スタッフのブログ

私とあなたは違う人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From 投資の学校事務局

自宅のPCデスクより……

皆様、いかがお過ごしでしょうか。
投資の学校事務局の菊地です。

実は明日から、
久々のセミナー行脚も含む、
とある先生のプロジェクトが動き出します。

そのため、
前日にブログを書いておりますことを、
あらかじめご了承ください。

投資の学校事務局では、
先月の半ばごろから、
このプロジェクトをめぐり、
スタッフ一丸となって動いてきました。

私も日々パワーポイントやワードと格闘したので、
成功してくれるといいな……
と思っております。

さすがに全日程ではありませんが、
私も会場に顔を出しますので、
よろしかったらお声掛けくださいね。

さて、今日は投資とは少し離れますが、
その準備の中で考えたことについて、
少しお話させてください。

同じものでも、見方は異なる

準備が夜遅くになることもあったので、
スタッフ同士がお菓子を買ってきたり、ということも、
ここ数週間は頻繁にありました。

私も当然そうしたのですが、
同じお菓子であっても、「おいしい」という人もいれば、
「うーん、自分の好みには合わない」という人もいたのです。

これは、お菓子に限ったことではありません。

・ どこかのお店の料理
・ 人気の本
・ ネットのニュース
・ 仕事を依頼するときの話し方
・ 投資の学校の授業

など、
世の中のありとあらゆるものに関して、
「その人なりの感じ方」があります。

見ているものは同じなのに、
感じることは全く違うのです。

もちろん、何を感じるかは、
その人の自由である以上、
どちらがいいか悪いかということは、
論じることはできません。

「なるほど、そういう見方もあるのか」
と冷静に、かつ思いやりをもって受け止めるのが、
一番であると思います。

いわば「私とあなたは違う人」なのですから。

意見の違いも、(状況によりますが)楽しめるようになれば、
自然と余裕や思いやりも生まれると信じています。

てんやわんやでしたが……

改めてこういうことを書いてしまうくらい、
今回のプロジェクトの準備は大変でした。

※もちろん、一番大変だったのは、講師を務める
とある先生と代表・高橋であるのは言うまでもありません。

それでも、スタッフが一丸となって、
「参加してくださった人が、”やっぱり来てよかった”と思ってくれるように」
という気持ちで取り組んできました。

一人での多くの方に、
「やっぱり来てよかった」と思っていただけるよう、
取り組んでまいりますので、
よろしくお願いいたします。

最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

本日も、皆さまにとって、
素敵な一日となりますように。

<編集部からのおすすめ>
その「とある先生」って……?

とお思いの方へ。

実はその先生は、
現在、米国株を使って、
資産を増加させる方法を
教えてくださっています。

「米ドルの急落も、
やり方を覚えていれば怖くない」
とおっしゃるの先生の方法、

今なら【無料】で受け取れますよ!

詳細はこちら

◆◆投資の学校・LINE@登録募集中!◆◆

LINE@限定の特別なお知らせを無料で受け取れます!
ご登録はこちらの説明をよく読んでから
↓↓↓
https://toushi-gp.jp/line

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメント

  1. 渡辺操 より:

    大変ご苦労さまです。毎回新たな刺激になる視点から情報をありがとう。相手に伝える文書を書くのも大変な仕事なのに。

    1. 事務局 より:

      こんにちは。
      投資の学校事務局の菊地です。

      ねぎらいのコメント、
      ありがとうございます。

      確かに、文章を書くのは大変です。
      でも、やりがいがあるのも事実なので、続けてきました。

      これからも、各先生方および私どもスタッフの記事をご愛読いただければ幸いです。

      引き続きよろしくお願いいたします。

コメントを残す

*

CAPTCHA