今、世界の経済はいびつな状態である

From 小次郎講師
自宅の書斎より……
 
おはようございます。
小次郎講師です。

 
去年の10月から米中貿易摩擦により相場は大きく下がりました。
そこから今年の前半は、米中貿易摩擦が解決するじゃないかとの話が上がり
世界の株価は上昇していきました。

 
ところが5月の連休の時に突然、トランプ大統領が中国に25%の関税をかけるという
話が出て急落したのですが、6月には一転して、平均株価の高値を更新する国も出てきました。

 
一見すると高値を更新する国がいくつもあるので
現在の世界の株は安定して上昇しているように思えます。

 
しかし、別のチャートを見ることで今のこの状況がいびつだと感じることが出来ます。

 
まず、金のチャートを見てみると、
金の値段も高値を更新しています。

 
本来リスク資産である金は、株の価格が落ちると金の価格が上がり、
株の価格が上がると金の価格が落ちる。

 
本来株価とは正反対の動きを見せるのですが

 
今、金の価格は高値を更新し、
チャートからは非常に強い上昇トレンドが見て取れます。

 
そうなると、現状の相場環境では不安な要素が多く、
いつ下げ相場になってもおかしくない状況だと見て取れそうです。

 
次に国債の10年物の金利のチャートに注目しました。
金利のチャートは株と同じように動くのがチャートを見るとわかります。

 
金利が上がると株も上がり、金利が下がると株も下がる関係になるのですが。
現在の金利は大きな下げトレンドになっています。
にもかかわらず世界各国で平均株価は高値を更新しています。

 
現在の状況をまとめますと

株が高い、
金が高い(本来株が高いと金は安くなる)
国債の金利は下がっている(本来株が高いなら国債の金利も高くなる)

 
ではなぜこのように今、株と金や国債の関係が崩れているかというと
金融緩和の時代に戻った、これがキーワードです。

 
大きな流れとして2008年、リーマンショックがあり、
世界経済はズタズタになり、そこから立ち直るために世界中か金融緩和をしました。

 
アメリカを例に出すとリーマンショックの前は
政策金利5.25%から0.25%まで一気に下がりました。

 
そこからは10年たった今、リーマンショックの傷が癒えはじめ、アメリカは
金利をどんどん上げていき、今現在は0.25%から2.5%まで金利は上がりました。

 
リーマンショック前が5.25%なので、現在はその半分にすこし届かない状況ですね。
まだアメリカはこれからも金利を上げていき、リーマンショック前の状態まで金利をもっていく流れの中で急に利下げの話が世界中で出てきました。

 
世界ではこの2ヶ月の間に世界17カ国が利下げをしております。
なぜこのような利下げをする状況になっているのかというと
今、世界の経済は大変な下振れリスクがあるからだといえます。

 
その最たる理由は米中貿易摩擦です。
この間のG20でトランプさんはこれから中国かける予定だった25%の関税を
先送りにしました。

 
しかし、
ここでは根本的な解決は何もないままの状態で終わってしまいました。

 
さらに7月は25日ECB理事会、
29,30日には日銀政策決定会合
そして、30日米国FOMC

 
これらすべて、
経済に対する下振れリスクの拡大を
視野した内容のものがすでに発言されています。

 
上記の事を踏まえて、いま世界経済は大きな下振れリスクと抱えている。
そんな中、株価がどんどん上昇している。

 
上昇しているのは
金融緩和に期待してのことですが、

 
アメリカの平均株価が最高高値を更新した状態で
利下げされたことは今まで一度もありません。

 
皆さんに一番注目してもらいたいのは7月に米国の利下げがあるのかないのか
今、株は世界の金融緩和でアメリカが利下げすると読んで株が上がっています。

 
しかし、最高値を更新した以上、利下げが行われる保証はどこにもありません。
そして、もし利下げ行われなかったら、今の株価は反転する。
それが今の状況です。

 
ですので、皆さんは
このいびつな状況がどこで解消されるのか、どういうふうに解消されるのか
それが、この先投資チャンスにつながりますので、ぜひ注目して見ていただきたいです
 
 
<編集部のおすすめ>
 
今、必要な投資情報を
 
・できるだけ手頃に
・要点だけささっと学びたい
 
ということでしたら、
投資の学校×小次郎講師で企画された
こちらのメール配信サービスがオススメです。
詳細はこちらをクリック

 
<公式Twitterはじめました!>
最新の情報や相場の格言を
毎日つぶやいています。
フォローよろしくお願いします!

今すぐフォローする

<投資の学校・LINE@登録募集中!>
LINE@限定の特別なお知らせを配信予定!
ご登録はこちらから

LINE@の詳細をチェックする

最近の投稿

  • 今、世界の経済はいびつな状態である
    From 小次郎講師 自宅の書斎より…… おはようございます。 小次郎講師です。 去年の10月から米中貿易摩擦により相場は大きく下がりました
  • 暴落が起きやすい環境に備えておく
    From 小次郎講師 自宅の書斎より…… おはようございます。 小次郎講師です。 大阪で開催されたG20で米中首脳会談が行われましたね。
  • チャートで変化を感じ取りましょう
    From 小次郎講師 自宅の書斎より…… おはようございます。 小次郎講師です。 私は投資をする上で、世界の投資市場が今どのような状況な


コメントを残す




規約(個人情報の取り扱い)に同意して

個人情報の取り扱いに同意して
小次郎講師ブログ 矢口新ブログ 戸松信博ブログ 平野朋之ブログ 浅野敏郎ブログ もってぃブログ 高橋慶行ブログ スタッフブログ
株式会社ファイナンシャルインテリジェンス
【ご注意ください】 当サイトの提供しているコンテンツの投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。 投資対象や取引の仕組およびリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願い申し上げます。 信用取引、外国為替証拠金取引、株価指数先物取引、株価指数オプション取引、商品先物取引などの保証金・証拠金設定のある投資対象については、 お客様がお預けになった保証金・証拠金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金・証拠金以上の損失が出る可能性がございます。 また外国為替証拠金取引の取引レートには売値と買値に差が生じます。 (※外国為替証拠金取引の取引レートには通貨毎に売付価格と買付価格に差額(スプレッド)があります)

【免責事項】 当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作成しておりますが、 その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、投資知識の学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、 特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。 なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。 当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)は一切の責任を負うことはありませんので、ご了承下さい。 また、当コンテンツのすべての情報について当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)の許可なく転載・掲載することを禁じます。
Copyright   © 投資の学校プレミアム All Rights Reserved.