波平さんは57歳

From 投資の学校事務局

新宿六丁目のオフィスより……

いかがお過ごしでしょうか。
投資の学校事務局の菊地です。

おかげさまで、
投資の学校も5期目が終了しました。

一説には、起業しても、3年以内で倒産する
会社が7割以上といわれています。

その中で5年やれているのは、
確かにすごいです。

これからも、引き続きよろしくお願いいたします。

さて、タイトルを見て「…?」と思った方も
いらっしゃるかもしれません。

でも、なぜこのタイトルにしたのか、
最後までお読みいただければわかると思います。

波平さんは57歳

国民的テレビアニメ「サザエさん」の波平さんこと、
磯野波平氏は(設定上では)57歳になっています。

でも、今の57歳の人は、
もう少し若々しい見た目の人もたくさんいるはずです。

私の周囲でも「今時、あんな57歳はいない」と
いう声は確かに聞こえます。

そこで、サザエさんの放送が始まった昭和44年(1968年)ころの平均寿命は、
何歳くらいだったのか調べてみました。

厚生労働省のデータによれば、
昭和45年の男性の平均寿命は69.84歳とのこと。
つまり、波平さんは「人生70年時代」の57歳だったわけです。

波平さんに限らず、「仕事をして、休日は家族でのんびり過ごして……」が
当たり前だったのでしょう。

60歳で会社を定年退職したとしても、
その先の10年を過ごすには十分なお金も持っていたのかもしれません。

今や「人生80年時代」

しかし、平成30年の今や、
男性の平均寿命は81.09歳で過去最高の水準を記録しています。

「人生80年時代」に突入しているのです。
事実、投資の学校の受講生の方でも、70代・80代の方は珍しくありません。

だからこそ、
「どの年代で何をして過ごすか」を考えるのが必要であるはずです。

仮に、会社員をなさっていた方が、
65歳で定年を迎えたとしても、その先は15年……

この15年間を実りあるものにするには、
やはりある程度はお金が必要なはずです。
(お金さえあればいいってものでもありませんが。)

だからこそ、「退職後の資産運用の必要性」が
叫ばれているのだと思います。

このまま平均寿命が増え続けていったら、
より真剣に考えるべきテーマとなるでしょう。

最後になりましたが、
いくつになっても真剣に何かに取り組む人は、
素敵だと思います。

投資の学校で働いて1年が過ぎましたが、
たくさんの「いくつになっても真剣に何かに取り組む人」
にお会いできたのは、私にとって一生ものの財産になるはずです。

いつもお読みいただき、
ありがとうございます。

本日も、皆さまにとって素敵な一日となりますように。

<編集部からのおすすめ>
世界を股にかけて活躍していた
プロディーラーが守っていたのは、

「合理的なやり方をとことん突き詰める」

の一点でした。

その「合理的なやり方」を
あなたに【無料で】お届けします。

こちらから早速ご覧ください。

投資の学校・LINE@登録募集中!
LINE@限定の特別なお知らせを配信予定!

ご登録はこちらから

最近の投稿



コメントを残す




規約(個人情報の取り扱い)に同意して

個人情報の取り扱いに同意して
小次郎講師ブログ 矢口新ブログ 戸松信博ブログ 平野朋之ブログ 浅野敏郎ブログ もってぃブログ 高橋慶行ブログ スタッフブログ
株式会社ファイナンシャルインテリジェンス
【ご注意ください】 当サイトの提供しているコンテンツの投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。 投資対象や取引の仕組およびリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願い申し上げます。 信用取引、外国為替証拠金取引、株価指数先物取引、株価指数オプション取引、商品先物取引などの保証金・証拠金設定のある投資対象については、 お客様がお預けになった保証金・証拠金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金・証拠金以上の損失が出る可能性がございます。 また外国為替証拠金取引の取引レートには売値と買値に差が生じます。 (※外国為替証拠金取引の取引レートには通貨毎に売付価格と買付価格に差額(スプレッド)があります)

【免責事項】 当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作成しておりますが、 その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、投資知識の学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、 特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。 なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。 当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)は一切の責任を負うことはありませんので、ご了承下さい。 また、当コンテンツのすべての情報について当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)の許可なく転載・掲載することを禁じます。
Copyright   © 投資の学校プレミアム All Rights Reserved.