小次郎講師のブログ

投資をするのは、誰のため?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From 小次郎講師

自宅の書斎より……

おはようございます。
小次郎講師です。

今日から10月になりました。
今年もあと3か月ですが、
体調を崩さずはりきっていきましょう。

私は9月まで投資の学校さんで手掛けていた
プロジェクトが終わりましたが、
次のプロジェクトに向けて準備をしています。

しばらくゆっくり……というのは、
私には(今のところ)無縁みたいです。

でも、「品格ある投資家」を育てる、
という目的があるので、それに向けて進み続けようと思います。

そこで今回は初心に帰り、
「投資をするのは、誰のため?」というテーマについて、
私なりの考え方を述べさせてください。

そもそも、投資とギャンブルの違いって?

私はこういう仕事をしているため、

「家族に”投資なんてギャンブルみたいだから、やめなさい”と言われた」

という相談をよく受けます。

しかし、投資とギャンブルは全く違うものです。

そもそも、ギャンブルは遊興行為=遊びです。
必ずやらなくてはいけない、ってものでもありません。

一方投資は「企業にお金を出し、事業の拡大に使ってもらう」ことを前提とした経済行為です。
人や世の役に立つのが前提になっています。

そうなると、株式投資家の役割は、

  • 企業に資本を提供する
  • 株主として企業に提案できる
  • 適正な価格を形成する
  • 価格の平準化に寄与する
  • 市場の流動性を守る

など、非常に多岐にわたることになります。

やみくもにやってほしくない理由

そして、私が投資教育において、とても大事にしている考え方がもう一つあります。
それは、投資に取り組む姿勢です。
「投資をすればお金がもうかるから」という安直な理由でやってほしくはありません。

確かに、お金を増やすのはとても大事なことです。
しかし、もっと大事なのは、増やしたお金をどう使うかだと思います。

私自身、投資教育業界に携わって長いのですが、投資で手にしたお金の使い方がまずかったせいで、
お金よりも大切なものを失ってしまう人をたくさん見てきました。

「悪銭身につかず」という言葉がありますが、まさにその通りかもしれません。

まずは、なんのためにお金を増やすのか、考えましょう。
そして、必要以上に増えた場合は、「そのお金をどう社会に還元するか」を考えてみてください。

<編集部のおすすめ>

  • 雑誌
  • 新聞
  • インターネット
  • チャート

……いろいろな情報を見比べるのはいいのですが、
忙しいと全部見るのも一苦労です。

優先順位をつけるためには、
「プロはに何に注目しているのか」
知るところから始めましょう。

月1回、プロが自ら
あなたに分かりやすく「今、注目すべきこと」をお届けします。

こちらからどうぞ

投資の学校・LINE@登録募集中!
LINE@限定の特別なお知らせを配信予定!

ご登録はこちらから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA