時速10kmで3時間走ると何処まで進む??

浅野敏郎

「投資の学校」浅野敏郎
From新宿オフィスのスタジオより

 
このような問題であれば恐らく、
九九ができれば殆どの方々が回答できると思います。

では、3時間が経過したあと、
直ちに時速10kmで帰路についたとします。

しかし帰路について、
1時間後から2時間後まで渋滞に掛かり、
時速5kmでしか走れませんでした。

帰路についてから、
3時間以内に出発点に戻るためには、
残りの1時間を時速何km以上で走らなければ
間に合わないでしょうか?

若干、問題が複雑にはなりましたが、
それでも殆どの方は、直ぐに答えを出せる、
と思います。

 
相場のテクニカル分析において稀に、
「日柄調整」という言葉を耳にしますが、

先ほどの問題は実は、
相場の「日柄調整」という考え方の基本に
直結しています。

———————

おはようございます。
今週も早や金曜日がやって参りました。
金曜日と言えば週末ですが、
本日は加えて、
月末、四半期末、そして2018年の年度末となります。

仲値決めの時間前後では、
思わぬ手当て売買の動きとなるか??

あまり大した動きにならなくても、
ロンドンフィキシングで顕著になる場合が在りますので、
是非、念頭に置いておいてください。

———————

さてお話を問題に戻しましょう。

時速10kmで3時間進む・・・という問題を、
横軸に時間、縦軸に走行距離をとると、
ちょうど、こんな感じになります。

算数的には、単純な掛け算を2次図表に置いただけです。

では、帰路2時間までの様子を更に書き込んでみると、
こんな感じになり、

3時間以内に戻るためには、
1時間で15km以上進まないと間に合いませんから、
答えは時速15km以上ということになり、
A~Dの中では、CとDが該当します。

 
このグラフ、もし縦軸が価格だったとしたら、どうでしょう??

そうです、それは我々が日々見ている
相場のチャートと全く同じ図表になります。

つまり、

先ほどの往路と復路のグラフを塗りつぶすと正に、
ロウソク足チャートになりました。

 
何が言いたかったかというと、
相場のチャートの事となると、
何かと縦軸の価格だけに気を奪われてしまいますが、

横軸の時間にもう少し注目すれば、
単なるトップやボトムという認識に加えて、
前後の上昇波動と下落波動に掛かった
時間を比べることで、

今の上昇(或いは下落)の方が、
ここまでの下落(或いは上昇)よりも、
強いのか、弱いのか、ということまで意識できる訳です。

 
例えば、
先ほどのロウソク足チャートでDのケースを考えた場合、
途中では一時、下げの勢いを失くしかけた下落でしたが、
3時間以内に終点に着いたわけですから、

3時間一杯を掛けた相場は当然、
始点よりもっと下落する可能性があり、
実際にそうなった場合のロウソク足チャートはこうなります。

上昇と下落を1本にまとめると更にこうなりますから、

これはまさしく「被せ足」と言って、強い下落を示唆する、
トップ・フォーメーションになると言う訳ですね。

 
皆さんがいつも見ている価格チャートの足一本一本は、
同じ期間を表しているのですから、
もうちょっと「時間経過」を意識するだけで、

少しでも早く、少しでも精度が高い値動きを、
察知できる可能性が上がるのではないでしょうか。

 
 
浅野敏郎

 
—<<<編集部よりおススメ>>>—

★仕事で忙しいけど
コツコツ勝てるトレードしたい・・・

★利益がとれるトレンドって難しいの?

と思っているあなたへ。

テクニカル分析の達人がお送りする、
見れば見る程、楽しく分かる・・・
そんな、驚きのカンタン投資講座公開!

今なら無料で参加可能です~^^

無料講座の受講方法

◆◆◆公式Twitterはじめました!◆◆◆

投資や相場の最新情報や、
面白くてためになる相場格言などを毎日つぶやきます。
フォローよろしくお願いします!
↓↓↓
Twitterをフォローする

◆◆投資の学校・LINE@登録募集中!◆◆

LINE@限定の特別なお知らせを、どんどん配信しています!

そういえば最近、ライン登録をすると、
「期間中、このお知らせを見せるだけで、◎◎が無料!!」
などというメッセージが届く飲食店が増えましたね。

「投資の学校」のLINE@も、
登録するだけで、お得なお知らせが届くかも??

