この1年どうトレードしていくか

From:平野朋之
横浜のオフィスより、、、

 
投資の学校のメールマガジンをご覧の皆様、
新年あけましておめでとうございます。

 
昨年よりブログを書かせて頂いてますが、
本年の引き続きどうぞよろしくお願いします。

 
直近のドル円相場ご覧の方もいたかもしれませんが、
2日に108.80円前後で寄り付きましたが、
驚くべき急落が起きました。

 
アップルの下方修正などもあったようですが、
一時104円台まで下落しました。

 
107円前後まで戻してきましたが、
年末、年始と急落が続いており、
損失を出した方もいらっしゃったかもしれません。

 
FXはマージンカット、
ロスカットがありますので
極端な話、

 
先物などのように追証といったことはありませんが、
少しでも早い段階で損切できたら
もちろんベストです。

 
テクニカルを利用する方も多いですが、
リスク管理の一環として、
エントリーの価格に対して
どこまで思惑と反対に動いたら損切るか
必ず決めておくといいです。

 
やはり、資金がなくなって
トレードができなくなりました。

 
というのは本末転倒ですので、
資金管理、リスク管理は特に今年
慎重に行うようにしましょう。

 
テクニカル上では
昨年12月から
ダウ、ドル円、日経平均共に
下降トレンドの中にいましたので、

 
ドル円で「売り」エントリーをしていた方は
もしかしたらこの年末年始で
大きく利益を上げたかもしれません。

 
株式市場では信用取引で
「空売り」ができますので、
個別株でも空売りで大きく利益を上げた人も
多いことでしょう。

 
私は、昨年後半に
FXオプションについて説明をしてきましたが、
昨年も、そして今年、

 
特にチャンスが多いと考えています。

 
というのも、
年号が変わることもあり、
相場は大きく動きます。

 
FXオプションのように
ポジションを逃がせられるものがあるということは、
リスク管理はされていながらも、
思惑通りに相場が動けば大きな利益も見込めます。

 
正しく勉強して、
仕掛けた人が大きく勝てる1年になるかもしれません。

 
トレードは、
多くの人が「買い」
を行いますが、

 
単純な「売り」や、
それ以外の取引を知らない人が
非常に多いです。

 
それだけ、
利益を得るチャンスが人より少ないので、
トレードしても
利益は必然的に取りにくくなります。

 
どうやってトレードしていくのか、
あなたが身に付けたいスキル、
どんな場面でトレードできるようになりたいか、
何を身に付けたいのか、

 
年始は是非考える時間を作ってみてください。
あなたにとって、
今年一年、大きく飛躍できますよう

 
トレードの講義を提供していきたいと思いますので、
本年もどうぞ宜しくお願い致します。

 
-平野朋之

 
 
<編集部のおすすめ>
仕事や家事で勉強もトレードも疎かになった
という忙しい日本人の為に、
参加するだけで毎月分かる
テクニカル分析の達人の本質が学べる
月額新プログラムが11月より本格始動!
「平野朋之のゴールド・コース」
 
 
投資の学校・LINE@登録募集中!
LINE@限定の特別なお知らせを配信予定!
ご登録はこちらから

LINE@の詳細をチェックする

最近の投稿



コメントを残す




規約(個人情報の取り扱い)に同意して

個人情報の取り扱いに同意して
小次郎講師ブログ 矢口新ブログ 戸松信博ブログ 平野朋之ブログ 浅野敏郎ブログ もってぃブログ 高橋慶行ブログ スタッフブログ
株式会社ファイナンシャルインテリジェンス
【ご注意ください】 当サイトの提供しているコンテンツの投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。 投資対象や取引の仕組およびリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願い申し上げます。 信用取引、外国為替証拠金取引、株価指数先物取引、株価指数オプション取引、商品先物取引などの保証金・証拠金設定のある投資対象については、 お客様がお預けになった保証金・証拠金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金・証拠金以上の損失が出る可能性がございます。 また外国為替証拠金取引の取引レートには売値と買値に差が生じます。 (※外国為替証拠金取引の取引レートには通貨毎に売付価格と買付価格に差額(スプレッド)があります)

【免責事項】 当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作成しておりますが、 その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、投資知識の学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、 特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。 なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。 当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)は一切の責任を負うことはありませんので、ご了承下さい。 また、当コンテンツのすべての情報について当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)の許可なく転載・掲載することを禁じます。
Copyright   © 投資の学校プレミアム All Rights Reserved.