2000万で567億・・・

浅野敏郎

「投資の学校」浅野敏郎
From 新宿オフィスの編集室より

 
先日の小話コーナーでも触れましたが、

厚労省の勤労統計不正問題は、
支払いの不足金が567億円にのぼり
対象者は2000万人以上とも言われています。
(時事ドットコムニュースから抜粋)

それぞれの数字は今後も流動的になるとして
とりあえず上の数字で固定して考えますが、

 
確かに未払いの総額は小さくなく、
不正が故意だとすれば、
それこそ内閣の進退問題に及びかねない
とは思います。

ただ、総額の大きさに惑わされて
憤慨する国民を取り込もうとする野党の魂胆も
透けて見え過ぎているように感じており、

事故ではなく故意だったかどうかを
徹底的に先ずは明らかにして欲しいと思いますが、
どうせ、知らぬ存ぜぬでフェードアウトするのでしょうね。

 
ところで、今回なぜこんなテーマになったかと言うと、
FXの損益の仕組みを知る上で、
良い教材になりそうな気がしたからです。

ドル円相場が1円動いたとき、
50万ドルのポジションだと幾らの損益になるのか?

という答えが即答できない方は
是非この先をお読みいただきたいと思います。

 
————————————

おはようございます。

今週も早や金曜日、そして2月入り、そしてそして
アメリカの1月分雇用統計発表日がやって参りました。

2月の「に」をとって「逃げる月」といわれますが、
通常より日数が少ない分、
さらに加速して過ぎていくのでしょうね。

ところで本日の小話は・・・

昨夜、というか30日の夜のお話になりますが、
私が利用している乗換え最後の電車線で、
女性乗車率がなぜか急騰していました。

時間にして22:30ころだったと思いますが、
降りてくる人、乗車したままの人を含め、
専用車両かと思ってしまうほど、
男性の乗客は殆ど見当たりませんでした。

この電車線沿いにはイベント会場が多くあり、
コンサートの引け時間に鉢合わせすると
よくある光景ではあるのですが、

時間的にも、身なり的にも、そうでもなかったのです。

思い返せば、この駅まで来た電車車両も、
女性の方が圧倒的に多かったことに気付き、

そして迎えた翌朝、
通勤電車はやはり女性の方が7対3程度で多く、
偶然としては、続きすぎました。

さて、今日31日の帰りはどうか、気にはなりますが
それより、
男子は一体、どこへいってしまったのかなあ?

————————————

 
では、本題に入りますが、今日は簡単に参りましょう!
対象人数の2000万人をドルに置き換えて見ますね。

つまり、1人を1ドルに置き換えると2000万ドルになり、
これをポジションとします。

もしドル円相場が1円動いたとします。
相場の動きはあくまで、
1通貨としての動きで表現されますから、
ここでは1ドルが1円変動したことを意味します。

となると、持っているポジションは
1ドルではなく2000万ドルですから、
1円の動きは2000万円の損益になります。
単純に2000万通貨分を掛けただけですね。

 
同じポジションで
100円の動きは20億円の損益
1000円の動きは200億円の損益
となりますから、ここでまず未払い金額の桁に達しました。

あとは、
2000円の動きで400億円
3000円の動きで600億円ですから、
ここでやっと未払い金額の576億円の近似値になりました!!

 
つまり、3000円弱というのが、
統計不正による、一人当たりの未払い金額
であることが分かり、

「長年かかって積みあがった1人分の未払い金が、
だいたい雇用保険の掛け金1月分程度・・・」
という事実に対して、

鬼の首をとったように目くじら立てるのも、
と思ってしまうのは私だけでしょうか・・・・

 
もちろん、
労災を被った方々の中には、
多大な犠牲を負い、このように単純な計算による額以上の
未払いを受けている可能性もあり、簡単ではないと思います。

問題なのは、
もしこれが故意だとすれば、明らかに寸借詐欺に等しく、

他にも、税金や健康保険、年金などあらゆるところで、
一見軽微な調整に見えても、

実は膨大な金額がかすめ取られているかもしれない・・・
という疑念は払拭することはできませんね。

是非とも徹底的に広く調査して欲しいのですが、
この無力感は何でしょうか?
どうせ分かっても真実は語られないだろうという
諦めかもしれません。

 
さて最後に話を少し戻しますが、

2000万ドルという大きなポジションを常日頃持っている
という方は稀だと思いますし、

通貨で3000円も変動できるペアは存在しないのも事実ですから
一般人の投資で、576億円もの損失を出す可能性も皆無です。

ただ、
1月3日の円高クラッシュで多額の損失を出してしまった方がいる
とするなら、
フルレバ云々が問題ではなく、
ポジションを持ち過ぎていたという事に尽きる訳です。

値動き的には大体5円だったとして、
今回のテーマに準じて計算すれば、
100万ドルのポジションで500万円ですから、

「一体どれだけポジションを持っていたの??」
ということになってしまいます。

レバレッジや証拠金額など難しい話よりも、
あくまでリスクの大元は、ポジションが全てであることを
この機会にご記憶いただけると幸いです。

 
 
浅野敏郎

P.S.
関東も本降りになってきた冷たい雨ですが、雪にならないといいですね
あれ?もう白いぞ!!

 
 
<<<<<編集部からおススメ>>>>>

それにしても、メジャーどころの為替が動きません。
もちろん、先日のように瞬間的な大変動は有りましたが、

通貨は究極のマクロということを考えると、
いまの世界は、各通貨ごとの事情が入り交じり、
多くの投資家が同じような方向を向ける機会が
どんどん少なくなっているような気もします。

一方の株式相場ですが、

各国のインデックスだけを見ると、
こちらも世界事情が入り混じって不安定に見えますが、
各市場の個別銘柄に関しては、どうやら別の話のようです。

もちろん私たちにとって、
海外の個別銘柄を把握するのは非常に困難ですが、

日本株に限れば、かなりミクロなアプローチもでき、
日経平均が下げる地合でも底堅い個別銘柄はある
ということを知っています。

ただ、
それでも数千社はある日本の個別銘柄から
何をどうやって売買するのか?
ということが大問題なのですが、もし・・・

その方法が分かり、
どのようなことに注意し、
どのように対処すれば良いか

を知ることが出来れば、
あとは同じことを繰り返すだけで、
その時々に応じた可能性ある銘柄が見つかる
ということになるでしょう。

そこでご紹介したいのが
「賢者の日本株」というコミュ二ティです!!!

実は、ここにはこうした全ての方々の悩みを
解決できる武器が備わっており、

その使い方を、出来るまで教えてくれる
著名な指導者がしっかりサポートしてくれます。

内容などの詳細はこちら
↓↓↓
https://toushi-gp.jp/page2019/tomatsu/monthly/?adcode=blog

 
今なら期間限定の大変お得な条件が付いて、
月額のみの当コミュ二ティにご参加いただけます。

相場が一休みしているこの時期にこそ是非、
次の対戦に備えた武装をしておきたいところです。

 

◆◆投資の学校・LINE@登録募集中!◆◆

LINE@限定の特別なお知らせを、どんどん配信しています!

そういえば最近、ライン登録をすると、
「期間中、このお知らせを見せるだけで、◎◎が無料!!」
などというメッセージが届く飲食店が増えましたね。

「投資の学校」のLINE@も、
登録するだけで、お得なお知らせが届くかも??

後悔する前に是非、こちらからご登録ください。
↓↓↓
LINE@の詳細とご登録はこちら

最近の投稿



2000万で567億・・・」への2件のフィードバック

  1. 乾坤一擲

    ひとり3000円かぁと言われればですが、やっぱり何らなの意図があったと思わざるを得ません(-᷅_-᷄๑)だってFXだったら一人で567億を総取りってことでしょ。おかしいよやっぱり。その金額が僅かって思うのがそもそも民を馬鹿にしてるよ。
    で、結局沿線で七割増えた女性は何だったのだろう。新興宗教?

    返信
    1. 浅野敏郎浅野敏郎 投稿作成者

      乾坤一擲さま、
      返信がなかなかできず、申し訳有りませんでした。

      確かに意図的な何かが無ければ、
      一介の担当者や部署だけで可能なお話ではなさそうですね。
      懸念されるのは、
      他の省庁でも同様なことが充分ありえますねー。
      もちろん直接金銭を徴収しないところでも、
      ごまかしは出来ますから・・・

      疑い始めたら限が無いですが・・・
      要は国政ってザルなんでしょうね。

      ところで例の集団?はあれっきりでした。
      原稿を投稿した日の夜も、ほぼ通常に戻っていましたが、
      やはり割合は最近、男性の方が少ないような気もします。
      乾坤一擲さまの身辺ではいかがでしょうか??

      またのコメントをお待ちしています。

      浅野敏郎

      返信

コメントを残す




規約(個人情報の取り扱い)に同意して

個人情報の取り扱いに同意して
小次郎講師ブログ 矢口新ブログ 戸松信博ブログ 平野朋之ブログ 浅野敏郎ブログ もってぃブログ 高橋慶行ブログ スタッフブログ
株式会社ファイナンシャルインテリジェンス
【ご注意ください】 当サイトの提供しているコンテンツの投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。 投資対象や取引の仕組およびリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願い申し上げます。 信用取引、外国為替証拠金取引、株価指数先物取引、株価指数オプション取引、商品先物取引などの保証金・証拠金設定のある投資対象については、 お客様がお預けになった保証金・証拠金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金・証拠金以上の損失が出る可能性がございます。 また外国為替証拠金取引の取引レートには売値と買値に差が生じます。 (※外国為替証拠金取引の取引レートには通貨毎に売付価格と買付価格に差額(スプレッド)があります)

【免責事項】 当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作成しておりますが、 その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、投資知識の学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、 特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。 なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。 当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)は一切の責任を負うことはありませんので、ご了承下さい。 また、当コンテンツのすべての情報について当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)の許可なく転載・掲載することを禁じます。
Copyright   © 投資の学校プレミアム All Rights Reserved.