小次郎講師のブログ

確定申告の前に押さえたい税金の話その1

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From 小次郎講師

自宅の書斎より……

おはようございます。
小次郎講師です。

今年の大発会は、
日経平均が2万円割れに終わりましたが、

この状況に慌てることなく、
皆さんには冷静に投資に
取り組んでほしいと思います。

ところで、
1年が明けてしまうと、
あっという間に確定申告のシーズンがやってきますが、
皆さんは確定申告のこと、
正しく理解できていますか?

せっかくなので、
これから数回に分けて税金の話を
しておきましょう。

株式投資にかかる税金の基礎

皆さんが株式投資をして、
利益が出た場合、
その利益には20.315%の税金がかかります。

ちなみに、
15.315%が所得税及び復興特別所得税、
あとの5%が住民税です。

そして、
ここからが重要なのですが、
株式投資をどんな口座を通じてやっているかで、
税金の扱いが若干違うのです。

一般口座と特定口座

まず、証券口座には、
一般口座と特定口座があります。

わかりやすく違いをまとめました。

特定口座

  • 証券会社・銀行が1年間の投資でどれだけの利益・損益があったかを計算してくれる口座。
  • 源泉徴収ありの口座を選べば、税金を天引きしてくれる。
  • しかし、株式投資にかかった経費を申告した場合は、確定申告が必須。

一般口座

  • 自分で1年間の投資でどれだけの利益・損益があったかを計算する口座。
  • 確定申告をする必要があるので、時間がない人には不向き。

皆さんの口座は、
どちらでしたか?

これから証券口座を開設する場合は、
違いを把握し、
ご自身にあったのがどちらかを考えて、
開設してみてくださいね。

<編集部のおすすめ>

投資に掛ける時間がないあなたへ

毎月ここにいるだけ、で
あなたは小次郎講師の最もタイムリーな
相場攻略法を手に入れることができます。

いるだけ、で優位性がある最高の環境にご招待します。

小次郎講師が読み取った相場の変化を
タイムリーに受け取りたい方はコチラから

こちらからどうぞ
 
投資の学校・LINE@登録募集中!
LINE@限定の特別なお知らせを配信予定!

ご登録はこちらから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA