日本株と米国株の関係

From:戸松信博
自宅デスクより、、、

 
おはようございます。
戸松信博です。

 
日本市場は3連休明けの相場となりますね。
日本市場の動向は、米国市場の動きが鍵となりますが、
今、米国は中国との貿易摩擦の長期化が懸念されています。

 
日本にとっては、
この米中貿易摩擦の問題は
日本市場に影響を与える可能性がありますので
引き続き注目していきたいところです。

 
このことも踏まえて、
先週の日本市場について分析し、
今後の相場見通しをお伝えしたいと思います。

 

日経平均は50日線でブレーキも流れは悪くない

 
shisei_man_good

 
先々週の日経平均は+15円高と何とか上昇を保ったものの、
TOPIXは▲0.1%安と反落していました。

 
そして先週も小幅に一進一退と、
方向感の乏しい推移が続いたのでしたが、
最終8日(金)の日経平均は▲418円安と
大きく下げて終わりました。

 
週間の日経平均は金曜の大幅安が効いて
▲455円安となり、大発会の1営業日のみだった
今年最初の週以来の反落となりました。

 
なお、TOPIXの週間下げ幅は日経平均に比べて限定的で、
年初来でも+3.0%と、日経平均の同+1.6%を上回ります。
東証リート指数は年初来+3.4%高であり、

 
欧米や豪州、香港においてもリートは
株価指数を上回る形となっています。
背景にはFRBの緩和的な金利スタンスへの変更があります。

 
日本も主要な決算発表を大方終え、
通期予想については据え置く企業が多い中で、
下方修正もかなり出ています。

 
ただし下方修正で株価が下がるとは限らず、
出尽くしで上昇する銘柄も多くあります。

 
利益額で1位、2位を争うトヨタとソフトバンクは
第3四半期までしっかりした増益で推移し、
その他商社、通信、陸運、家電の利益額上位銘柄も
通期予想は据え置きか増益が殆どです。

 
上位がしっかりしていることから、
通期の日本企業全体では、過去最高益だった
前年並みで着地するでしょう。

 
日経平均の一株予想利益でみると、
決算発表前の段階では1,720円台で推移していましたが、
最新では1,745円と少し膨らんでいます。

 
直近終値に対してPER11.6倍と、
依然割安な状態が続いています。

 
米国に比べ出遅れている日経平均は、
200日線にまだ遠く、その手前の
50日線が壁となって跳ね返されました。

 
しかし200日線をキープしているダウが
この先上に放たれれば、おのずと日本株も
50日線を超えていけるはずです。

 
平均線の節目で一度くらい弾かれることは
良くあることで、二度目のトライで抜けられるか、
ここから正念場を迎えます。

 
反対に50日線が壁となって再び沈んで行くようなら、
日経平均もTOPIXに続き長期下落転換確定となってしまい、
やはりここは正念場と言える場面です。

 
それでは、
今日も1日頑張りましょう(^^)/

 
―戸松信博

 

<編集部のおすすめ>

個人投資家が手堅く低リスクで、
なおかつ高勝率で勝つための鍵は
大口投資家の動きに“ついていく”ことでした。

動きを予測して先回りするのではありません。
大口投資家の動きを目視で確認して
その動きに付いていくのです。

では、どうやって
大口投資家の動きを目視で確認するのか?
そのたった1つの方法を無料でお教えします。

今すぐ無料で受け取る

 
<公式Twitterはじめました!>
最新の情報や相場の格言を
毎日つぶやいています。
フォローよろしくお願いします!

今すぐフォローする

 
投資の学校・LINE@登録募集中!
LINE@限定の特別なお知らせを配信予定!
ご登録はこちらから

LINE@の詳細をチェックする

最近の投稿

  • 急伸する日本企業の自社株買い
    From:戸松信博 自宅デスクより、、、 おはようございます。 戸松信博です。 昨日の日経平均は、 寄り付き後に180円近くまで上げ幅
  • 米国と中国の思惑
    From:戸松信博 自宅デスクより、、、 おはようございます。 戸松信博です。 さて、 10連休が終わって1週間が経ちましたが、 頭
  • 前代未聞の10連休を控えた日本市場の見通し
    From:戸松信博 自宅デスクより、、、 おはようございます。 戸松信博です。 先日、20日(土)は 投資の学校さんと開講した 新プ


日本株と米国株の関係」への2件のフィードバック

  1. 沼本昌平

    日米間の株式市場の違いがないようなことになるとわれわれにとってもいい事だと思います。

    返信
    1. 信博戸松信博戸松 投稿作成者

      沼本 様

      コメントありがとうございます!
      今は米国の動向に日本や他の海外市場も追随する形になっています。
      ただ、今後も同様の動きをするかは分かりませんので、
      経過を観察していく必要があると思います。

      返信

コメントを残す




規約(個人情報の取り扱い)に同意して

個人情報の取り扱いに同意して
小次郎講師ブログ 矢口新ブログ 戸松信博ブログ 平野朋之ブログ 浅野敏郎ブログ もってぃブログ 高橋慶行ブログ スタッフブログ
株式会社ファイナンシャルインテリジェンス
【ご注意ください】 当サイトの提供しているコンテンツの投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。 投資対象や取引の仕組およびリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願い申し上げます。 信用取引、外国為替証拠金取引、株価指数先物取引、株価指数オプション取引、商品先物取引などの保証金・証拠金設定のある投資対象については、 お客様がお預けになった保証金・証拠金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金・証拠金以上の損失が出る可能性がございます。 また外国為替証拠金取引の取引レートには売値と買値に差が生じます。 (※外国為替証拠金取引の取引レートには通貨毎に売付価格と買付価格に差額(スプレッド)があります)

【免責事項】 当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作成しておりますが、 その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、投資知識の学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、 特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。 なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。 当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)は一切の責任を負うことはありませんので、ご了承下さい。 また、当コンテンツのすべての情報について当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)の許可なく転載・掲載することを禁じます。
Copyright   © 投資の学校プレミアム All Rights Reserved.