米国経済、強さのヒミツ

From:戸松信博
自宅デスクより、、、

 
おはようございます。
戸松信博です。

 
今日のブログでは、
世界経済の中心である
米国市場についてお話したいと思います^^

 
先週金曜日に実施された米国雇用統計の結果をはじめ、
米国経済に関する指標を見ていきながら、
今後の相場見通しについて分析しました。

 
日本株しかやらない株式投資家も
FXトレーダーにとっても
米国経済の情勢を知ることが大切な知識ですので
ぜひお読みくださいね!

 

米国の金利上昇は経済が強い証拠

 
shisei_man_good

 
週末に発表された9月の雇用統計は少し弱い数字でしたが、
失業率(3.7%)が49年ぶり低水準にまで改善され、
平均賃金の伸びは前月の+2.9%から2.75%へ低下したものの、

 
6か月平均による年率換算値は
10年近くぶりの高水準で推移しています。
賃金の伸びが物価上昇や消費を牽引する強気サイクルを示唆します。

 
さて、FOMCで利上げが行われた翌週に
長期金利が大きく上昇しました。
図では昨年末、そして今年の高値水準だった5月中旬、
そして9月FOMCの前の週と後の週の4本を比較して示しています。

 
5月に長期金利が高水準を付けてから、
イールドカーブはフラット化を続けてきました
(短期金利が上昇して平坦化)。

 
これがしばらくの間、
景気後退のサインだと言われてきたのです。
しかしそれは間違った解釈でした。

 
再びここに来て強い経済指標を背景に
長期金利が上昇してスティープ化
(イールドカーブの傾きが急になること)し、

 
長短金利の利ザヤで儲ける金融株も上昇しています。
景気後退の前触れであれば、
景気に敏感な金融株が上昇するはずなどないのです。

 
インフレ率を考慮した物価連動債(TIPS)の
利回りもFOMC後に高くなり、
5月の水準を超えてきています。

 
しかし、
通常債の債券利回りから
物価連動債のそれを引いて得られる
ブレークイーブンインフレ率(BEI)は、
5月当時の水準と変わりません。

 
特にインフレが激しく進行している訳でなく、
各種物価指標においても、以前から
大体2%少しの水準で落ち着いています。

 
新聞等では再び金利急騰が経済や
企業業績を冷やすと警戒されているところです。
しかしやがて3.5%程度の金利が常態化してしまえば、
全く金利上昇による景気悪化には触れられなくなるでしょう。

 
2月初めの相場急落時も、
株価下落の要因は金利急騰にあり、
と解説されていました。

 
当時10年債利回りが数年ぶりに
2.8%のラインを上に抜けてきたため、
これは大変、となったのでした
(この配信では金利上昇は経済上振れのサインとして歓迎していました)。

 
しかし、その後3%の金利が当たり前となりながらも、
経済は何事もなかったかのように好成績を上げ続け、
ダウも最高値を更新する流れとなると、
相場解説では金利のことには触れられなくなりました。

 
経済はこの程度の金利を吸
収できるくらい強いから、
問題とならないのです。

 
ここでまた3.2%を超えてきたと大騒ぎされていますが、
2月に2.8%超えで大騒ぎしたように、
そうした懸念は再び取り越し苦労に終わるでしょう。

 
もちろん、
投資家が強気に傾き過ぎた修正は行われるでしょうから、
株価の調整は続く可能性がありますが、
最終的には2月と同じ(下落したところは逆にチャンス)
となる可能性が高いとみます。

 
問題は3%などの絶対水準にあるのでなく、
それに見合うだけの経済の強さがあるかどうかです。
例えば米国の金利は3%超ですが、
日本の金利は0.15%しかありません。

 
これは日本の経済や物価の上昇が弱いため、
比較上妥当となっているだけであり、
周りの環境で決まる金利を直接比較することなどできません。

 
3.2%を超えた米国金利が経済を潰す、
ということではなく、経済や物価レベルに見合う水準に
上方修正されてきているに過ぎません。

 
目先の値動き、利益、損失にとらわれずに
大きな流れで相場を見ることが
長期的に投資で収益を上げる大切なコツです。

 
とはいえ、
目先の値動きで動揺したり
決済を急いでしまうのが人間です。

 
それを我慢して適切なタイミングを見極めるためには、
経験がとても大切になります。
知識を知恵に変え、経験値を高めるためには
ニュースを見る癖を付けたり、実際に投資をすることが
一番の成長につながります。

 
ぜひ、ご自身の資金、レベルに合った無理のない範囲で
積極的に投資にチャレンジしてみてください。

 
それでは、
また来週お会いしましょう!

 
―戸松信博

 

<編集部のおすすめ>

戸松先生が投資業界の第一線で
活躍し続けている要因である、

・相場状況にかかわらず儲けを出す株のデイトレ手法
・個人投資家が資産運用で成功するための教養
・戸松先生と同じように上昇銘柄を見つけ出すためのノウハウ

これらをワンストップで学習できる
3つの速習オンライン講座が完成しました!

このページからご登録いただくと
“無料”でご参加頂けます。

今すぐ無料で参加する

 
投資の学校・LINE@登録募集中!
LINE@限定の特別なお知らせを配信予定!
ご登録はこちらから

LINE@の詳細をチェックする

最近の投稿

  • 急伸する日本企業の自社株買い
    From:戸松信博 自宅デスクより、、、 おはようございます。 戸松信博です。 昨日の日経平均は、 寄り付き後に180円近くまで上げ幅
  • 米国と中国の思惑
    From:戸松信博 自宅デスクより、、、 おはようございます。 戸松信博です。 さて、 10連休が終わって1週間が経ちましたが、 頭
  • 前代未聞の10連休を控えた日本市場の見通し
    From:戸松信博 自宅デスクより、、、 おはようございます。 戸松信博です。 先日、20日(土)は 投資の学校さんと開講した 新プ


コメントを残す




規約(個人情報の取り扱い)に同意して

個人情報の取り扱いに同意して
小次郎講師ブログ 矢口新ブログ 戸松信博ブログ 平野朋之ブログ 浅野敏郎ブログ もってぃブログ 高橋慶行ブログ スタッフブログ
株式会社ファイナンシャルインテリジェンス
【ご注意ください】 当サイトの提供しているコンテンツの投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。 投資対象や取引の仕組およびリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願い申し上げます。 信用取引、外国為替証拠金取引、株価指数先物取引、株価指数オプション取引、商品先物取引などの保証金・証拠金設定のある投資対象については、 お客様がお預けになった保証金・証拠金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金・証拠金以上の損失が出る可能性がございます。 また外国為替証拠金取引の取引レートには売値と買値に差が生じます。 (※外国為替証拠金取引の取引レートには通貨毎に売付価格と買付価格に差額(スプレッド)があります)

【免責事項】 当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作成しておりますが、 その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、投資知識の学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、 特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。 なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。 当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)は一切の責任を負うことはありませんので、ご了承下さい。 また、当コンテンツのすべての情報について当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)の許可なく転載・掲載することを禁じます。
Copyright   © 投資の学校プレミアム All Rights Reserved.