矢口新のブログ

時間のリスクを考える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From 矢口新

自宅のトレーディングルームより……

おはようございます。
矢口新です。

ふとカレンダーを見たら、
もう1月も3週間以上経過していたことに、
改めて気づかされました。

時が経つのは、本当に早いですね。

さて、「時は金なり」という言葉があるように、
時間のとらえ方は昔から重要視されてきました。

今回はそれを踏まえて、
私なりの「時間のリスク」について、考えをお話させてください。

相場のリスク=時間のリスク

私はいろいろなところで、
「相場のリスクとは、時間のリスクである」
とお話してきました。

相場のリスクの例としては、

  • マーケットリスク
  • 信用リスク
  • その他のリスク

がありますが、これらに共通するのは、
「時間が経過しないと、顕在化することもない」
ということです。

つまり、時間がたてばたつほどリスクも大きくなるにも関わらず、
それに見合うリターンが約束されているわけでもありません。

「確実に利益を上げたい」と思うなら、
「高値で売り、安値で買う」のが一番です。

プロの運用者なら長期投資が有利

一方で、長期投資が有利に働く場合もあり得ます。
それは、「他人の資金を預かるプロが運用する場合」です。

あなたがプロの運用者だったとしたら……
短期間で利益を出したところで解約されてしまったら、
落ち着いて仕事ができますか?

多くの人が「それは違う」と思うでしょう。

やはり、一時的に評価損が出ていても、
自分を信用して任せてくれる人の方がありがたいですよね。

実は、プロが運用する際に、中途解約に対するペナルティーを課すのは、
このような背景もあるためです。

個人投資家なら短期トレードを

プロはともかくとして、個人投資家の方にとっては、
短期トレードが最も優位性のある運用だといえます。
時間のリスクを持ち越さなくて済むからです。

短い時間であっても、「高く売って、安く買う」ができれば、
着実に利益は出せるーこのことを、覚えておきましょう。

<編集部からのおすすめ>
個人投資家なら短期トレードをー
矢口先生の考えを実践するには、
より深く学んでみましょう。

矢口先生流の「価格のとらえ方」教えます。

早速ご確認ください。

◆◆◆投資の学校・LINE@登録募集中!◆◆◆

LINE@限定の特別なお知らせを、
続々と配信しています!

先ずは・・・
こちらのページからご登録を是非どうぞ!!!
↓↓↓
LINE@登録ページ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA