未分類

「北朝鮮の高官処刑が事実の場合」はどんな背景か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From:矢口新

自宅のトレーディングルームより……

おはようございます。
矢口新です。

5月31日、
ソウルとワシントンはどんな衝撃が走ったのだろうかと
想像もつきません。

2月の末に、ベトナムのハノイで行われた
米朝首脳会談の決裂によって、
関わっていた北朝鮮高官たちが処罰されたというニュースが報じられました。

第2回米朝首脳会談が物別れに終わった後に
強制労働キャンプに送られたと報じられた
北朝鮮の金英哲朝鮮労働党副委員長について、

北朝鮮の国営メディアは3日、
金正恩朝鮮労働党委員長らとともに
2日夜の芸術公演を鑑賞したと伝えました。

一方、米朝会談の事前交渉で
「米国側に取り込まれ」「最高指導者を裏切った」
として銃殺されたと

朝鮮日報が報じた
金革哲国務委員会対米特別代表の名前は、
公演鑑賞者の名簿に記載がなかったとされています。

「韓国メディアが報じた北朝鮮高官の処分や処刑の情報が、
後に誤りだったと判明した事例はこれまでにも幾度かある」

とされていますが、
処分は3月に行われたことなので、
朝鮮日報の報道に誤りがあるとは断定できません。

いずれにしても、
北朝鮮が米国に歩み寄るという線が完全に断たれ、
南北統一もなくなった可能性が高いといます。

2018年6月の米朝首脳会談は、
南北の「平和共存と共同繁栄」を目的として、
2018年2月の韓国平昌オリンピックに、

南北統一旗を掲げた南北統一チームとして参加し、
4月に板門店で南北首脳会談を開いた流れの中にありました。

そのことは、
韓国が北朝鮮を米国側に連れてくることを意味しています。

しかしながら、
北朝鮮の存在が、

在韓米軍、中国軍、極東ロシア軍の
緩衝地帯の役割を担っていたことを鑑みれば、
南北統一は在韓米軍を中ロ国境にまで連れてくることも意味します。

これは、中国、ロシアを大いに刺激することになりますので、
北朝鮮は両国の理解を得る必要があったはずなんです。

それで金正恩委員長は、
最も重要な隣国の習近平主席と密に連絡を取り合いました。

理想のシナリオは、
金正恩氏が、米国から貿易不均衡を叩かれている中国と、
米国から経済制裁を受けているロシアと、

北朝鮮の地下資源に興味を持つ米国との間に立ち、
どの国にとってもwin-winの関係を築くことだったかもしれません。

しかしこれは、
米中ロが同様の意向を持っていて初めて成り立つ
「夢物語」ともいえることです。
米国は世界の覇権国。
中国は各地でその覇権に挑戦している状況です。

ロシアはどちらの覇権にも警戒心を露わにして、
被制裁国を支援しています。

それでも、対立よりも協調の方が、
メリットが大きいのを誰もが知っているので、
一縷の望みがある「夢」だったでしょう。

その夢を現実に引き戻したのは、
意図的かどうかは分かりませんが、
オーストラリアです。

それで、北朝鮮は
はっきりと中国側に付くことを表明する必要が生じたのです。

その原因はこれでしょう。

 
 
<編集部からのお知らせ>
東京、ロンドン、ニューヨーク……
世界中の金融機関の現場で、
第一線で活躍し続けた伝説のディーラーが実践していたのは、
「シンプルなことを、何度も繰り返す」こと。
 
 
そのエッセンスを自宅で学べる方法、
できました。

早速勉強してみる

<公式Twitterはじめました!>
最新の情報や相場の格言を
毎日つぶやいています。
フォローよろしくお願いします!

今すぐフォローする

<投資の学校・LINE@登録募集中!>
LINE@限定の特別なお知らせを配信予定!
ご登録はこちらから

LINE@の詳細をチェックする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA