スタッフのブログ

投資成績向上の鍵は「素直さ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From:投資の学校スタッフ
新宿6丁目のオフィスより、、、

 
おはようございます。
投資の学校スタッフの堀です。

 
さて、
投資の学校には複数の一流の講師陣がおり、
各講師による対面セミナーが行われています。

 
合計すると、平均して月に3,4回は
受講生の方と直接お会いする対面セミナーを開催していますが、
対面セミナーには僕を含めて、毎回投資の学校のスタッフも
セミナー運営のために参加しています。

 
僕は投資の学校で働いて3年半ほどが経ち、
対面セミナーに参加すると、有難い事に僕のことを覚えてくださり
受講生の方から声を掛けて頂くことがあります。

 
そんなとき、
大体僕は最近の投資成績や
授業の感想などを伺うのですが、

 
先日開催したセミナーでお話させて頂いた受講生の方は
着実に力が付き、投資成績も向上してきた、
というお話を聞かせてもらいました。

 
そして、
そのお話を聞いたときに、今までお話をさせて頂き
投資成績が向上している方には、ある共通点があるなと思いました。

 
その共通点というのは、
素直であること、自分の性格、特徴を理解している
ということです。

 
というのも、
投資の学校には複数の講師がおり、
人によっては複数の講師のセミナーやオンライン講座を
受講しておられます。

 
僕が先日お話させて頂いた受講生も
まさにそのような方だったのですが、
ただ、複数の講師の授業を受けることに対しては

 
講師によって使うツールであったり
投資戦略が異なることがあるため、
混乱するのではないか…。

と心配する方もいらっしゃると思います。

 
ただこの方は、
どちらが良かった、どちらが良くなかった
ということではなく、

 
自分の性格や特徴、ライフスタイル、
投資スタイルに合ったエッセンスを
両方から上手く利用しているということでした。

 
僕は、どうしてそのように
自分のスタイルに合うようにカスタムできたのか?
ということを聞いてみると、

 
この方の答えは、
まずは素直にそれぞれの先生の教えの通り実践してみた。
というものでした。

 
ようは、
やる前から良い悪い、合う、合わない、と決めるのではなく
まずやってみた、ということです。

 
もちろん、
投資は自分の大切な資産を使うため
無理矢理に実践をしてお金を捨てることは避けて頂きたいですが、

 
出来る限りの範囲でやってみる、
というのは、本当に自分に合ったやり方を手にするためには
必要不可欠なことなのです。

 
何より、素直にまずやってみると
合う、合わないというのが早く分かるため、
結果的に成長を早める効果もあるのです。

 
ですので、
もし今、取り組んでいる手法や
新しく学んでいるものがあるのなら、

 
まずはその教えを素直に受け入れ
やってみてください。

 
もちろん、
すぐに良い、悪いとは言い切れないので
多少やり続ける必要がありますが、
まず素直にやってみる。

 
そうすることで、
徐々に自分に合った考え方、やり方が身に付き
自分だけのトレードルールの構築に繋がるはずです。

 
それでは、
今日も1日頑張りましょう^^

 
投資の学校スタッフ
堀 啓将

 

<編集部のおすすめ>

日本人が学校では勉強できなかった、
投資成績を向上させるために必要不可欠な相場の教養を

日本株の達人・戸松信博先生が
面白おかしく解説する
無料オンライン講座が完成!
詳細はこちらをクリック

 
<公式Twitterはじめました!>
最新の情報や相場の格言を
毎日つぶやいています。
フォローよろしくお願いします!

今すぐフォローする

 
投資の学校・LINE@登録募集中!
LINE@限定の特別なお知らせを配信予定!
ご登録はこちらから

LINE@の詳細をチェックする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメント

  1. 柴崎修一 より:

    堀さん、おはようございます。
    素直になる!
    私には欠けている点だと思います。
    無料セミナーを拝聴させて頂いていても、ついつい他の手法に目が行ってしまい先生の言われる事を素直に実践出来ていないように思います。
    まず、一人の先生の言われる事を素直に実践します。

    1. 事務局 より:

      柴崎さん

      コメントありがとうございます!
      今はこれ!と決めて、1つのものをやり切ることは
      自分に合った方法を見極めるのに有効だと思いますので
      ぜひ、「素直に実践」してみてください^^

柴崎修一 へ返信する コメントをキャンセル

*

CAPTCHA