ローソク足の意味の意味

浅野敏郎

「投資の学校」浅野敏郎
From 
新宿スタジオの編集デスクより

 
ローソク足は日本発、
という真実をご存知の方は多いかと
思います。

ローソク足のフォーメーションで
相場の転換点や予測を体系づけた教え
といえば、
「酒田五法」が有名です。

その著者とされる本間宗久が
ローソク足を発案した
と言うのが一般的ですが、
実はあまり明確ではないという話を
聞いたことがあります。

 
海外ではバーチャートと言われる
いわゆる棒足が主流でしたが、
ローソク足も、
かなり一般化しているようで、
何となく誇らしいですね。

終値を結んだラインチャートを含め、
価格の足跡をただ単純にグラフに
落とし込んだのが、これらの「足」ですが、

実はここにもある程度のフィルターが
存在していることを皆さん、
認識されていますでしょうか?

 
今日は簡単に例をあげ、
だからこそチャート分析に必要なこと
をまとめてみようかと思います。

——————————————-

おはようございます。
今週も早や金曜日がやって参りました。

 
今週末からお盆休暇に入る・・・という方も
きっと多くいらっしゃるかと思いますが、

本年のGW最終日に
為替市場がとんでもない下値スパイク
を引き起こしたことは記憶に新しく、

お休みの取り方次第では
今回も最長9連休も可能だという話もあり、
それなりにボラティリティリスクが高まりそうです。

ただ、今回は12日を除けば基本的に営業日
ではありますから、
そう簡単にマニピュレート(恣意的な市場操作)は
できないはず、なのは事実です。

ただ、休暇中にドキドキするのは
精神的に良くないですから、
バッサリとスクエアにして休暇を楽しむのも
十分在りでしょう。

——————————————–

さて、
少しチャートをお勉強された方なら、
ローソク足の描き方は既にご存知かと思います。

陽線は上昇、陰線は下落
と言うのが一般的ですが、
ここにも既に「始値と終値の比較において」
というフィルターが掛かっています。

また、価格軸の幅によっても
大陽線に見えて20PIPSだったり、
殆ど十字足に見えてレンジ的には100PIPS
ということもありますね。

そもそも大陽線とか大陰線の定義って、
かなり曖昧ですし・・・。

 
また、ローソク足と一言で言っても、
月足には、
4週の足、
日足なら22~3本
時間足ならそれに24を掛けた分の足
が含まれており、

その値動きは
一本調子であるほうが珍しく、
上下しながら、
たまたまの始値と終値の位置関係がそうだった
に過ぎません。

基本的にはその間の値動きは
端折られているといっても過言ではなく
だからこそ、
そのために下位足を確認する必要がある
というわけです。

 
例えば同時線を代表とした、
上下のヒゲが概ね同じ長さでかつ
実体が比較的薄いローソク足は、
迷い足と呼ばれる類
というのが一般的です。

確かに上を試して引かれ、
下を試して引かれ、
結局同じような水準で1本を終わった・・・
というのは勢いを失くしたとも考えられます。

 
しかし一方で、
陽線や陰線が続いた後の迷い足は、
反転を示唆するというよりも
継続の中休みというケースも
良くあることです。

 

添付のチャートは2018年の年初~5月辺りの
ユーロドルです。
確かにそれなりの波動の天底には
教科書的な反転サインが見られますが、

一方で、この期間の後半に見られる
大きな下落波動の間、間には、
下ヒゲ陽線や迷い足とも言える陽線が
散見されていますが、
相場は下落が継続しています。

 
これら間、間に見られる足は、
いわゆる下落三波動の、
第二波動にあたる戻しに該当しており、

もう少し期間が短い足で確認すれば、
ちゃんとした三波動として
認識できるはずです。

つまりは、
直近波動の安値を割り込むことで、
下落波動が連続しているという展開を
示しているわけです。

 
そう考えると、
ここまでの動きの先端に現れた
反転を示唆する足と、

その後の結果が
反転だったか継続だったかの割合は
意外と半々に近く、
為替のように殆どが揉み合い
という相場においては、
どうしても反転したケースが
目につきやすいだけ・・・
なのかも知れません。

