の週の▲1.29%から下げ幅拡大しており、
またマザーズ指数も引き続き大幅安で、
連日の安値更新ともなりました。

 
年初来の下げ幅は、
日経平均の▲2.17%に対し、
TOPIXは▲6.60%となり、
ふたたび両者の差が最大限に拡大してきています。

 
3週前は2%ほどしか差はありませんでしたし、
5月は殆ど差がなかったこともあったほどです。

 
日経平均以外についてはある意味、
一応の波乱は起きたと思いますが、
想定を超えるほどのものでなく、
相場判断は上昇継続として据え置きます。

 
上場企業の4-6月期純利益は、
過去最高だった前年同期を+28%も上回り、
8.9兆円となりました。

 
あとはいつ上方修正が入るか待ちですので、
強気継続で良いと思います。米国の中間選挙と同じく、
11月前半が日本企業の第2四半期決算発表のタイミングですので、
そのあたりから年末にかけて株価は上昇していくと見ています。

 
日本市場の動きを知るためには、
米国、中国をはじめ、世界の経済、政治のニュースは
大切な要素の一つとなります。

 
今後も日本市場に影響を及ぼすような
ニュースというのは起きると思いますので、
その時に、冷静に状況を判断し、
投資に活かせるようにしていきましょう。

 
それでは、
本日も最後までお読みいただき
ありがとうございました(^^♪

 
また来週お会いしましょう!

 
―戸松信博

 

<編集部のおすすめ>

投資で長期的に利益を上げるために
全ての投資家が知らなければいけないこと…

それは、、、
お金の流れ、相場の流れを読み解く力を養う事です。

そのために必要な情報の集め方、相場の見方に
特化して学べる無料オンライン講座は、
戸松先生が講師を務める、コレだけです。
今すぐ詳細をチェック

 
投資の学校・LINE@登録募集中!
LINE@限定の特別なお知らせを配信予定!
ご登録はこちらから

LINE@の詳細をチェックする

最近の投稿



コメントを残す




規約(個人情報の取り扱い)に同意して

個人情報の取り扱いに同意して
小次郎講師ブログ 矢口新ブログ 戸松信博ブログ 平野朋之ブログ 浅野敏郎ブログ もってぃブログ 高橋慶行ブログ スタッフブログ
株式会社ファイナンシャルインテリジェンス
【ご注意ください】 当サイトの提供しているコンテンツの投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。 投資対象や取引の仕組およびリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願い申し上げます。 信用取引、外国為替証拠金取引、株価指数先物取引、株価指数オプション取引、商品先物取引などの保証金・証拠金設定のある投資対象については、 お客様がお預けになった保証金・証拠金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金・証拠金以上の損失が出る可能性がございます。 また外国為替証拠金取引の取引レートには売値と買値に差が生じます。 (※外国為替証拠金取引の取引レートには通貨毎に売付価格と買付価格に差額(スプレッド)があります)

【免責事項】 当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作成しておりますが、 その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、投資知識の学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、 特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。 なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。 当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)は一切の責任を負うことはありませんので、ご了承下さい。 また、当コンテンツのすべての情報について当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)の許可なく転載・掲載することを禁じます。
Copyright   © 投資の学校プレミアム All Rights Reserved.