テクニカル指標を有効に使うには……

From:矢口新

自宅のトレーディングルームより……

おはようございます。
矢口新です。

 

みなさんはテクニカル指標をお使いになっていますでしょうか?
テクニカル指標は転換点を見極める際の参考になると私は思っています。

 
波動を捉えて、安く買って高く売る、高く売って、安く買う
よく私は、投資は突き詰めるとこれが本質だと語っています。

 
波動を捉えるには転換点を見極めが非常に大事になってきます。
そこで、転換点の見極めに役立つのはテクニカル指標です。

 
有名どころですと

・トレンドライン+チャートパターン

・移動平均線

・一目均衡表

 
これらをお使いの方もいるでしょう、

 
ここで、皆さんがテクニカル指標をお使いの際はやっていただきたいことがあります。
それは、テクニカル指標を有効に使うには、それが何を意味しているかを必ず学んでほしいという事です。

 
例えば、

・トレンドライン+チャートパターンですと

 

上髭や下髭をポイントに
上髭が出たら次の展開はもしかして……
下髭が出たら次の展開はもしかして……
このもしかしてもしかしてと先のことを読んでいくのが効率的です。

 
もう一つに転換点に見極めるのに役立つのは

 
・移動平均線です。

 
移動平均線とは、
トレンドを知るためのものだと思ってください。

 
というのも、移動平均線は終値だけつないで大きな流れを知り
まさしく、トレンド以外見なくていいんだよ!
というぐらい思い切ったテクニカル指標になっています。

 
そして三つ目が
 
・一目均衡表です。

 
一目均衡表のユニークな部分は
高値、低値を注目し、それの中値に注目しています。
これは非常にディーラー的な考えです。

 
なので、私は一目均衡表は実際に
運用経験がある人が作ったに違いないとみています。
一方、移動平均線はおそらく運用経験がなく、頭で考えた指標だと思っています。

 
ただこれらを見比べると

 
実はこの三つはほぼ同じような場所で
転換点が変わるという指示がでています。

 
いってしまえばどれも間違いではないという事がわかります。

 
実際に運用経験がある人が作ったであろう一目均衡表と
運用経験はなく頭の中だけで完結した移動平均線

 
それでも同じような場所で
同じように転換点が変わるという指示が見て取れます。

 
なぜ同じになるかというと、このテクニカル指標が示す
本質的部分が同じだからです。

 
私は銘柄選びの際、テクニカル指標を使っていないのですが
それはテクニカル指標を無視しているのではなく、
もうテクニカル指標の言ってることを全部わかっているので見る必要がないだけです。

 
ありとあらゆるテクニカル指標が何を意味しているのかを学んだ結果
テクニカル指標の本質を理解し、結果テクニカル指標を使わずとも転換点が
見抜けるようになりました。

 
何事も突き詰めて本質的部分を理解することが
投資では安定した利益を得られるようになるので

 
ご自身がお使いになっているテクニカル指標が
何を意味しているのか、その本質は知っておくとよいでしょう。

 
そして長年の経験と知識で私がたどりついた株式の本質が
「安く買って高く売る、高く売って安く買う」
単純なことではありますが結局はここにたどり着くのです。

 
-矢口新
 
 
<編集部からのおすすめ>
世界で活躍した、矢口新先生が
再現性にこだわったシンプルな株式運用法を
個人投資家向けに授業化。

なぜここまでシンプルなのか、

それは……

株式の本質を見抜いた矢口先生だからこそなせる技です。

本質を見抜いた矢口流・株式運用法のエッセンスを
無料で学べるのは、このオンライン講座だけ!

詳細はこちらをクリック

最近の投稿

  • 相場分析は使い分けが重要である
    From:矢口新 自宅デスクより、、、 おはようございます、矢口です。 今回は、相場分析の手段についてのお話をさせていただきます。 手段
  • 損切りで勝機が変わる。
    From:矢口新 自宅デスクより、、、 おはようございます、矢口です。 先週は、主要指数が最高値を更新をして、 比較的に上昇の勢いが
  • トレードで成功するためには。
    From:矢口新 自宅デスクより、、、 おはようございます。矢口です。 今週も米株の勢いが強い・・・ このような印象ですね。 最高


コメントを残す




規約(個人情報の取り扱い)に同意して

個人情報の取り扱いに同意して
小次郎講師ブログ 矢口新ブログ 戸松信博ブログ 平野朋之ブログ 浅野敏郎ブログ もってぃブログ 高橋慶行ブログ スタッフブログ
株式会社ファイナンシャルインテリジェンス
【ご注意ください】 当サイトの提供しているコンテンツの投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。 投資対象や取引の仕組およびリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願い申し上げます。 信用取引、外国為替証拠金取引、株価指数先物取引、株価指数オプション取引、商品先物取引などの保証金・証拠金設定のある投資対象については、 お客様がお預けになった保証金・証拠金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金・証拠金以上の損失が出る可能性がございます。 また外国為替証拠金取引の取引レートには売値と買値に差が生じます。 (※外国為替証拠金取引の取引レートには通貨毎に売付価格と買付価格に差額(スプレッド)があります)

【免責事項】 当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作成しておりますが、 その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、投資知識の学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、 特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。 なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。 当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)は一切の責任を負うことはありませんので、ご了承下さい。 また、当コンテンツのすべての情報について当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)の許可なく転載・掲載することを禁じます。
Copyright   © 投資の学校プレミアム All Rights Reserved.