 
どんな期間でチャートを見ているか、
千差万別なので共通認識を得るのは
難しい話ですが、

最終的に同じ方向に抜け続けるから
トレンドになるというのは事実ですから、
結局は
暗示がある足に含まれる波動の、
次の値動きが重要なのだ
ということになりそうです。

 
 
浅野敏郎
P.S.
同じ事を過去にも書いたような気がしてきました。
繰り返しに終わっているだけでしたらすみません。

 
—<<<編集部よりおススメ>>>—

名実ともに日本最高峰のプロ講師たちが
2019年の夏相場対策に向けて大集結!

総額6万円で提供されていた
彼らの投資手法を
無料で受講できる特別夏期講座を開講中。

 
もしあなたが、
投資で安定収益を上げるための指針を
お持ちでないとしたら、

このお盆休暇に集中して学ぶのも一手です!
詳細はこちらをぜひご覧ください。
↓↓↓
詳細はこちら

 
◆◆◆公式Twitterはじめました!◆◆◆

投資や相場の最新情報や、
面白くてためになる相場格言などを毎日つぶやきます。
フォローよろしくお願いします!
↓↓↓
フォローしてみる

 
◆◆投資の学校・LINE@登録募集中!◆◆

LINE@限定の特別なお知らせを、どんどん配信しています!

そういえば最近、ライン登録をすると、
「期間中、このお知らせを見せるだけで、◎◎が無料!!」
などというメッセージが届く飲食店が増えましたね。

「投資の学校」のLINE@も、
登録するだけで、お得なお知らせが届くかも??

後悔する前に是非、こちらからご登録ください。
↓↓↓
ご登録はこちら

最近の投稿

  • 浅野敏郎
    ドルの価値判断にも流行がありそうです
    「投資の学校」浅野敏郎 From 自宅のトレードデスクより 現在のドル円相場は1ドルに対して 106円前後となっているのは周知の事実です。
  • 浅野敏郎
    ローソク足の意味の意味
    「投資の学校」浅野敏郎 From  新宿スタジオの編集デスクより ローソク足は日本発、 という真実をご存知の方は多いかと 思います。 ロ
  • 浅野敏郎
    情報強者であるハズの若者がなぜ??
    「投資の学校」浅野敏郎 From 自宅のトレードデスクより (公開が遅くなり申し訳ございません) 昨日8月1日付けのNHK「あさイチ」で、 投資


コメントを残す




規約(個人情報の取り扱い)に同意して

個人情報の取り扱いに同意して
小次郎講師ブログ 矢口新ブログ 戸松信博ブログ 平野朋之ブログ 浅野敏郎ブログ もってぃブログ 高橋慶行ブログ スタッフブログ
株式会社ファイナンシャルインテリジェンス
【ご注意ください】 当サイトの提供しているコンテンツの投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。 投資対象や取引の仕組およびリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願い申し上げます。 信用取引、外国為替証拠金取引、株価指数先物取引、株価指数オプション取引、商品先物取引などの保証金・証拠金設定のある投資対象については、 お客様がお預けになった保証金・証拠金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金・証拠金以上の損失が出る可能性がございます。 また外国為替証拠金取引の取引レートには売値と買値に差が生じます。 (※外国為替証拠金取引の取引レートには通貨毎に売付価格と買付価格に差額(スプレッド)があります)

【免責事項】 当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作成しておりますが、 その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、投資知識の学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、 特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。 なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。 当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)は一切の責任を負うことはありませんので、ご了承下さい。 また、当コンテンツのすべての情報について当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)の許可なく転載・掲載することを禁じます。
Copyright   © 投資の学校プレミアム All Rights Reserved.