鍵は200日移動平均線

From:戸松信博
自宅デスクより、、、

 
おはようございます。
戸松信博です。

 
昨日の日経平均は大幅反発し、
2万1千円台を回復しました。
ここからさらに、上昇するのか、それとも
足踏みしてしまうのか注目のところですが、

 
その目安として注目しているのが、
50日移動平均線、200日移動平均線です。

 
この2つの移動平均線を目安として、
私がどのように日経平均の動向を追っているのかを
お話したいと思います。

 

日本株は先々週の下げを修正、一転して大幅上昇に

 
shisei_man_good

 
先々週末の2月8日(金)の日経平均は
418円安と大きく下げて終わっていました。

 
米中首脳会談の行方に懸念生じたのでしたが、
その夜の米国は大きく下げて始まるも、
CNBCが通商合意のないまま期限を迎えても、

 
中国製品に対する関税は予定の
25%へ引き上げられることはなく、
期限後も10%にとどまる可能性が高いと報じたことなどもあり、
悪材料に首を振って下げの大方を戻して高値引けし、
強い展開となっていました。

 
そのため米国に比べ、
下げ過ぎた日本株の修正に期待するとしていました。

 
そして、3連休明けの日本市場は、
予想通り大幅反発で開始され、
12日(火)の日経平均は+531円高、
続く13日(水)も+280円高とし、
2カ月ぶりに2万1千円円台を回復しました。

 
同時に一旦弾かれた50日移動平均線を回復し、
正念場と言っていたラインをうまく上に捉えることに成功しました。

 
ただ、一気に上昇することはなく、
現時点では懐疑の中をジリジリ値を上げているような感じですので、
木、金と続落して終わりました。

 
それでも下げ時の出来高は減らし、
機関投資家を中心とする大口の売りを伴っての下げではありません。
結局、週間の日経平均は+567円高で、
先々週の下げ幅を上回る上昇となり、上昇トレンドを継続しています。

 
一進一退を繰り返しながらの上昇であるため、過熱感はありません。
悲観的な見方も依然としてかなり残っているため、
そうなっているものですが、実は疑念を振り払いながら
ジリジリと上昇していく相場が一番強さを感じるもので、
その後に控える大幅一段高を想定してみたいと思います。

 
2万1千円台を割り込んで終わってしまいましたが、
このあと、50日移動平均線で再び反発することができれば、
次は200日移動平均線回復が目標となります。

 
先行する米国の状況からして、
同線回復は軌道に乗っているようなものと思っていますが、
本格的な上昇は常に200日線を上に超えてから始まるものです。

 
同線より下の位置で本格的な相場上昇などありえないことで、
まずはじっくりと同線の回復を目指したいところです。

 
それでは、
今日も1日頑張りましょう(^^)/

 
―戸松信博

 

<編集部のおすすめ>

個人投資家が手堅く低リスクで、
なおかつ高勝率で勝つための鍵は
大口投資家の動きに“ついていく”ことでした。

動きを予測して先回りするのではありません。
大口投資家の動きを目視で確認して
その動きに付いていくのです。

では、どうやって
大口投資家の動きを目視で確認するのか?
そのたった1つの方法を無料でお教えします。

今すぐ無料で受け取る

 
<公式Twitterはじめました!>
最新の情報や相場の格言を
毎日つぶやいています。
フォローよろしくお願いします!

今すぐフォローする

 
投資の学校・LINE@登録募集中!
LINE@限定の特別なお知らせを配信予定!
ご登録はこちらから

LINE@の詳細をチェックする

最近の投稿

  • 相場のリズム
    From:戸松信博 自宅デスクより、、、 おはようございます。 戸松信博です。 さて、 今、投資の学校さんでは 新しい無料オンライン
  • 日本株が米国、中国に比べて「弱い」理由
    From:戸松信博 自宅デスクより、、、 おはようございます。 戸松信博です。 昨日は、ラジオに出演したのですが、 皆さん、聴いていた
  • 2ヶ月で4,340ドル
    From:戸松信博 自宅デスクより、、、 おはようございます。 戸松信博です。 たったの2ヶ月で4,340ドルも上昇したのは そうです


コメントを残す




規約(個人情報の取り扱い)に同意して

個人情報の取り扱いに同意して
小次郎講師ブログ 矢口新ブログ 戸松信博ブログ 平野朋之ブログ 浅野敏郎ブログ もってぃブログ 高橋慶行ブログ スタッフブログ
株式会社ファイナンシャルインテリジェンス
【ご注意ください】 当サイトの提供しているコンテンツの投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。 投資対象や取引の仕組およびリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願い申し上げます。 信用取引、外国為替証拠金取引、株価指数先物取引、株価指数オプション取引、商品先物取引などの保証金・証拠金設定のある投資対象については、 お客様がお預けになった保証金・証拠金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金・証拠金以上の損失が出る可能性がございます。 また外国為替証拠金取引の取引レートには売値と買値に差が生じます。 (※外国為替証拠金取引の取引レートには通貨毎に売付価格と買付価格に差額(スプレッド)があります)

【免責事項】 当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作成しておりますが、 その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、投資知識の学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、 特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。 なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。 当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)は一切の責任を負うことはありませんので、ご了承下さい。 また、当コンテンツのすべての情報について当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)の許可なく転載・掲載することを禁じます。
Copyright   © 投資の学校プレミアム All Rights Reserved.