後悔する前に是非、こちらからご登録ください。
↓↓↓
LINE@登録はこちら

最近の投稿



4 thoughts on “時速10kmで3時間走ると何処まで進む??

  1. 浅野敏郎 投稿作成者

    乾坤一擲さま、

    コメントありがとうございます。
    久しぶりに爆笑させていただきました。

    実は、公開直前に「時速10Kmとは、徒歩なのか?」
    「徒歩だとすれば、渋滞に巻き込まれるのか?」
    と、考えたりはしました…。

    ので、その突っこみを密かに受けてたことを知り、ドストライクでした!!!
    あ、でも自動車とは何処にも書いていないですからね。
    渋滞…から連想した思い込みで~す。
    相場も思い込みは禁物ですよ~~と逆突込みをしつつですが、

    世渡りもダイバージェンスだという考え方、
    ハッとしました。本当にその通りですね。
    私の愚息らもあと数年で就職ですが、
    目先の流行りなどで選んでしまうと、そこがピークなんてことも
    ありますから、

    その辺、うまく伝授できればいいなと思いました。

    またのコメントをお待ちしております。

    浅野敏郎

    返信
  2. 緑風列伝

    この図を見て一目均衡表が浮かびました。
    基本数値、対等数値による時間論です。

    返信
    1. 浅野敏郎 投稿作成者

      緑風列伝様、

      コメントありがとうございます。
      はい、均衡表が浮かんだ緑風列伝様は大正解です。

      実は、波動をとることを追求しているうちに
      たどり着いたのが一目均衡表で、
      現在の私の中では非常に強く影響を受けています。

      これを見ただけで、一目均衡表が出てくるのは、
      緑風列伝様もお詳しいとお見受けいたしました。

      このように均衡表の入り口を見ていただければ、
      「難しい、難しい」と言われる均衡表も、
      身近になってくれると思いましたし、
      これからも、いろいろな入り口を、
      分かりやすくお伝えできれば、私も本望です。

      均衡表はグラフにすると、複雑に見えるのですが、
      理論としては、複雑なオシレーターやテクニカルの無意味さを
      解明して自分を解放してくれる、
      優れた考え方であると感銘を受けています。

      正しい一目均衡表の勉強をもっと深め、
      取引に役立てたいと思っています。

      またのコメントをお待ちしております。
      ありがとうございました。

      浅野敏郎

      返信
  3. 乾坤一擲

    (>_<)タラタラしている間にもう、三月の最終金曜日、掃除をする手がクシャミに妨害されるので暫し休憩しておりまする。
    一時間を10キロで走ってって、車の場合そりゃないわと突っ込みつつ。(父がもみじマークで公道でそれやって怖い煽りを受けたことがあるらしい)なるほど、言葉だとわかりにくいけど表にすると見えやすいのか…数学の苦手な子に教えてあげたい。数式でなくこのような回答でもありなのかな。試験の答えにも色々なアプローチがあってもいいのになーなど、あら投資から大分脱線したけど、これからの世ダイバージェンスに生きねばと思うわけです。頑張れ平成生まれ!

    返信

コメントを残す



CAPTCHA



規約(個人情報の取り扱い)に同意して

個人情報の取り扱いに同意して
小次郎講師ブログ 矢口新ブログ 戸松信博ブログ 平野朋之ブログ 浅野敏郎ブログ もってぃブログ 高橋慶行ブログ スタッフブログ
株式会社ファイナンシャルインテリジェンス
【ご注意ください】 当サイトの提供しているコンテンツの投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。 投資対象や取引の仕組およびリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願い申し上げます。 信用取引、外国為替証拠金取引、株価指数先物取引、株価指数オプション取引、商品先物取引などの保証金・証拠金設定のある投資対象については、 お客様がお預けになった保証金・証拠金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金・証拠金以上の損失が出る可能性がございます。 また外国為替証拠金取引の取引レートには売値と買値に差が生じます。 (※外国為替証拠金取引の取引レートには通貨毎に売付価格と買付価格に差額(スプレッド)があります)

【免責事項】 当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作成しておりますが、 その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、投資知識の学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、 特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。 なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。 当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)は一切の責任を負うことはありませんので、ご了承下さい。 また、当コンテンツのすべての情報について当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)の許可なく転載・掲載することを禁じます。
Copyright   © 投資の学校プレミアム All Rights Reserved.