矢口新のブログ

お金とは何か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From 矢口新

自宅のトレーディングルームより……

おはようございます。
矢口新です。

もうすぐ2018年も終わりますが、
ここにきて、
1年3か月ぶりに日経平均が2万円を割るなど、
激しい動きを見せています。

いわゆるトランプ・ショックの
影響とみられていますが、
冷静な判断を心がけて、
来年に備えていただきたいところです。

さて、
私は最近投資の学校さんと
新しい株式投資のプログラムを作っていたのですが、
その時にお送りしたビデオ授業に、
こんなコメントをいただきました。

「お金とは何ですか?
矢口先生の考えをお聞かせください」

とのことです。

私はこのコメントにお答えしたのですが、
その時の答えが、自分ながら感心できるものだったので、
この場を借りてご紹介させてください。

お金と水の共通点

ちなみに私は、
このように答えました。

「機能としては、価値を図る物差し。
存在としては、水のようなもの」

です。

より詳しくお話ししましょう。

当たり前ですが、
人は水がなくては生きていけません。

また、
現代社会においては、
お金がなくても生きていけないのです。

そして、
お金と水には、

  • 非常時に備えて貯められる
  • 用途に合わせて自由に形を変えられる
  • 便利でなくてはならないものだが、多すぎても人を滅ぼす原因ともなる

という共通点があります。

だからこそ、
先ほどの私の答えー

「機能としては、価値を図る物差し。
存在としては、水のようなもの」

が出てきたのかもしれません。

如水(水のごとし)

余談ですが、
NHKの大河ドラマにも取り上げられた、
戦国武将の黒田官兵衛は、
晩年、「如水(じょすい)」と名乗りました。

豊臣秀吉の参謀としても有名でしたが、
一方で、秀吉本人は、
黒田官兵衛を警戒していたともいわれます。

確かに「如水」と名乗るほどですから、
状況に応じて的確な対応をできる能力があったはずです。

ある意味、この雅号は最強であることの
象徴だったのかもしれません。

<編集部からのおすすめ>
状況に応じて的確な対応をできるー
そんな能力が身に着けられれば、
たしかにどんな局面でも乗り切れそうですね。

では、そんな能力を身に着けるには
どうすればいいのか?

やはり、
基礎をおろそかにしてはいけません。

時間がある年末だからこそ学びたい、
「儲かる資金管理」が基礎から学べるプログラムを、
1年に1度だけの特別価格でご案内します。

こちらからどうぞ

◇◆◇投資の学校・LINE@登録募集中!◇◆◇

LINE@限定の特別なお知らせを配信予定!
ご登録はこちらから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメント

  1. kappa より:

    ある人曰く:お金とは情報である。
     またある人曰く:債権であり負債である。
    借用書のようなもの、それを情報と言っているのかもしれません。
    金がお金だった時代、紙に銀行券と書いた時代、カード別名プラスティックマネーの時代、スマホの時代になると、お金とは情報であるというのも一理あります。

    1. 矢口新 より:

      こんばんは。
      矢口です。

      おっしゃる通り、
      お金には情報の側面もありますよね。
      デンマークやスウェーデンなどでは、
      中央銀行が現金の発行を停止しているくらいですから、
      お金の意味が大きく変わりつつあるのだと思います。

      また読んでいただければ嬉しいです。
      よろしくお願い致します!

  2. Winston より:

    「機能としては、価値を図る物差し。存在としては、水のようなもの」
    まさに言い得ていて、しっくりきますね。なるほど~と感心してしまいました。
    ありがとうございます。

    1. 矢口新 より:

      こんばんは。
      矢口です。

      コメント、ありがとうございます。
      自分でも「これはいいことを書けた」と思えました。
      引き続き読んでいただければうれしいです。
      よろしくお願い致します!

コメントを残す

*

CAPTCHA