矢口新のブログ

テクニカル指標を有効に使うには……

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From:矢口新

自宅のトレーディングルームより……

おはようございます。
矢口新です。

 

みなさんはテクニカル指標をお使いになっていますでしょうか?
テクニカル指標は転換点を見極める際の参考になると私は思っています。

 
波動を捉えて、安く買って高く売る、高く売って、安く買う
よく私は、投資は突き詰めるとこれが本質だと語っています。

 
波動を捉えるには転換点を見極めが非常に大事になってきます。
そこで、転換点の見極めに役立つのはテクニカル指標です。

 
有名どころですと

・トレンドライン+チャートパターン

・移動平均線

・一目均衡表

 
これらをお使いの方もいるでしょう、

 
ここで、皆さんがテクニカル指標をお使いの際はやっていただきたいことがあります。
それは、テクニカル指標を有効に使うには、それが何を意味しているかを必ず学んでほしいという事です。

 
例えば、

・トレンドライン+チャートパターンですと

 

上髭や下髭をポイントに
上髭が出たら次の展開はもしかして……
下髭が出たら次の展開はもしかして……
このもしかしてもしかしてと先のことを読んでいくのが効率的です。

 
もう一つに転換点に見極めるのに役立つのは

 
・移動平均線です。

 
移動平均線とは、
トレンドを知るためのものだと思ってください。

 
というのも、移動平均線は終値だけつないで大きな流れを知り
まさしく、トレンド以外見なくていいんだよ!
というぐらい思い切ったテクニカル指標になっています。

 
そして三つ目が
 
・一目均衡表です。

 
一目均衡表のユニークな部分は
高値、低値を注目し、それの中値に注目しています。
これは非常にディーラー的な考えです。

 
なので、私は一目均衡表は実際に
運用経験がある人が作ったに違いないとみています。
一方、移動平均線はおそらく運用経験がなく、頭で考えた指標だと思っています。

 
ただこれらを見比べると

 
実はこの三つはほぼ同じような場所で
転換点が変わるという指示がでています。

 
いってしまえばどれも間違いではないという事がわかります。

 
実際に運用経験がある人が作ったであろう一目均衡表と
運用経験はなく頭の中だけで完結した移動平均線

 
それでも同じような場所で
同じように転換点が変わるという指示が見て取れます。

 
なぜ同じになるかというと、このテクニカル指標が示す
本質的部分が同じだからです。

 
私は銘柄選びの際、テクニカル指標を使っていないのですが
それはテクニカル指標を無視しているのではなく、
もうテクニカル指標の言ってることを全部わかっているので見る必要がないだけです。

 
ありとあらゆるテクニカル指標が何を意味しているのかを学んだ結果
テクニカル指標の本質を理解し、結果テクニカル指標を使わずとも転換点が
見抜けるようになりました。

 
何事も突き詰めて本質的部分を理解することが
投資では安定した利益を得られるようになるので

 
ご自身がお使いになっているテクニカル指標が
何を意味しているのか、その本質は知っておくとよいでしょう。

 
そして長年の経験と知識で私がたどりついた株式の本質が
「安く買って高く売る、高く売って安く買う」
単純なことではありますが結局はここにたどり着くのです。

 
-矢口新
 
 
<編集部からのおすすめ>
世界で活躍した、矢口新先生が
再現性にこだわったシンプルな株式運用法を
個人投資家向けに授業化。

なぜここまでシンプルなのか、

それは……

株式の本質を見抜いた矢口先生だからこそなせる技です。

本質を見抜いた矢口流・株式運用法のエッセンスを
無料で学べるのは、このオンライン講座だけ!

詳細はこちらをクリック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA