老舗銀行を破綻させた危険なトレード

From:矢口新
自宅デスクより、、、

 
おはようございます。
矢口です。

 
先日、投資の学校さんとラジオNIKKEIさんで開催した
WEBセミナーに出演しました。

 
ご覧頂いた方はご存知かと思いますが、
そのWEBセミナーの中で私は、投資において
「実はやってはいけないこと」として4つ挙げたのですが、
お分かりになりますでしょうか?

 
1つは、証券会社に従って言われるがままに買うこと。
2つめは、リスクフリーで買うこと。
3つめは、高利回りを買うこと。

 
そして、これはもしかしたら多くの個人投資家が
すでにやっているかもしれませんが、
4つめの実はやってはいけないことは
ナンピン買いです。

 
ナンピン買いとは、
保有している銘柄の株価が下がったときに
さらに買い増しをする手法のことです。

 
株価が上昇トレンドにあって、
一時的に下がったときに行うと有利になる可能性もありますが、
下落トレンドの途中では損失をさらに大きくする可能性があります。

 
ですので、
私個人としては
ナンピン買いは推奨していません。

 
ところで、
英国のベアリングス銀行をご存知でしょうか?

 
残念ながら、ベアリングス銀行は
1995年に経営破綻しているのですが、
実は、その原因となったのが、たった一人のトレーダーによる
ナンピン買いがでした。

 
ここでは簡単にベアリングス銀行の経営破綻までのあらすじを話ますが、
1995年、シンガポール支店に勤務していたニック・リーソンは、
シンガポール国際金融取引所 (SIMEX) および大阪証券取引所に上場される
日経225先物取引を行っていました。

 
しかし、同年1月17日に阪神・淡路大震災が起きて
日経株価指数が急落し、損失が拡大。

 
そのとき、リーソンは損失を秘密口座に隠蔽すると同時に、
先物オプションを買い支えるための更なる膨大なポジションを取る、
つまり、ナンピン買いをしました。

 
しかしそれも上手くいかず、
最終的な損失は、ベアリングス銀行の自己資本(750億円)を
遥かに超過する約8.6億ポンド(約1,380億円)に達し、
ベアリングス銀行は1995年2月26日に破産。233年の歴史に幕を閉じました。

 
もっと詳しくこのストーリーに興味がある方は、
ベアリングス銀行の経営破綻を招いた張本人である
リーソンの手記を日本語訳した「私がベアリングス銀行をつぶした」であったり、

 
このストーリーを題材にした映画
「マネー・トレーダー 銀行崩壊」というものもあるので
ぜひご覧になってみてください。

 
とにかく、
今日私が言いたかったのは
ナンピン買いというのは上手くいけば
損失を一気に利益に換えるチャンスもありますが、

 
うまくいかなったときには、
致命的な損失を被ることがあります。

 
私が推奨している運用法の根幹は、
大儲けはできなくても、大損は絶対しない、ということです。

 
目先の損益ではなく、長い目でみて
長期的に資産を増やしていくためには
何が大切なのか、ということを改めて考えて頂ければと思います。

 
では、今日も1日頑張っていきましょう!

 
-矢口新

 
<編集部からのおすすめ>
世界で活躍した、矢口新先生が
再現性にこだわったシンプルな株式運用法を
個人投資家向けに授業化。

矢口流・株式運用法のエッセンスを
無料で学べるのは、このオンライン講座だけです。

詳細はこちらをクリック

 

<公式Twitterはじめました!>
最新の情報や相場の格言を
毎日つぶやいています。
フォローよろしくお願いします!

今すぐフォローする

投資の学校・LINE@登録募集中!
LINE@限定の特別なお知らせを配信予定!
ご登録はこちらから

LINE@の詳細をチェックする

最近の投稿

  • 【事実】一流とは〇〇なのです。
    From:矢口新 自宅の書斎から おはようございます。 突然ですが、皆さんは 守 破 離 この言葉をご存知でしょうか? 「守破離
  • 損切りの思考とは。
    From:矢口新 自宅の書斎から おはようございます。 本日は、重要な『損切り』についてです。 損切りが難しいと言っているよ
  • 相場はドラマなようである。
    From:矢口新 自宅の書斎より、、、 おはようございます、矢口です。 相場というものは、 私たちの現実世界にあるものですが、


コメントを残す



CAPTCHA



規約(個人情報の取り扱い)に同意して

個人情報の取り扱いに同意して
小次郎講師ブログ 矢口新ブログ 戸松信博ブログ 平野朋之ブログ 浅野敏郎ブログ もってぃブログ 高橋慶行ブログ スタッフブログ
株式会社ファイナンシャルインテリジェンス
【ご注意ください】 当サイトの提供しているコンテンツの投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。 投資対象や取引の仕組およびリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願い申し上げます。 信用取引、外国為替証拠金取引、株価指数先物取引、株価指数オプション取引、商品先物取引などの保証金・証拠金設定のある投資対象については、 お客様がお預けになった保証金・証拠金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金・証拠金以上の損失が出る可能性がございます。 また外国為替証拠金取引の取引レートには売値と買値に差が生じます。 (※外国為替証拠金取引の取引レートには通貨毎に売付価格と買付価格に差額(スプレッド)があります)

【免責事項】 当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作成しておりますが、 その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、投資知識の学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、 特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。 なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。 当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)は一切の責任を負うことはありませんので、ご了承下さい。 また、当コンテンツのすべての情報について当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)の許可なく転載・掲載することを禁じます。
Copyright   © 投資の学校プレミアム All Rights Reserved.